中日「根尾昂」の1年目は期待外れも……外野コンバートで“イチロー”に化ける可能性

中日「根尾昂」の1年目は期待外れも……外野コンバートで“イチロー”に化ける可能性

根尾昂

 甲子園でヒーローとなり、鳴り物入りでプロ入りした中日・根尾昂。ファンの期待とは裏腹に、ルーキーイヤーの成績はかなり物足りなかったといえる。シーズン終盤にようやく1軍に昇格したものの、出場したのはわずか2試合。しかも、2打席ノーヒットであっけなくシーズンが終わってしまった。

 果たして、来季以降、根尾は本来の能力を“開花”できるか。オリックス時代、イチローや田口壮とともに「最強の外野陣」を形成した、野球解説者の本西厚博氏は、根尾について、こう話す。

「打撃については非凡なものがあります。肩の強さと足の速さは、現時点でもプロレベルでしょう。あとは経験によってプロのレベルに慣れることが必要で、反応や判断速度が備わればレギュラーを獲得できる可能性も高いですね。ただ、(現在、取り組んでいる)ショートでは、すぐにレギュラーに定着することは厳しいでしょう。なぜなら、現時点では、シュートのレギュラーを張る京田陽太の守備の方が上です。打撃では、根尾が京田を上回ることができるかもしれないが、首脳陣は、センターラインの重要なポジションを任せるとなれば、守備力を重視して、京田をレギュラーで使い続けるでしょう」

 確かに、根尾と京田の守備力を比べると、京田が圧倒している。今シーズン、京田の守備率(守備力を示す指標のひとつ)は.985でセ・リーグトップの数字を誇っている。中日は、守備力がある京田を外して、根尾をわざわざ起用するリスクは冒せないだろう。一方で、中日の外野陣は手薄だ。センターの大島洋平、ライトの平田良介が不動のレギュラーとして君臨しているが、いずれも30歳を超えて円熟期を迎え、その“後釜”となる若手外野手の育成が急務となっている。また、レフトのレギュラーも固定できていない状況にある。

「根尾は、外野手であれば、早い段階でレギュラーに定着できると思います。内野から外野のコンバートへの対応は、そこまで時間がかからない。センターからスタートして、その後、ライトができるようになれば理想的ですが。根尾は、陽岱鋼(現・巨人)が若手だった日本ハム時代に似ています。最初、陽もショートをやっていました。肩が強く、足もめっぽう速く、外野にコンバートすべきだ、とずっと思っていました。私が楽天コーチだった頃、当時日本ハムのコーチを務めていた福良淳一さん(現オリックスGM)に陽岱鋼をもらえないか、と話したことがあった。その後、陽は外野にコンバートされ、リーグを代表する外野手になりましたね」(前出の本西氏)


■複数のポジションを守れる


 根尾にとって、陽岱鋼という“好例”がいるのは朗報ではないか。一方で、中日の担当記者は「与田剛監督は根尾に複数のポジションを守れるように期待している」としたうえで、こう語る。

「与田監督は『セ・リーグでは複数のポジションが守れることが非常に大きいと感じた』と話しており、秋季キャンプでは、根尾に外野やセカンドの守備練習もやらせています。本職のショートに加えて、セカンドや外野をできるようにして、幅を持たせた起用をしようとしていますね」

 前出の本西氏は、与田監督による根尾の起用法について、以下のように分析している。

「現状を見ていると、しばらくは外野と内野の併用という形になると思いますね。チームとしては京田をショート、根尾を外野で使う。京田の調子次第では、ショートを守らせる、そういう形になりそうな感じはあります。個人的には、外野手一本で取り組めば、根尾は“イチロー”クラスの選手になりそうな気もします」

 球界の関係者が口をそろえるのは、「根尾は今どき珍しい好青年」。少年時代から勉強もできて、まさに「文武両道」を絵に描いたような選手だ。人間性を称賛する声も多く、高い向上心で野球に没頭している。とはいえ、過去、甲子園のスターが鳴かず飛ばずのまま、華々しいプロの世界から去った例は数知れない。決して期待外れで終わらないように、根尾にはぜひとも頑張ってほしいものだ。

週刊新潮WEB取材班

2019年11月14日 掲載

関連記事(外部サイト)