「藤浪晋太郎」は中継ぎで復調、「斎藤佑樹」は2軍で1回持たず 甲子園スターの明暗

■懲罰で2軍落ち、コロナ感染、制球難でも中継ぎ転身で復活の藤浪晋太郎


 新型コロナ感染や遅刻で2軍落ち、制球難と不振を極めていた阪神の藤浪晋太郎。中継ぎへの配置転換が奏功し、直近5試合はすべて無失点に抑えている。一方、日ハムの斎藤佑樹は先日の2軍の試合での登板で1回持たずにKOされた。甲子園スターの明暗がくっきりと分かれている。

 今年の夏は国民的行事のひとつであります全国高校野球選手権、通称「甲子園」が新型コロナの影響で中止になり、高校球児のみならず観戦を楽しみにしていた皆様も肩を落とされたことでしょう。私ももちろん残念でなりませんでした。

 その甲子園で華々しい活躍をし、鳴り物入りでプロ野球界に飛び込んだ選手は数多おります。

 入団後も活躍しその名を球史に刻んだ選手、怪我に苦しみ志半ばでユニフォームを脱いだ選手、周りの大人の変な甲子園信仰に踊らされて結果を出せずに引退を余儀なくされた選手などなど。それぞれが様々な人生を歩まれたことを我々野球ファンはただ外野から見つめているだけでありました。

 そして今シーズンも終盤を迎え、かつての甲子園スターの去就に注目が集まっております。

 まずは大阪桐蔭出身藤浪晋太郎投手。

 2013年のルーキーイヤーから3年連続二桁勝利という怪物っぷりを見せつけ、200勝確実と思われていたのですが、4年目のシーズンに7勝11敗と初めて負け越すとその後調子が上がらず、翌年から3勝・5勝・0勝と不振を極めることに。

 強い決意と意気込みで臨むはずだった今シーズン、練習遅刻懲罰二軍送りとまさかの新型コロナ感染……。

 しかも感染経路が良くなかったですね、会食とは聞こえよく実際はタニマチ宅での大規模合コンだったわけですから。

 しかし不謹慎を承知で言えば、そういった出来事も大々的にニュースになるのはまだまだスターであるという証とも思われます。

 もっとも、阪神タイガースに関しましてはその後も大量の感染者を出し、監督までも内規の上限を上回る形での会食を催してしまっているので、これは藤浪投手どうこうではなく球団の体質にも少々問題があるのでは? と思われても仕方がない部分もありますよね。

 まあ、決起集会的な食事会というのはチームプレーを基本とする野球に於いてとても大切なことだと思うのですが、時が時ですので(私見としてはコロナに対してナーバスになり過ぎではとも思うのですが)。

 戻りまして、今シーズンの藤浪投手。

 先発投手としてマウンドに上がった際は制球難に苦しみ「今年もまたダメか」などとファンのため息を誘ったのですが、矢野監督はじめ首脳陣が中継ぎへの配置転換を決断し、いざマウンドに上がりましたら快刀乱麻の活躍とは言わないまでもかつての輝き(26歳の若者にこんな表現は用いたくないのですが)を取り戻す一歩手前くらいまでの結果を出し始めております。

 直近の5試合でもすべて無失点。

 このまま中継ぎやセットアッパーもしくは抑えになっていったら他球団にとって脅威であることは間違いありません。

 短いイニングでの登板ゆえ全力で投球するので155キロ以上は当たり前160キロ以上の球速を記録することもしばしばありますのでファンとしても期待が膨らみますね。

 かつてライバルとされた大谷翔平投手の日本人最速記録である165キロをぜひ超えて欲しいものです。

 個人的には、人間臭さのある藤浪投手の方が好きですし、ロマンを感じております。

 そして藤浪投手のように先発から後ろにまわって活躍した投手もたくさんいらっしゃいます。

 古くは江夏豊投手・津田恒実投手・大野豊投手(大野さんはその後先発にも)・伊藤智仁投手・豊田清投手、そしてなんといっても阪神の先輩である藤川球児投手などがあげられます。

 今後どのような役割を与えられるかはわかりませんが、再び咲き始めたその花を満開にして欲しいですよね。


■早稲田実業時代に斎藤投手と苦楽を共にしたOBの話


 そしてかつての甲子園スターでここ数年苦悩の日々を送っている選手が…斎藤佑樹投手であります。

 2006年夏の甲子園、ご存知の方も多いと思われますが、現ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手に見事投げ勝ち早稲田実業を日本一に導きました(田中投手は当日39度の熱をおしての登板だったそうですが、それも時の運)。

 なんといってもマウンドに於いてハンカチタオルで汗を拭う姿にあやかり「ハンカチ王子旋風」を巻き起こし、流行語にもノミネートされたことがスターの証明であると思われます。

 その後、プロには進まず早稲田大学に進学し6大学野球での選手生活を選択したのですが…。ここがもしかしたら彼の分岐点になったのでは?

 早稲田実業時代に斎藤投手と苦楽を共にしたOBの方に話を聞くことができたので、是非ご覧ください。

「彼は高校時代から腰痛持ちで、大学の成績を見てもわかるように学年が上がるごとに成績が落ちてて、それは右肩の関節唇が投げ過ぎで麿耗していたんです。高校3年夏は148キロのうなるような速球を投げてましたが、肩の痛みでもう速球は投げられなくなっていたんですよね」

「大学でちゃんとプロに向けてトレーニングを教えてくれる人とかがいれば話は違ったと思うのですが、彼は当時人気絶頂で学生トレーナーや先輩の言うことに聞く耳を持たなかったとも聞いてます」

「あのぬるま湯の4年間、高校の時の貯金を食い潰す4年を過ごした斎藤と、プロがお金と経験で手塩にかけて育てた4年を過ごした田中まーくんとでは身体の出来上がり方がまったく違ってきますよね。もちろん、体格や素質の差はあると思いますが、高卒からプロに入っていればもう少し勝てたと思います」


■入団時10年契約という密約の噂、今年がくしくも10年目


 このような言葉に対し私が、「ある意味で環境が整っていなかったのですね。人間だから慢心するのも仕方がないことだし、それを責めるのも少しかわいそうですね」と返しましたところ……。

「そうですね。言っても18歳の子供ですから誰かがしっかり指導して、身体のことも考えてじっくり鍛えてあげるべきでした。あとやっぱり彼もマスコミにチヤホヤされて祭り上げられた被害者の1人だと思います」と仰っておりました。

 確かに実に的を射た言葉であります。その後、プロ入りした彼の成績を目の当たりにしますと残念ながら大いに納得してしまいます。キャリアハイの成績が入団した2011年の6勝その後5勝0勝2勝1勝0勝1勝0勝〜と成績を落としています。

 入団時10年契約という密約があったという噂も根強くあり、それが事実なら今年が最終年に当たります。

 先日、イースタン・リーグでの対巨人戦(2020年10月16日)に登板しましたが、1イニング持たず、2/3回で4安打を浴びて5失点KOという結果を出してしまいました。

 直球も135キロ前後でした。

 まだまだ老け込むには……なんて綺麗事を言うつもりはありません。

 苦悩を知るが故の経験を基にして、いずれ投手コーチ、名伯楽として素晴らしい投手を育てて欲しいと、プロ野球ファンとして願うばかりです。

徳光正行(とくみつ・まさゆき)
1971年12月生まれ。茅ヶ崎市出身。日本大学芸術学部在学中よりミュージシャンを目指すが、父の病により断念。その後、司会業やタレント業に従事する。また執筆活動にも着手し『伝説になった男〜三沢光晴という人〜』『怪談手帖シリーズ』などを上梓。4月27日には岩井志麻子氏との共著『凶鳴怪談』を出版。現在YouTube「徳光ちゃんねる」でも活躍中。

週刊新潮WEB取材班編集

2020年10月18日 掲載

関連記事(外部サイト)