巨人「陽岱鋼」が年俸3億円で契約更改にファンから異論噴出 中島裕之にも厳しい視線

読売ジャイアンツ・陽岱鋼が年俸3億円で契約更改 ファンや解説者から高すぎると異論

記事まとめ

  • 読売ジャイアンツ・陽岱鋼が年俸3億円で契約更改したとサンケイスポーツが報じた
  • これに対し、野球解説者は高すぎると指摘し、ファンからも異論が相次いでいる
  • 亀井善行は打者としての成績では全て陽岱鋼を上回るが、年俸は陽岱鋼の3分の1となる

巨人「陽岱鋼」が年俸3億円で契約更改にファンから異論噴出 中島裕之にも厳しい視線

巨人「陽岱鋼」が年俸3億円で契約更改にファンから異論噴出 中島裕之にも厳しい視線

陽岱鋼(Ship1231/Wikimedia Commons)

 巨人陽岱鋼外野手(32)は11月26日に球団と契約更改を行ったが、これが巨人ファンのブーイングを浴びている。同日のサンケイスポーツ(電子版)「巨人・陽岱鋼、現状維持の3億円で更改『悔しいシーズン』」から契約内容を引用させていただく。

***

《東京・大手町の球団事務所で契約更改交渉に臨み、5年契約4年目となる来季へ現状維持の年俸3億円でサインした(金額は推定)。

「優勝については素直にうれしい。レギュラーでやっていかないといけないと思った。悔しいシーズンだった」

 今季は巨人移籍後では最多の110試合に出場したが、先発起用の減少に伴い移籍後最少の231打席に止まり、打率・274、4本塁打、21打点。盗塁は15試合の出場だった2009年以来の「0」だった。》(註:デイリー新潮の表記法に合わせた、以下同)

 一方、今季503打席、打率・284、13本塁打、55打点、盗塁9の記録を残した亀井義行(37)の契約更改はどうだったのだろうか。

 念のため陽と記録を比較してみよう。亀井の打席数は2・1倍、打率は1・03倍、本塁打は3・25倍、打点は2・61倍、盗塁は0に対して9????打者としての成績は全ての面で亀井が陽を上回った。

 この成績を踏まえ、NHK NEWS WEBに掲載された「巨人 亀井が契約更改 推定4000万円アップで年俸初の1億円突破」をご覧いただこう。

《プロ野球・巨人のベテラン、37歳の亀井善行選手が推定で4000万円アップの年俸1億1000万円で来シーズンの契約を更改しプロ15年目で初めて1億円の大台を突破しました》

 個人成績は全て上回った亀井だが、なぜか年俸だけは、陽の3分の1と逆転されてしまうのだ。これにはネット上でも異論が相次いだ。ツイッターから引用させていただく。

《陽岱鋼が3億なら、亀井さんは10億やで》

《高木京介3000万 メルセデス1100万 陽岱鋼3億 亀井1億1000万》

《陽岱鋼が「僕は3億に相応しくありません。僕の3億は亀井さんに全てあげてください、僕は5000万くらいで十分です」こんなこと言ったら陽岱鋼の一生ファンやってやるわ》

《陽岱鋼が3億は流石に草 外野は丸も亀井もいて居場所なくて代打要員でも代走要員でも微妙なのにただベンチにいるだけで3億もらえるんか》


■野球解説者も「3億は高すぎる」


 タイムラインにずらりと並ぶ批判ツイートのアカウントを見てみると、巨人ファンも少なくない。“身内”からも異論が殺到しているわけだ。プロ野球担当記者が解説する。

「陽選手が最も輝いていたのは、北海道日本ハムファイターズ時代の2013年だったと思います。全試合にスタメン出場して658打席。打率・282、18本塁打、67打点、そして47盗塁はセパ両リーグでトップでした。ところが15年に左手を剥離骨折。約1か月、戦線を離脱します。翌16年、日ハムは広島を下して日本一に輝き、陽選手も記憶に残るビッグプレーなどで優勝に貢献、ファンを喜ばせました。しかし今となっては、この16年こそがターニングポイントだったのかもしれません」

 陽が16年に残した個人成績は555打席、打率・293、本塁打14本に打点61だった。しかし打順に注目すると、また別の“評価”が浮かび上がるという。

「開幕は1番スタート。7月には3番を任され、この時点まではチームの主軸でした。ところが8月に守備でフェンスに激突、右肋骨を骨折します。痛みに耐えて出場を続けますが、打順は7番、9番、6番と下位打線の起用が増えました。ネット上で『日ハムは見事なタイミングで陽を巨人に売り払った』という指摘が散見されるのは、少なくとも今のところ、この16年でさえ、巨人の在籍時よりは好成績だったからです」

 この16年に陽は国内FA権を獲得。当初は「日本ハム・陽岱鋼、幹部と話し合い残留を希望『残りたいのが一番』」(サンスポ:16年10月31日)と報じられていたが、年俸や若手主体のチーム構想などを巡って折り合いがつかなかったとされる。残留交渉は決裂し、11月7日に行使を表明。オリックス、楽天、巨人が獲得に名乗りをあげた。

 そして12月に「巨人がFA宣言の陽岱鋼との契約合意 5年総額15億円超 背番号は『2』」(スポーツ報知:16年12月15日)という記事が掲載された。念のために言い添えておけば、5年で15億円だから1年で3億円。現状維持なので、今年も3億円の推定年俸が報道されたわけだ。

 実は今季の陽は代打打率・394を記録している。右打ちの陽と左打ちの阿部慎之助(40)が代打の切り札として起用されたのは間違いない。とはいえ3億円は高すぎる気もする。ではプロの野球評論家は、今季の陽と年俸をどのように評価するのだろうか。

 1995年から99年まで巨人に在籍した広澤克実氏(57)に取材を依頼した。落合博満(65)、ジャック・ハウエル(58)、松井秀喜(45)と、「4番だらけの巨人」で苦労したことで知られる。それでも95年に本塁打20本、97年に本塁打22本を記録している。

「普段は憧れの目で見られることの多いプロ野球選手でも、契約更改の時期は世論の厳しさを肌で感じます。陽くんの今季を冷静に振り返っても、やはり『3億は高すぎる』と言わざるを得ません。ファンの皆さんが怒るのも当然でしょう。ただ年俸に関しては陽くんだけの問題ではなく、契約を結んだ球団の責任も大きいことは言うまでもありません」


■「加齢対策」が不充分な陽岱鋼


 巨人にFAすると成績が落ちるという“伝説”“がある。人気球団のプレッシャーや全盛期を過ぎたことなどが原因とされるが、広澤氏は練習環境にも問題があると指摘する。

「現役時代、私は不振に陥ると、バッティングピッチャーに居残りをお願いして試合後に打ち込んだり、試合前の早出で特打をしたりしました。ヤクルトに在籍していた時なら、神宮球場の近くにある室内練習場を使ったものです。ところが巨人は東京ドームが本拠地なので、雨でも試合が開催されます。そのため雨天練習場がないのです」

 東京ドームは試合を行う関係から、チームの練習時間が厳密に決まっている。広澤氏が自由に使えるはずもない。

「よみうりランドに行けば2軍の施設を自由に使えるでしょうが、いくらなんでも遠すぎます。巨人の選手は、意外なほど個人練習ができないのです。結局、素振りをするのが精一杯。選手は練習を必要とするタイプと必要としないタイプに分かれるとはいえ、巨人に移籍した選手は、前球団に比べて練習量が不足するのは間違いありません」

 一般論ではあるが、巨人に移籍した選手がスランプに陥ると、それを引きずる傾向がある。この練習不足が原因というケースは少なくないという。

 では来季のリベンジを誓い、意欲満々でキャンプに参加したとする。しかし巨人の選手はキャンプでも充分に練習できない環境に置かれるという。

「巨人の人気に陰りが出ているという報道もありますが、今でもキャンプの賑わいは12球団で断トツです。本来ならキャンプは『泥まみれになって野球と格闘する』、『野球以外のことは何も考えられない』場所であるべきですが、大挙して押しかけるマスコミとファンのため、野球以外のことに気を取られてしまう。国内で最も人気の高い球団でプレーする独特の苦労はキャンプでも例外ではないのです」(同・広澤氏)

 打者の場合、陽岱鋼と並んでファンの怒りを買っているのが中島裕之(37)だろう。何しろ今季は65打席に終わったのだから何をか言わんやだ。打率・148、本塁打1本、打点5という数字が全てを物語っている。

 巨人が18年に中島と結んだ契約は1年契約で1億5000万円。やはり亀井の1億4000万円よりは高い。特にファンの異論はゲレーロ(33)の退団が発表された際に集中した。「ゲレーロを出すなら、中島も首を切ってくれ」という意見がSNS上に多数、投稿されたのだ。

 広澤氏は陽と中島の不調には共通した原因があると指摘する。具体的には「加齢対策」が不充分だというのだ。2人とも30代。当然ながら20代の全盛期に比べると、体の機能が衰えているのは言うまでもない。

「例えば全盛期の中島くんはインコースを得意にしていました。ところが今の中島くんはインコースを苦手にしています。年を取ると、得意なボールが180度、変わってしまうのです。プロの打者なら誰でも『俺は、こうやったら打てる』という信念を持っています。しかし、それは若い時の感覚なのです。これに気付かないと落とし穴に落ちこんでしまいます。プロ野球選手が1歳年を取ることは、前の年のように体が動かないことを意味することに気付く必要があります」(同・広澤氏)

 加齢を克服するにはどうしたらいいのか、広澤氏は「全ての固定観念を捨て、日常生活の全てを見直す必要がある」と言う。

 バッティングフォームを変えたり、バッドの重さやサイズを変えたりするのでさえ序の口。試合前のウォーミングアップ、試合後のクールダウン、オフの日の食事????過去の成功体験に引きずられず、何もかもを刷新しなければならない。

「年を取って劇的に変わるのは、速球に狙いを絞ると、遅い変化球に対応できなくなることです。体のタメを作りながら待ち続けることができなくなってしまうんです。これを克服するため、ベテランバッターはありとあらゆる努力を重ねます。難病に悩む方が名医を必死で探し、診察をお願いするのと同じです」(同・広澤氏)

 果たして陽や中島がそれだけの努力を重ねているのか????広澤氏は「率直に申し上げて、どこまでやれているのか疑わしいですね」と厳しく指摘する。

「陽くんや中島と契約を結び、巨額の年俸を払ったのはフロントの責任でしょう。しかしファンを納得させる個人成績が残せなかったのは、もちろん選手の責任です。陽くんや中島くんが自ら、新たな手を打たなければ、来季もファンの怒りを買う結果に終わるでしょう」

 陽岱鋼は来季を台湾での自主トレでスタートすることを明らかにしているほか、台湾代表として東京五輪に挑む可能性にも言及している。はてさて一体、どんなスタートを切るのだろう。

週刊新潮WEB取材班

2019年12月2日 掲載

関連記事(外部サイト)