悩み深き「稲葉監督」 一流選手は辞退、収益も低迷…侍ジャパンの“お寒い現状”

野球日本代表「侍ジャパン」に暗雲 侍ジャパンの興行権をNPBが手放すのではとも

記事まとめ

  • 五輪やサッカー代表、「ブレイブ・ブロッサムズ」など日本代表は、どの競技でも盛況に
  • 12年の「代表常設化」からNPB主導で侍ジャパンを利用したビジネスが展開されている
  • 侍ジャパンに選出されても、一流選手の出場辞退が続出、野球ファンにはしらけムードも

悩み深き「稲葉監督」 一流選手は辞退、収益も低迷…侍ジャパンの“お寒い現状”

悩み深き「稲葉監督」 一流選手は辞退、収益も低迷…侍ジャパンの“お寒い現状”

稲葉篤紀監督

 野球日本代表「侍ジャパン」に暗雲がたちこめている。

「侍ジャパンの興行権をNPBが手放すんじゃないか、という話が出ています。こんな状況の中で、(11月2日から開催中の)「プレミア12」が盛り上がるとは思えない」(侍ジャパン担当記者)

 関係者、ファン共に無視できない話が出始めている。原因は、「侍ジャパンはビジネスとして成り立たない」というから穏やかではない。侍ジャパンにいったい何が起きているのか。

 オリンピックの日本選手団、サッカー代表「サムライブルー」、ラグビーW杯で躍進を果たした「ブレイブ・ブロッサムズ」をはじめ、日の丸を背負う「日本代表」は、どの競技でも盛り上がりをみせている。野球日本代表は長い間、アマチュア球界主導で招集されていたが、1999年のシドニー五輪予選で初めて「プロアマ混成チーム」を結成。2004年のアテネ五輪には、メジャーリーガーを除く“オールプロ”で臨んだ。その後、WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)など、メジャーリーガーを含む日本最強チームで世界に挑むようになった。

 そのような紆余曲折の流れのなか、12年の「代表常設化」からNPB主導で侍ジャパンを利用したビジネスが展開されている。侍ジャパンが対外試合を行えば、チケットやグッズは売れて、テレビ視聴率は高い数字をキープしていた。これまでオールスターや日本シリーズしか大きな収入源がなかったNPB側に莫大な収益をもたらしていた。

 しかし、ここへ来て風向きが大きく変わっている。冒頭で触れたように、NPB側は保持していた侍ジャパンの権利を手放すかもしれない、というのだ。NPB関係者は、頭の痛い現状についてこう話す。

「日本代表と言ってもトップ選手が出られない。日本人のメジャーリーガーは、所属球団の出場許可がまず出ない。また、選出されてもシーズンを考慮して辞退する選手が少なくない。実は、下交渉時の出場打診段階で辞退する選手がかなり多いのです。その結果、『最強の日本代表』を結成することができません」


■グッズ頼りにも限界


 選手を揃えることができない状況が、侍ジャパンの“方向性”を変えつつある。前出の侍ジャパン担当記者が解説する。

「トップ選手を集めることができないから、チケットが売れない。さらに、テレビ放映権料も下がってしまうし、スポンサーも集まりにくい。苦肉の策として、興行優先の試合を多数組んで、そのたびに代表選手を入れ替える。そうすることで、選手名入りのユニフォームをはじめグッズの売り上げに頼る『ビジネススキーム』に変わってしまった。だが、それも限界に近づいている。当初の盛り上がりが嘘のように、最近の侍ジャパンは収益が右肩下がりになってきている」

 他競技に目を向けると、ほぼすべての国際大会に各国トップレベルが集結する。バレーボールは、4年という五輪周期間の毎年、大きな大会が開催される。国内で開催すれば、ほとんどの会場が満員になる。なぜなら、世界トップクラスのバレーボーラーを日本にいながらにして、そのプレーを生で見られるからだ。かたや、野球界に目を向けると、侍ジャパンに選出されても、一流選手の出場辞退が続出して、野球ファンの中にはしらけムードも漂っている。

「プレミア12は、WBCの収益がほとんどMLBに取られてしまうことへの対抗手段で作られたと言える大会です。そのため、当然ですがMLBの協力は望めないので、マイナーリーガークラスの選手しか集まらない。侍ジャパンの選出メンバーもまた、一流の選手を集めたとは言い難く、話題にも上がらない」(前出の侍ジャパン担当記者)

 来年は東京五輪が開かれ、野球界が一丸となり金メダルを狙う必要があるのに……侍ジャパンの行く末が大いに気がかりだ。

週刊新潮WEB取材班

2019年11月5日 掲載

関連記事(外部サイト)