今季0勝「松坂大輔」の気になる移籍先 “平成の怪物”は再び輝きを取り戻せるのか?

今季0勝「松坂大輔」の気になる移籍先 “平成の怪物”は再び輝きを取り戻せるのか?

松坂大輔

 今季限りで中日を退団する松坂大輔の“進路”に注目が集まっている。プロ生活をスタートした西武や母校・横浜高と同じ神奈川に本拠地を構えるDeNAといった、いくつか具体的な球団名もあがっている。今後、「平成の怪物」はどんな道を進むだろうか。

 現役時代、松坂と数多く対戦経験がある、元ロッテで野球解説者の里崎智也氏は、松坂の今後について、こう話す。

「先発や中継ぎなど、どのポジションで投げるか、ということは選手が決められることではない。すべてはチームの事情で、選手は監督の采配に従ってプレーするわけだから、それが嫌なら辞めるしかない。大輔だって、当然それはわかっているはずだ。今年はほとんど投げてないので見ていないが、昨季は『その時にできることはやっている』という感じだった。投手だけでなく、どんなアスリートもそうだが、年々パフォーマンスが下降線を辿ることは仕方がない。イチローさんもそうだったが、その中で自分のやれることをやってきた。大輔もそうだと思う」

 今季の松坂は、一軍での登板はわずか2試合。1勝もできずにシーズンを終えた。投手としてのパフォーマンスが落ちているのは周知の通りだが、現実的に衰えがみえても生き残るのが一流のプレイヤー。里崎氏は、松坂はそういう選手だとした指摘したうえで、こう続ける。

「『技術や体力が落ちてきた』と言う人がいるが、それは当然のこと。では、『具体的にどうすれば良いのか?』と聞いても、その答えは抽象的になってしまう。今から150キロを出せるわけがないし、『どうやって、何でカバーをして結果を出す、戦力になるか』ということがわかるのは、大輔本人しかない。周りが何を言おうが、それはすべて抽象的なもので、何の意味をなさない」

 投手として生き抜くために、何が必要なのか。確かに、周囲がどうこう言えることではなく、“現在進行形”の松坂本人にしかわからないことだ。一方、これまで数多くの投手を育ててきた“名伯楽”は、松坂をどう見ているのか。元中日のエースで、監督として横浜を日本一に導いた、野球解説者の権藤博氏は、松坂について投手コーチ的な角度から語ってくれた。

「今年はすべてのコンディションが整っていないから、チームの戦力にはなれない。自分自身でそう理解したうえで、約1年間を費やしてリハビリや調整を重ねたのではにないか。それだけ頭の良く、あれだけ実績がある投手だから、自分の現状は把握している。だから、時間をかけて自分の理想に近い投球を目指して調整する道を選んだ。本人が相当歯がゆい思いだったのではないかな」

 今季の松坂は春先から躓いた。春季キャンプでは、ファンに引っ張られた右腕に違和感を覚えて、早々に離脱して、その影響でまったく活躍できなかった。ただ、それは小さな出来事でしかなく、自分自身の投球を再構築するための1年だった、と権藤氏は見ているようだ。期待を裏切られたファンは納得できないかもしれないが、選手生命を延長させるためには、やむを得ない側面もある。

 さて、気になる移籍先についてはこんな話が出ている。

「松坂の移籍先として、先発投手が不足している西武が有力視されています。西武は獲得調査をしていますが、渡辺久信ゼネラルマネジャーは、松坂獲得について『それはいろいろあるから。まだ分からない』と明言を避けている。そして、気になることは、海外FA宣言した秋山翔吾が、10月31日の侍ジャパンの強化試合で死球を受けて、右足薬指を骨折したこと。このケガの影響で、来季は海外に移籍せずに、西武に残留する可能性が大きくなった。高年俸の秋山が残留すれば、チーム全体の予算や編成にも影響が出るでしょう。すんなり、松坂の西武への復帰が決まるとは、断言できない状況です」(西武の担当記者)

「平成の怪物」は古巣・所沢で雄姿を見せるのか、それとも……。

週刊新潮WEB取材班

2019年11月6日 掲載

関連記事(外部サイト)