追悼・金田正一さん 監督時代、選手にタイトルを獲らせるために考えた“2つの奇策”

追悼・金田正一さん 監督時代、選手にタイトルを獲らせるために考えた“2つの奇策”

金田正一氏

 横浜、ロッテの監督を務めた近藤昭仁氏、阪神で活躍したジーン・バッキー氏、バックトスの名手・鎌田実氏らファンの記憶に残るかつての名選手が相次いで鬼籍に入った2019年。史上最多の通算400勝を挙げた金田正一氏(10月6日逝去、享年86)もその一人である。

 金田氏といえば、国鉄時代の1958年の開幕戦で巨人のルーキー・長嶋茂雄を4打席連続三振に打ち取ったエピソードをはじめとする大投手伝説に加え、当時プロ野球記録だった通算8度の退場劇やロッテ監督時代の近鉄戦でトレーバーにお見舞いした“金やんキック”など武勇伝にも事欠かない。

 これらの有名エピソードは、訃報の直後にもネットや新聞などで紹介されたが、その一方で、金田氏は監督時代に、「なるほど、そんな手があったか」と唸らされるような奇策を用いて、自軍の選手のタイトル獲得を後押しした「無類のアイデアマン」でもあった。そんな“金やん流タイトル獲得作戦”2題を紹介する。

 まずロッテ監督就任1年目の1973年、7年目の右腕・八木沢荘六が10月10日の太平洋戦(県営宮城)で史上13人目の完全試合を達成。7勝1敗、勝率8割7分5厘となり、最高勝率の初タイトルに大きく前進した。ライバルは15勝3敗、勝率8割3分3厘の阪急・米田哲也。数字的には八木沢が上回っていたが、リリーフ中心の起用で、規定投球回の130まであと9回と1/3足りなかった。

 もし2敗目を喫すれば、勝率は7割台まで下がる。残り5試合を1敗もせずに規定投球回に到達するのが絶対条件だった。そんななか、同13日の近鉄戦(同)で、金田監督は2年目の20歳右腕・松田光保をプロ初先発のマウンドに上げる。1軍でほとんど実績がない松田は1回1死から連続四球を許し、たちまち一、二塁のピンチ。

 すると、金田監督は「台本どおり」とばかりに八木沢をリリーフに送る。中2日登板の八木沢は4長短打と犠飛で4点を献上するが、最初の自責点が松田につく以上、負け投手にはならない。そのまま9回まで投げ切り、規定投球回まであと2/3イニングとリーチをかける。結果的にこの完投に等しいロングリリーフが大きくモノを言った。

 そして、同16日の日拓ホーム戦(静岡)、八木沢は3対4とリードされた8回に3番手として登板。これまた負け投手にならない状況で3者凡退に抑え、規定投球回をクリア。この瞬間、最高勝率のタイトルが確定した。好アシストが報われた金田監督は、八木沢に加えて成田文男も21勝で最多勝に輝いたとあって、「監督1年生で2人のタイトル保持者や!」と大喜び。翌年には監督2年生で日本一を達成している。


■「両親を大切にせなあかんよ」


 次は2度目のロッテ監督時代、1991年の首位打者獲得作戦だ。金田監督が“突貫小僧”と呼んで目をかけていた左の巧打者・平井光親が残り3試合の時点で、打率3割1分6厘をマーク。すでに全日程を終えている2位・松永浩美(オリックス)に2厘差をつけていた。だが、平井が首位打者を確定させるには、規定打席403まであと3打席必要だった。もし3打数無安打に終われば、打率は3割1分3厘となり、松永を下回ってしまう。単純計算して、最低でも3打数1安打がノルマだが、平井が必ず打てる保証はない。そんな状況下で、金田監督は取って置きの秘策を披露する。

 10月16日のダイエー戦(川崎)、ロッテは初回に先頭の西村徳文が振り逃げで出塁し、無死一塁。ここで金田監督は「待ってました!」とばかりに、2番・横田真之に代打・平井を送る。平井はきっちり送りバントを決め、そのままレフトの守備に就くと、第2打席で三振、第3打席で遊飛に倒れたところで、お役御免になった。犠打は打数に含まれないので、3打席で2打数無安打である。

 この結果、平井は3割1分4厘4毛まで打率を下げたが、松永をわずか4毛差で上回り、プロ3年目にして首位打者獲得。「ようやった!」と笑顔で祝福した金田監督は、愛弟子の快挙を見届けると、翌日のダイエー戦で2期8年にわたる監督歴に終止符を打った。

「コロンブスの卵」と言うと聞こえはいいが、強引に帳尻を合わせるような方法に、批判の声もなかったわけではない。だが、八木沢も平井も、これがプロ野球人生で唯一のタイトル。おそらく2人は「絶対にタイトルを獲らせてやる」と知恵を絞ったアイデアマン・金田正一に、今でも特別な気持ちを抱きつづけていることだろう。

 筆者は20年以上前、通算400勝の取材で金田氏にお会いしたことがある。名刺を渡して挨拶した直後、金田氏は開口一番「両親は今年で何歳?」と尋ねてきた。長年「昭和○○年生まれ」で年齢を計算していたため、平成を加えた分、やや返答が遅れると、即座に答えられなかったことが気になったとみえ、「両親を大切にせなあかんよ」とたしなめられた。国鉄入団時、母・君子さんから「貰った給料は全部食べることに使いなさい。そして2倍稼ぎなさい」とアドバイスされた話を振ったとき、「イヤ、10倍稼ぎなさいと言われたんや」とうれしそうに答えていた姿も忘れられない。取材後、「また会うこともあるやろ」と言われ、再会を約したが、その後、一度も機会がないまま、訃報に接することになった。心からご冥福をお祈りしたい。

久保田龍雄(くぼた・たつお)
1960年生まれ。東京都出身。中央大学文学部卒業後、地方紙の記者を経て独立。プロアマ問わず野球を中心に執筆活動を展開している。きめの細かいデータと史実に基づいた考察には定評がある。最新刊は電子書籍「プロ野球B級ニュース事件簿2019」上・下巻(野球文明叢書)

週刊新潮WEB取材班編集

2019年12月28日 掲載

関連記事(外部サイト)