「清宮幸太郎」「吉田輝星」は主力になれるか 日本ハムに立ちはだかる“2025年問題”

「清宮幸太郎」「吉田輝星」は主力になれるか 日本ハムに立ちはだかる“2025年問題”

吉田輝星

 マイナーリーグの下部組織が充実している米国では、常に3年後、5年後のオーダーを見据えながら選手の編成、補強を行っている。日本のプロ野球では登録枠数の問題から、そこまで選手を抱えることはできないが、ソフトバンクなどを筆頭に長期的なスパンで選手を獲得している球団が出てきていることも確かだ。そこで現在所属している選手で5年後のオーダーを組んだ時にどんな顔ぶれになるかを考えながら、各球団の補強ポイントを探ってみたい。今回は昨年パ・リーグ5位に沈んだ日本ハムだ。

・5年後の野手(※年齢は2025年の満年齢)
捕手:清水優心(29歳)
一塁:清宮幸太郎(26歳)
二塁:渡辺諒(30歳)
三塁:野村佑希(25歳)
遊撃:平沼翔太(28歳)
左翼:近藤健介(33歳)
中堅:万波中正(25歳)
右翼:浅間大基(29歳)
DH:中田翔(36歳)

・5年後の先発投手
上沢直之(31歳)
堀瑞輝(27歳)
河野竜生(27歳)
立野和明(27歳)
北浦竜次(25歳)
吉田輝星(24歳)

・5年後のリリーフ陣
公文克彦(33歳)
玉井大翔(33歳)
西村天裕(32歳)
生田目翼(30歳)
石川直也(29歳)
福田俊(29歳)

 5年後のオーダーを考えたときに12球団で一番予想が難しいのが日本ハムだ。ある程度、結果を残した主力選手はポスティングやFA、トレードと積極的に放出し、常に新陳代謝を図る戦い方を続けてきたからである。

 過去5年を振り返っても投手は、大谷翔平(エンゼルス)、増井浩俊(オリックス)、谷元圭介(中日)、野手は陽岱鋼(巨人)、大野奨太(中日)、レアード(ロッテ)などが他球団へ移籍している。さらに、現在のレギュラーでも有原航平と西川遥輝がメジャーへの移籍希望を表明しており、大田泰示もFA権を行使する可能性がある。また新たなチームになるタイミングは近そうだ。

 野手は清水、渡辺、近藤、中田と所々に実績のある選手がいるのは強みだ。そんなかで、心として期待したいのがやはり清宮だ。気になるのが故障の多さ。出身校の早稲田実は、強豪にしては全体練習の時間は長くないこともあって、ここまではその影響が出ているように見える。

 ただ、それでも長打力はやはり非凡であり、同級生の村上宗隆(ヤクルト)が昨年大ブレイクしたことも刺激となっているはずだ。中田もまだ余力はありそうだが、清宮の成長ぶりがチームのカギを握っていることは間違いないだろう。

 清宮とともに中軸候補として期待したいのが野村と万波の二人。昨年はルーキーながらともに、二軍である程度の結果を残した。プロでも最も時間のかかる強打者タイプだが、彼らが早めに一軍に定着するようだと、一気に将来は明るくなる。


■ショートと外野陣の薄さ


 気になるのがショートと外野陣の薄さだ。ショートは期待を込めて平沼の名前を挙げたが、まだまだ攻守ともに未知数な部分が多い。外野手も近藤以外の二人は実績不足だ。このあたりをどう補っていくかが、今後のポイントといえる。

 有原が抜け、長年リリーフを支えてきた宮西尚生が40歳となる投手陣は、野手以上に早急な世代交代が求められる。先発は上沢、リリーフは石川と実績のある二人がまだ30歳前後の若さというのは大きいが、それ以外の顔ぶれは心許ないのが現状だ。

 上沢とともに、先発の柱として期待したいのが吉田輝星だ。昨年は二軍でも思うような成績を残すことはできなかったが、一年目ながら一軍で初勝利をマークしているのはプラス材料だ。今年はある程度我慢しながら、一軍での登板数を増やして、さらに経験を積ませたいところである。

 ただ、昨年の二軍の投手陣を見てみると、ブレイクの兆しがある投手が見当たらない。先発に入れた北浦(2019年二軍成績:19試合3勝5敗、防御率3.38)、リリーフに入れた福田(19年二軍成績:51試合2勝4敗、防御率4.90)も本来は名前を挙げづらい成績である。ルーキーの河野、立野は楽しみな存在ではあるが、先発、リリーフともに投手陣の立て直しは、今後数年間の大きな課題となりそうだ。

 3年後の2023年には北広島市に新たな本拠地となる「ES CON FIELD HOKKAIDO(エスコン フィールド HOKKAIDO)」の開場が予定されている。これまでは限られた予算の中でやりくりする戦略だったが、大谷の去った後はソフトバンクとの差は広がり、楽天やロッテの勢いにも押されている。新球場開場に向けて、楽しみな選手はいるものの、課題も少なくないというのが現状と言えるだろう。

西尾典文(にしお・のりふみ)
野球ライター。愛知県出身。1979年生まれ。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行う。ドラフト情報を研究する団体「プロアマ野球研究所(PABBlab)」主任研究員。

週刊新潮WEB取材班編集

2020年5月10日 掲載

関連記事(外部サイト)