夏の甲子園「中村順司氏」が今も忘れない名勝負 1983年「PL学園VS横浜商」

夏の甲子園「中村順司氏」が今も忘れない名勝負 1983年「PL学園VS横浜商」

元PL学園監督の中村順司氏

■名将が選んだ試合は?


 甲子園のない夏が到来した。そこで今回は高校野球ファンに向けて、甲子園で春夏6回の優勝、春夏通算58勝を誇るPL学園(大阪)の名将・中村順司元監督に過去の夏の甲子園大会の試合からご自身が忘れられない名勝負1試合を選んでもらい、語り尽くしていただく。

 ***

 桑田真澄&清原和博(ともに元・読売など)の“KKコンビ”の育ての親としても知られる偉大な名将が選んだ1試合とは?

――監督が選ばれた試合は1983年、第65回大会から、PL学園の試合なんですが、そもそもこのときの夏の甲子園は蔦文也監督率いる池田(徳島)の大記録がかかっていた大会でした。高校野球史上初の夏・春・夏の3連覇です。

 そしてその池田をどのチームが止めるか、にも注目が集まりました。当時の新聞を見ると、池田以外にもAランク評価のチームが6校もあって、そのどこが優勝してもおかしくないと言われていました。そんななかで、PL学園は大会前に全く下馬評には挙がっていませんでした。

中村順司氏(以下、中村):あのときは投打の中心がまだ1年生の桑田と清原だったでしょ。当然、実力的にウチがつけ入る隙はないだろうと。入場行進の順番が30番目くらいだから、チーム力的にも大会出場校中30位じゃないですかっていう話をした記憶がありますよ(笑)。


■「勝てると思ってなかった」


――それに監督としても初めての夏の甲子園でしたし。

中村:僕がPLの監督になってから1年目の81年と2年目の82年の春の選抜を連覇したんです。ところが、どちらもその年の夏は予選で負けたんですよ。

 そして3年目となる83年の春の選抜に出られずにいたなかで予選を勝ち抜いたと。2年間続けて選抜には出場できたけど、逆に夏は行けてなかった分、喜びはひとしおでしたね。

――あのときのPLは前評判は確かに低かったですが、個人的には“PL=甲子園では無類の強さを発揮する”というイメージがありました。事実、1戦1戦勝ち上がっていきましたし。

 初戦の所沢商(埼玉)で桑田さんが6-2で完投勝利したのを皮切りに、2回戦の中津工(現・中津東=大分)戦は桑田さんが7-0で完封勝利、続く3回戦は選抜ベスト4の東海大一(現・東海大静岡翔洋=静岡)との一戦でしたが、6-2での快勝となりました。

 準々決勝は名門の高知商(高知)に10-9、そして準決勝があの池田との世紀の一戦でした。戦前の下馬評では圧倒的にPLが不利でしたが、なんと7-0の大差で勝利することになるワケです。

中村:池田との試合が終了したときには、「ああ、勝ったぁ〜〜ようここまで勝ったなぁ〜〜」っていう思いでしたよ。のちにこのときの3年生の一人に「俺は勝てると思ってなかったよ」っていう話をしたぐらいに、池田とPLにはかなりの実力差があったと思っていますから。


■夏に勝たなきゃ意味がない?


――さて、いよいよ監督が選ばれた試合、決勝戦です。実は対戦相手の横浜商(神奈川)とは前年の春の選抜の準決勝で対戦して同じ三浦将明(元・中日)投手から3-2でサヨナラ勝ちを収めています。

中村:そのときは幸運にも勝てることができましたが、三浦くんはこの春の選抜の準優勝投手ですからね。大きく縦に割れるカーブとストレートとのコンビネーション武器にしていて、もうそれは簡単に打てるような投手ではないと。だからそのときの僕の中には全然、優勝っていう文字はなかったですね。

――高校野球ファンの中には「春勝っても夏に勝たなきゃ意味がない」って言う人がいますよね。すでにそのとき春の選抜は2度優勝していましたが、やっぱり監督の心の中には期するものがあったんでしょうか?

中村:実は似たようなことを言われていました。81年と82年の選抜を連覇しても、「中村くん、高校野球は夏だぜ」って。だから「選抜で優勝しても夏、甲子園に出られなかったら」……って、そんな感じの皮肉を言われました。でも、それで逆に気負っても仕方ないので、僕はもう淡々と試合をしようと思っていました。

――あの試合では1回表と2回表に横浜商が先制のチャンスを作るんですが、それを活かせませんでした。

中村:2番打者の信賀(正喜)くんにセンター前ヒットを打たれてそこから、二盗、三盗を決められるんですよ。その三盗をしたときにね、桑田がセットポジションに入って、1度、二塁を見て、顔を本塁に戻したときに、迷わず走ったんですよ。で、これはもうクセを盗まれているなと。


■桑田の修正能力


――のちに横浜(神奈川)の部長として多くのプロ野球選手を育て上げた小倉清一郎さんが、この当時、横浜商のコーチとして在籍されていたんですね。その小倉さんが桑田さんのクセを見破ったと聞いています。「マウンドで二塁に走者を背負うと、1度しか二塁を見ない。そのときに牽制がなかったら、スタートを切れ」って。

中村:僕はね、あまりにもスタートがいいから、これはおかしいと。で、ピンチを凌いでベンチに帰ってきた桑田に「おい、クセを盗まれてるよ」って。続けて「セットに入ってから1回だけじゃなくて、2、3回くらい二塁を見て、やっぱり走者を牽制して投げなきゃいかんよ」という話をしました。そしたら次の2回表に同じ1死二塁という状況が訪れたんです。

――そのときに今度は1度しか二塁を見るハズのない桑田さんが2度見たんです。そしてスタートを切ろうとしていたランナーを牽制でアウトにしたんですね。

中村:この修正能力を見た小倉さんは「この投手は凄い」って言ったらしいっていう話をのちに聞きましたよ。


■不眠症だった清原


――ピンチを2度防いだPLがその裏に先制点を挙げるんですが、それが4番・清原さんのソロ本塁打でした。そしてこれが清原選手にとっての甲子園第1号となりました。あれは三浦さんによると、“打倒・池田”のために修得したフォークがすっぽ抜けたのを清原選手がライトラッキーゾーンへ運んだと。

中村:あのときの清原は、それこそ前日の池田戦で水野(雄仁=元・読売)くんに4三振食らっていたから、やっぱりコンパクトに指1本分空けてバットを構えていたんです。それが功を奏した形になりましたよね。

 清原に関して付け加えると、実はあの大会、1回戦2回戦と清原は全然ダメだったんです。神経性の下痢に悩まされていました。

 それは清原にしてみればもう甲子園に初めて出て、しかも1年生で4番ですよね。だからもう、それこそ寝むれないぐらいにまで追い込まれていたんですね。

 だけど3回戦の東海大一との試合で身体近くに来たボールをよけようとしてその球がバットに当たったんですが、その打球がライト前に落ちたんですよ。それが甲子園春夏通算13本塁打を誇る清原の甲子園初ヒットです(笑)。

 それが良薬になったのか、もう落ち着いてプレーができるようになったというワケです。


■桑田交代の理由


――なるほど。そしてこのまま試合は1-0で進んでいって、7回表に桑田さんからエースナンバー1を背負う藤本耕さんにピッチャー交代していますが、あの1-0で勝っている状況でリレーっていうのは、かなり勇気がいったんじゃないかなと。その意図を教えてください。

中村:あのとき桑田が1アウトからファーポールを出すんですが、その最後の球が抜けるんです。その瞬間に頭に浮かんだことは、傷口が浅いときに代えようと。

 というのも、桑田にはあと4回も甲子園に行くチャンスがあります。せっかくの1年の夏に決勝まで行ったのに、ここで自滅して四球出してランナーを貯められて、同点、逆転となったら、これからの彼の高校野球人生がダメになると思いました。

――優勝するっていう緊張感もありますし。

中村:だからそういうなかでね、今後の桑田のことを考えると、これがきっかけで故障してもイカンなと。桑田を酷使して1年生で決勝で負けて、そしてそのあとに肩が痛い、ヒジが痛いとかってなると、なんか潰してしまったとかね。みなさんそう言われますよね。だからそうなる前に、もう傷口が最小限のときに交代することにしたんです。


■藤本耕選手の闘志


――藤本さんが準々決勝の高知商戦で好投しているというのもあったんでしょうか?

中村:高知商戦は5回表を終わって8-0でリードしていたんですが、それが6回終了時には10-9で追い上げられる苦しい展開になっていたんです。

 そこで3番手投手として藤本を投入したんですが、完全に勢いづいていた相手打線を残りの7、8、9回と抑えた。彼に対する信頼はもうその時点でありました。

 あと藤本に関してはね、1回戦の所沢商戦で桑田が完投勝利したときに、寂しい思いをしたんじゃないのかなと。やっぱり背番号1のエースでしたから。

 所沢商に勝った次の日の練習で、バッティングピッチャーをやってくれたんです。本人がチームの役に立ちたいっていう思いからなんですが、その最中に足に打球を当ててしまうアクシデントがありまして……。

 当然、僕は「おい、もう藤本やめとけ〜〜」って止めたんですが、彼、屈伸したあとに「いや、大丈夫です」って言ってまた投げた。結局、その日は120球くらい投げたのかな。それなのに、また次の日も投げたんですよ。その気持ちに応えたいなっていうのはすごくありましたね。


■夏の初優勝を達成


――そして7回裏に待望の追加点が入りました。

中村:その追加点が藤本のバットなんですよ。2死一、二塁から打席に入ったんですが、三浦くんの決め球の大きなカーブを打ったらショートゴロになって……。

――その打球がイレギュラーするんですよね。

中村:ショートの西村(隆史)くんのグラブを大きく弾く形になって、それをセカンドの信賀くんがバックアップして懸命のバックホームをするんですが、間一髪セーフになりました。貴重な2点目になりましたね。

――8回裏には3番の加藤正樹選手(元・近鉄)がライトへソロホームランを放って、3-0になりました。結局そのまま勝って、中村監督としては夏の初優勝です。

中村:夏の甲子園で初優勝したことよりも、もっと僕が嬉しかったのは本当にこのチームで甲子園に出られたことがまず凄いなと思ったんですよ。

 というのは、前年の10月くらいにこの大会の優勝候補の一角に挙げられていた中京(現・中京大中京=愛知)と練習試合をしたんです。あのときの中京にはエースの野中(徹博=元・中日など)くん、2番手投手に紀藤(真琴=元・広島東洋など)くんがいて、他にも185センチくらいの選手が何人もいる大型チームだったんですよ。


■監督を襲うプレッシャー


 一方でウチの3年生は、実力も体つきも体力的なものもすべて小粒で、当然、圧倒的な差で負けたんです。要はそんなチームがね、そこからわずか10カ月であんな優勝するようなチームになっていくんですからね、高校野球の怖さっていうのを逆に私が知りましたよね。本当に「ようこれで勝てたなぁ〜〜」って。

――最後に、夏の甲子園で初優勝したことで、何か得られたものがあれば教えてください。

中村:優勝した次の日の新聞を見たときに「あと2年3年、春夏全部優勝しようぜ」って桑田と清原が言ってたんですよ。高い目標を持ってくれてホッとしたと同時に逆にプレッシャーかけられましたよね(笑)。彼らがそうなら自分も気を抜けないな、という思いでした。

 やっぱり1年1年着実に成長していくのが理想なんですよ。逆に「ああ、1年生で優勝したのに、何でアイツ、2年3年のときは全然ダメなんだ」って言われるのは、指導者に対する評価と同じですから。

 結果的に2年のときは春夏ともに準優勝、3年の春がベスト4で、最後の夏が優勝ですか。全部優勝するという壮大な夢は叶いませんでしたが、でも彼らは十分に結果を出してくれたと思っています。

週刊新潮WEB取材班編集

中村順司(なかむら・じゅんじ)
1946年8月5日生まれ。福岡県出身。PL学園を経て、名古屋商科大に進み、卒業後は社会人野球のキャタピラー三菱でプレーした。76年にPL学園のコーチとなり、80年秋に監督に就任した。98年の春の選抜を最後に勇退するまでの18年間に甲子園に春夏合わせて16度の出場に導いた。立浪和義(元・中日)、片岡篤史(元・阪神など)ら多くのプロ野球選手を育て、監督就任後から、すべての年度の卒業生の少なくとも1人以上を最終的にプロ入りさせている。座右の銘は「球道即人道」。

インタビュー・文:上杉純也

2020年8月11日 掲載

関連記事(外部サイト)