中日、「根尾」「石川」で強竜復活の期待 落合GM退任後のドラフト成功で底は脱したか

中日、「根尾」「石川」で強竜復活の期待 落合GM退任後のドラフト成功で底は脱したか

根尾昂(Poootaro/Wikimedia Commons)

 マイナーリーグの下部組織が充実している米国では、常に3年後、5年後のオーダーを見据えながら選手の編成、補強を行っている。日本のプロ野球では登録枠数の問題から、そこまで選手を抱えることはできないが、ソフトバンクなどを筆頭に長期的なスパンで選手を獲得している球団が出てきていることも確かだ。そこで現在所属している選手で5年後のオーダーを組んだ時にどんな顔ぶれになるかを考えながら、各球団の補強ポイントを探ってみたい。今回はセ・リーグで7年連続Bクラスに沈んでいる中日だ。

・5年後の野手(※年齢は2025年の満年齢)
捕手:郡司裕也(28歳)
一塁:ビシエド(36歳)
二塁:石川昂弥(24歳)
三塁:高橋周平(31歳)
遊撃:京田陽太(31歳)
左翼:伊藤康祐(25歳)
中堅:根尾昂(25歳)
右翼:岡林勇希(24歳)

・5年後の先発投手
柳裕也(31歳)
岡野祐一郎(31歳)
笠原祥太郎(30歳)
梅津晃大(29歳)
小笠原慎之介(28歳)
山本拓実(25歳)

・5年後のリリーフ陣
岡田俊哉(34歳)
R.マルティネス(29歳)
鈴木博志(28歳)
藤嶋健人(27歳)
橋本侑樹(27歳)
清水達也(26歳)

 現在の野手のレギュラーで5年後も残りそうなのはビシエド、高橋、京田の三人。ビシエドも外国人選手ということを考えると流動的だが、地元・名古屋への愛着を感じさせる言動、行動が目立つために名前を残した。もし、退団していたら新外国人選手、現有戦力では福田永将、阿部寿樹あたりが候補となるが、強打者タイプは不足しているのが現状だ。

 他のポジションを見てみると、楽しみな面と不安要素が入り混じっているように感じる。チームの中心となることが期待されているのが、ともにドラフト1位で獲得した根尾と石川だ。根尾は昨年、二軍ではショートで起用されたが、ここには名人ともいえる守備力を誇る京田がいるため、試合出場を優先して外野で育てたい。確実性はまだまだだが、抜群の運動能力と野球センスはやはり只者ではない。大島洋平の後釜というのが目指したいポジションである。

 石川はキャンプから首脳陣の評価も非常に高く、バッティングに関しては根尾よりも早く対応できる可能性が高い。高校ではサードだったが、セカンドもこなせる器用さもある。昨年、阿部が初の規定打席に到達してブレイクしたが、将来を考えればやはり石川を積極的に起用したいところだ。石川以外にも捕手の郡司、外野の岡林が今年の新人選手である。まだ、プロでプレーしていない選手をこれだけ多く入れるというのは少し気が引けたが、素材の良さを考えると抜擢したい選手たちである。

 特に郡司はオープン戦、練習試合でもしっかりと結果を残しており、一年目からレギュラーの期待もかかる。また、昨年高校卒ルーキーながら一軍マスクも経験した石橋康太も控えており、捕手は楽しみが多い。


■チームの底は脱した


 一方の投手陣は野手よりも早く世代交代が進んでいる印象を受ける。柳、笠原、小笠原の三人は既に一軍での実績があり、年齢を考えると、5年後にはちょうど働き盛りを迎えている。そして、この三人以上にエース候補として期待できるのが梅津だ。昨年はシーズン終盤だけで4勝をマークしており、投球内容も素晴らしかった。大学時代から故障が多いのは心配だが、スケールを考えるとリーグを代表する投手になれる可能性を秘めている。

 ルーキーの岡野、昨年ブレイクの兆しを見せた山本も楽しみな存在だ。名前を挙げた選手以外にも勝野昌慶、石川翔など若手に楽しみな素材が控えているのも大きな強みだ。

 リリーフ陣も悪くない顔ぶれが揃っている。特にキーマンとなりそうなのが鈴木博志だ。昨年は安定感を欠きながらも14セーブをマークしており、ボールの力自体は申し分ないものがある。クローザーとして定着できれば、チームの未来は一気に明るくなるだろう。サウスポーではルーキーの橋本が面白い。短いイニングであれば圧倒するような投球を見せるだけに、早い段階から戦力になる可能性も十分にあるだろう。

 全体的な顔ぶれを見ると、チームの底は脱した印象を受ける。特に落合博満GMが退任した後のドラフトで獲得した選手は、将来チームの柱となれる可能性を秘めた大器が揃っている。しかし、その一方で野手は特に現在25歳以下の若手で実績のある選手は少なく、まだまだ層が薄い印象を受ける。名前を挙げた選手はルーキーが多く、全員が順調に成長することはなかなか考えづらいだけに、今後もチームの中心になれる大物野手を積極的に狙い続ける必要があるだろう。

西尾典文(にしお・のりふみ)
野球ライター。愛知県出身。1979年生まれ。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行う。ドラフト情報を研究する団体「プロアマ野球研究所(PABBlab)」主任研究員。

週刊新潮WEB取材班編集

2020年5月11日 掲載

関連記事(外部サイト)