日本シリーズ開幕 巨人不利で原監督の「運」を信じる【柴田勲のセブンアイズ】

 さあ、いよいよ日本シリーズだ。巨人がソフトバンクとの戦いに臨み、7年ぶりの日本一に挑戦する。阪神とのCSファイナルステージを順当に勝ち上がった。投打ともに圧倒していた。

 MVPには岡本和真が選ばれたが、丸佳浩の活躍も大きかった。第1戦で流れを引き寄せる1発、そして第4戦ではセーフティバントを三塁線に転がして、これが勝ち越し打となった。

 私は66年の南海(現ソフトバンク)との日本シリーズで、先制のバントヒットを決めたことを思い出した。もちろん、狙ってのものだった。(注)

 さて、本題だが、ソフトバンクは2年連続でいわゆる下克上での進出となった。日本一の行方だが、3・5対6・5、もしくは3対7で巨人が不利だと見ている。

 ソフトバンクは投打のバランスがいい。選手層も巨人より厚い。ベテランたちは勝負所を心得ており、戦いの進め方でも一日の長がある。

 開幕となる福岡での2試合、巨人は最低でも1勝1敗に持っていきたい。2連敗したら、一気にやられる可能性も出てくる。

 カギを握るのはやはり、第1戦に先発する山口俊だ。初の大舞台となる。ソフトバンク打線は西武の1発攻勢とは違って、よくつながる。上位はもちろん、下位にも松田宣浩、内川聖一といった要注意の打者が並んでいる。

 ソフトバンクの先発は千賀滉大だ。攻略は亀井善行から坂本勇人、丸佳浩、岡本と続く1〜4番がどれだけ機能するかだ。5番以下の打線はソフトバンクに比べるとやや見劣りがする。

 第2戦は巨人はクリストファー・メルセデスが有力だ。ソフトバンクは高橋礼、リック・バンデンハークのどちらかだろう。両軍の先発陣はともかく、リリーフ陣ではソフトバンクの方が上回っている。巨人は早めに得点して主導権を奪うことだ。

 短期決戦ではラッキーボーイが出現することがある。今回、巨人から出るなら、打者ではなく投手からだと思う。例えば山口が2勝するとか。

 だからこそ、大事な緒戦を託された山口には期待したい。とにかくムダな四球で走者を出さないことだ。前にも話したが、ヒットを打たれるのは仕方ない。落ち着いて自分の投球に徹してほしい。

 腰痛で離脱していた菅野智之が第3戦目以降に間に合いそうだ。東京ドームに戻って、もつれる展開に持ち込みたい。もつれたら巨人にチャンスが出てくる。

 私、原辰徳が持っている野球人としての「運」を信じている。もちろん、工藤公康監督も持ってはいるが、ここは原監督の方が上回っている。こう見ている。

 巨人を長嶋(茂雄)さん、ダイエー(現ソフトバンク)を王(貞治)さんが率いた00年の「ON決戦」以来の顔ぶれとなった。大いに楽しみだ。

 最後になるが、巨人はチャレンジャーの気持ちでぶつかってほしい。

注:大阪球場での第3戦の五回表2死三塁で、巧妙なバントを一塁方向に転がした。これが先制点となった。このシリーズで23打数13安打、打率・565を記録してMVPに選ばれた。

柴田勲(しばた・いさお)
1944年2月8日生まれ。神奈川県・横浜市出身。法政二高時代はエースで5番。60年夏、61年センバツで甲子園連覇を達成し、62年に巨人に投手で入団。外野手転向後は甘いマスクと赤い手袋をトレードマークに俊足堅守の日本人初スイッチヒッターとして巨人のV9を支えた。主に1番を任され、盗塁王6回、通算579盗塁はNPB歴代3位でセ・リーグ記録。80年の巨人在籍中に2000本安打を達成した。入団当初の背番号は「12」だったが、70年から「7」に変更、王貞治の「1」、長嶋茂雄の「3」とともに野球ファン憧れの番号となった。現在、日本プロ野球名球会副理事長、14年から巨人OB会会長を務める。

週刊新潮WEB取材班編集

2019年10月19日 掲載

関連記事(外部サイト)