引退勧告の阪神「鳥谷敬」 甲子園最終戦で“お別れスピーチなし”に議論百出

■ファンに脱帽はしたけれど


 9月30日の甲子園は沸きに沸いた。この日はレギュラーシーズン最終戦。阪神は中日を3−0で下して6連勝を達成、広島を蹴落としてセ・リーグの順位3位が確定したのだ。

***

 昨年は最下位。阪神ファンには臥薪嘗胆を果たした夜でもあった。最高の展開だったことは言うまでもないが、そのセレモニーの演出を巡って、ちょっとした論争が起きているのをご存知だろうか。

 主役は鳥谷敬(38)。発端は8月31日、“引退勧告”の報道だった。インパクトは強く、一般紙も伝えた。朝日新聞が9月1日の朝刊に掲載した「鳥谷、阪神退団へ 球団は引退勧告 プロ野球」から冒頭部分を紹介しよう。

《今季で5年契約が切れる阪神の鳥谷が31日、今季限りで退団する意向を表明した。球団から引退勧告を受けたことを明かした上で、引退するか、現役続行を希望して他球団への移籍をめざすのかは「いろいろ考えて決めたい」と態度を保留した》

 たちまち阪神ファンが、いや、世論が反発した。「あれだけの選手に、引退勧告とは何と失礼な!」と異論が相次いだのだ。代表的なツイートを少し、ご紹介しよう。

《球団の功労者であり看板選手たる鳥谷に対する、フロントの対応は余りにも無慈悲だ。少なくとも「引退勧告」をできるほどの権威は彼らにはない。今季のような起用法では、フルで出場して結果を出し続けてきた鳥谷が実力発揮できなかったのはやむを得ない》

《巨人の阿倍選手は引退(勇退)、阪神の鳥谷選手は引退勧告(戦力外通告)。生え抜きで名球会入りした上に、球団への貢献度は同じだと思うが、この扱いの差は何なのだろう》

 その後、阪神と鳥谷は何度か話し合いの席を持つが、双方の距離が縮まることはなかった。だが、その一方で、阪神側も世論の動向は気になっていたようだ。

 9月18日、日刊スポーツ(電子版)は「鳥谷退団セレモニーを検討、真弓前例に30日開催へ」の記事を掲載した。ポイントを列挙してご紹介するが、登場するのはオールドファンには懐かしい真弓明信(66)の名前だ。

《阪神は今季限りでの退団を表明している鳥谷敬内野手(38)の「セレモニー」を検討している》

《鳥谷自身の意向次第だが、惜別の舞台を整える準備がある。モデルケースがある。球団幹部は「真弓さんは場内1周しているんですよね。そういう形になりましたね」と思い起こす。95年、チーム構想から外れたベテラン真弓は現役続行を希望。そのため、10月6日横浜戦(甲子園)で華々しい引退式を行わなかった。それでも惜別ムード一色。試合後に家族から花束を贈られ、ナインに胴上げされ、場内を1周。球団が感動の舞台を作っていた》


■メッセは引退試合


 9月29日の中日戦(甲子園)で、ランディ・メッセンジャー(38)の引退試合が開催された。先発のマウンドに立ち、打者1人を空振り三振に切って取った。すると投手交代となり、花束を持ってきたのが鳥谷だった。

 翌30日の最終戦。まず選手たちが“サプライズ”を演出した。選手や矢野燿大監督(50)やコーチ陣、裏方スタッフまでもが、背中に「TORITANI 1」とプリントされたTシャツを着て続々と集合したのだ。

 スポーツ報知(電子版)が30日にアップした、「【阪神】今季限りで退団の鳥谷へ、最終戦前にチームメートがおそろいTシャツのサプライズ『ありがたいです』」は、《思わぬ演出にクールな鳥谷もはにかみ、記念撮影後はそのTシャツ姿のまま練習が行われた》と報じた。

 一方、鳥谷は取材に対し《「引退するわけじゃないんで何とも言えないんですけど、ありがたいですね」と感謝していた》という。

 最終戦を完封勝利で飾り、阪神はCS(クライマックスシリーズ)進出を決めた。甲子園の歓喜が頂点に達すると、ファンに感謝を表明するセレモニーが行われた。矢野監督は「現在、日本では、ラグビーW杯で日本チームが日本中に大きな感動を与えてくれています。僕たち阪神タイガースも、ファンの皆さんにこれから感動と、そして子供たちに夢を与えられるような、そういうチームになっていきます」と挨拶した。

 むろん、これだけで阪神ファンが納得するはずもない。鳥谷を主役に担ぎ出そうとしたのだ。日刊スポーツ(電子版)「阪神ファン歓声『君がヒーローだ!鳥谷敬』代打右飛」から引用させていただく。

《試合後は矢野監督のファンへのあいさつが終わった後、球場からは「トリタニッ〜」とコールがわき起こり、鳥谷がベンチから出て帽子をとってあいさつした。センター後方のオーロラビジョンに「今までも、これからも、ずっと『君がヒーローだ。鳥谷敬』の表示が灯ると、再び鳥谷コールが起こる中、「せっかく呼んでもらえたので」ベンチから飛び出し帽子を取った。

鳥谷は「なんか、ショートからの風景も見れましたし、良かったです。人生において、今までで1番の歓声でした」と感謝。CSファーストステージに向けて「頑張ります」と力を込めた》

 確かに感動的な光景だったことは間違いない。だが、先に日刊スポーツの電子版が9月18日に報じた「鳥谷退団セレモニーを検討」の記事をご覧いただいたが、そこには真弓の例に倣って《試合後に家族から花束を贈られ、ナインに胴上げされ、場内を1周》というセレモニーが検討されていると書かれていた。

 事前の報道とは明らかに違っており、特に鳥谷が一言の挨拶もなかったことから、ネット上では様々な意見が表明された。SNS上では、次の2種類に大別できる。まずは、鳥谷の挨拶がなかったことをストレートに批判するもの、もう1つは、CSに出場するのだから、レギュラーシーズン最終戦での挨拶は必要ないとするものだ。


■“引き際の美学”とは何か


 日刊ゲンダイDIGITALは10月1日、「阪神CS出場も鳥谷は…寂しい終幕に球団と指揮官への不信感」の記事をアップした。こちらは《「球団への不信感に加え、矢野監督との間にも溝ができてしまったことが原因です」」と阪神OBのコメントを紹介している。

 確かに、鳥谷と阪神の間に信頼関係がどれまで残っているのか、という問題がある。たとえ世論を気にして阪神が発言の場所を用意したとしても、それを鳥谷が是とするかは別問題だ。ネットメディアでスポーツを担当する記者が言う。

「プロ野球は長い歴史があるプロスポーツですから、引退や移籍がトラブルに発展した例は枚挙に遑(いとま)がありません。阪神で言えば、大功労者のランディ・バース(65)は長男の病気をサポートするためにアメリカへ帰国するかどうかトラブルになり、医療費を負担する契約条項があったことから阪神が解雇したというのが定説になっています。当然ながら、バースが甲子園でファンに挨拶する機会はありませんでした」

 野茂英雄(51)や松井秀喜(45)といった大リーグ成功組も、渡米を決めた当時は近鉄や巨人との関係は最悪だった。やはりこの2人も、藤井寺球場や東京ドームでファンに挨拶することはなかった。

 中村紀洋(46)、松中信彦(45)、伊良部秀輝(1969〜2011)といった面々も、引退時のチームとの軋轢や現役続行を優先したことなどから、引退セレモニーの機会に恵まれなかった選手の代表例だろう。

 というよりも、長嶋茂雄(83)や王貞治(79)、イチロー(45)のように、華々しい引退セレモニーが準備されている選手のほうが稀だと言える。大半の選手はひっそりと現役を引退するだけなのだ。

 阪神OBの江本孟紀氏(72)は、選手にとっては一生に一度の“引退セレモニー”は重要だとしても、移籍する選手の“退団セレモニー”の必要性は乏しいと指摘する。

「鳥谷の人気と功績、そしてファンの要望を考えれば、阪神を退団するにあたって、せめて一言、挨拶をしてほしいと盛り上がることはよく分かります。とはいえ、実力のある選手が、移籍を繰り返すことは決して珍しいことではありません。その都度、セレモニーを開くのは、やはりおかしいでしょう。鳥谷は現役を続行するつもりだと思います。ならば阪神では特別な場を設けず、移籍した球団で現役を全うした時、そこで引退のセレモニーを開くほうが筋ではないでしょうか」

 ただ、ファンにとって気になるのは、鳥谷の移籍先が見つかるか、という問題だ。中村紀洋や松中信彦のように、「引退時に、どこの球団にも所属していなかった」ためセレモニーが開催できなかったというシナリオは、最悪のものだろう。江本氏も、決して楽観的ではない。

「最終戦をご覧になった方はお分かりだと思いますが、走塁だけなら、まだまだ余裕で現役レベルです。『あと数年はやれる』という意見が大勢を占めるのかもしれません。しかし、打撃が全盛期とは比較にならないほど落ちているのは、疑いようもない事実です。指名打者制度のパ・リーグが興味を示す可能性はありますが、年齢を重ねて成績が上がるプロ野球選手は稀です。イチローでさえヒットを打てなくなりました。どれだけ体力は現役を維持していても、目だけは確実に衰えます。動体視力が維持できなくなり、ヒットが打てなくなってしまうのです」

 実際、「引退勧告」で鳥谷擁護論が一気に盛り上がったが、その少し前までは「4億円の代打要員」として“給料泥棒”の烙印を押されていたのも事実だ。江本氏は「引き際の美学」をもう一度、考え直すことも必要だと訴える。

「私は『ベンチがアホやから野球ができへん』という発言で引退したことになっています。それは決して間違いではありませんが、2ケタ勝利ができなくなったから引退を考えていたのも事実です。昔は引き際の潔さが重要だと考えられていました。王貞治さんだって今の時代なら、もっと現役を続けていたかもしれません」

 鳥谷が現役にこだわることを江本氏も理解はしている。だが、“プロフェッショナルの矜持”という言葉の重さも指摘する。

「鳥谷は本当に練習熱心で、ファンにメッセージを言葉で発信するより、プレーで表現することを選んできた選手です。だからこそ普通の選手より、現役にこだわるのかもしれません。とはいえ、全盛期と同じだけの成績が残せなくなった時に、それでも現役を続けることはどうなのか。それほど美しい選択ではないかもしれないということを、もう一度、選手もファンも考えてみるべきではないでしょうか」

週刊新潮WEB取材班

2019年10月5日 掲載

関連記事(外部サイト)