伊東勤、工藤公康、城島健司… ドラフト「裏ワザ」「強硬指名」で入団した8人の名選手

伊東勤、工藤公康、城島健司… ドラフト「裏ワザ」「強硬指名」で入団した8人の名選手

1987年、“荒技”で入団した西武で、東尾修とバッテリーを組んだ伊東勤

 いよいよ運命のドラフト会議が迫ってきた。今年は投手なら早稲田大の最速155キロ左腕・早川隆久で、野手なら近畿大の左のスラッガー・佐藤輝明というのが、各球団の評価だろう。

 現在は高校生・大学生のドラフト対象選手はプロ志望届を出すことが義務づけられているが、1978年の“江川事件”が有名なように、かつてはドラフトの抜け道を見つけて有望選手を獲得しようと各球団が情報戦を展開していた。そこで今回は、そんなひと昔ふた昔前のドラフトで駆使された“奇策”や“強硬指名”で入団した有名選手をご紹介しよう。

 ドラフトの穴を狙った最初のケースとされるのが、1968年の“新浦争奪戦”といわれている。この年の夏の甲子園で静岡商を準優勝に導いた左腕エースの新浦壽夫は、このときまだ1年生であった。だが、前年の1年間は定時制に通っていて、春に全日制の1年次に編入していたのである。つまり、高校で野球ができるのはあと1年のハズだったが、実は当時の新浦は“韓国籍”だった。

 当時の規定では、日本の学校を卒業していても外国人はドラフトの対象外だった。これを知っていた阪急(現・オリックス)はその1年も前に学校側に打診していたほどだった。そこに遅れて参戦したのが、読売、東映(現・北海道日本ハム)、大洋(現・横浜DeNA)、広島東洋、中日、そしてメジャーリーグのサンフランシスコ・ジャイアンツだったのである。

 慌てた新浦サイドが親族会議を開き、“中途退学→プロ入り”を決めたのは夏の甲子園終了からたった9日後の8月31日、そこから最終的に読売入団が発表されたのは9月9日のことだった。約10日間の争奪戦であった。ちなみにこの騒動がきっかけとなり、その後、外国人であっても“日本の学校に在学したことのある選手”はドラフト指名の対象選手になっている。

 次は81年のドラフト直前に起こったプロVS社会人の“工藤争奪戦”だ。この年の夏の甲子園で愛知県代表の名古屋電気(現・愛工大名電=愛知)は、同校史上初の甲子園ベスト4に進出した。その立役者となったのが、サウスポーのエース・工藤公康(現・福岡ソフトバンク監督)だった。当然のようにドラフトの目玉となり、複数の球団から指名挨拶を受けることに。だが、工藤は父の光義氏との連名で、プロ入りの意向を示してきた9球団に指名拒否の手紙を送った。そしてドラフト前に社会人野球の強豪・熊谷組に内定したことから、プロ側は指名を断念せざるを得なかった。

 ところが、である。ドラフト当日、西武(現・埼玉西武)が敢然と工藤を指名したのだ。しかも順位は6位だった。当然、他球団からすれば工藤は西武の指名を断るものと考えるのが普通だ。事実、すでに両親同伴で熊谷組の社長に挨拶までしていることから、誰しもが入社を信じて疑わなかった。ところが12月28日、なんと工藤が西武と仮契約を交わしてしまったのである。

 そこから西武と熊谷組による工藤の争奪戦が起きる。熊谷組はかなり抵抗したのだが、翌81年の1月5日にすったもんだの末、西武入りが正式決定することに。その契約金は6位指名ながら6000万円(推定)、年棒も480万円(推定)という破格の額であった。

 この工藤争奪戦と同じ年の西武のドラ1選手は、のちの黄金期を支えた名捕手・伊東勤であった。実はこの伊東、前年の夏の甲子園に熊本工の3年生捕手として出場していた。当然、その年のドラフト候補として、各球団獲得も乗り出していたのだが、ひとつ問題があった。実は全日制ではなく、4学年ある定時制に在籍していたため、もう1年学業が残っていたのである。

 そこで西武は奥の手を使った。地元の埼玉県立所沢高校の定時制に転校させ、かつ、“球団職員”として採用し、囲い込んだのだ。伊東は昼間は2軍で練習し、技術を磨いていった。当然、他球団は球団職員の伊東に手出しできなかった。

 この“球団職員”にする荒技は、この後2度使われることとなる。ともに7年後の88年だった。

 まずは阪神である。この年、阪神は定時制に通っていた甲府工のエース・中込伸を地元・兵庫県の神崎工の定時制に編入、同時に球団職員として在籍させ1位指名した。2球団目が中日だ。そのターゲットとなったのが、台湾出身で84年に名古屋商科大に入学していた左のスラッガー・大豊泰昭である。彼を大学卒業後に日本人選手扱いとして日本プロ野球入りさせるため、中日は球団職員として1年間在籍させていたのである。

 ただ、中日はこのとき、他球団が大豊を指名してこないだろうと踏んで“2位”で指名した。代わりに1位で指名したのは大阪桐蔭出身の高卒左腕にして、90年代の中日投手陣を支え、日本プロ野球界を代表するエースとして活躍した今中慎二だった。

 1位は今中、そして大豊を2位で獲得するという狡猾な戦略であったが、これ以降、大物“球団職員”の指名はなくなっている。


■川口和久、KKコンビ、城島健司…


 80年のドラフトで広島東洋から1位指名を受けた、社会人野球・デュプロの左腕・川口和久にもこんなエピソードがある。そもそも川口本人が広島入りを熱望していた。広島のスカウトの評価も高く、相思相愛だった。そのうえで川口は球団から「他から指名されないよう、故障ということにして1年間投げないでほしい」と頼まれたという。こうして他球団の関係者が来たときには「ヒジが痛い」とアピールし、まんまとこれを信じ込ませることに成功したのである。この年の広島は最初の1位指名で原辰徳を抽選で外したものの、見事に単独の外れ1位で川口の獲得に成功したのだ。

 さて、次は85年に起きたドラフト史上、最大の悲劇である。この年、夏の甲子園を制したのは桑田真澄&清原和博の“KKコンビ”擁するPL学園(大阪)であった。当然のようにKKコンビはドラフトの目玉となるのだが、特に清原は当時、読売の監督だった王貞治の大ファンだったこともあり、同じチームでプレイしたいと読売入りを熱望していた。王も王で「欲しい選手」と名指ししたことで、読売からの指名は間違いないとみられていたのである。

 一方、桑田はドラフト前日まで“早稲田大進学1本”の言動を繰り返していたため、進学は決定的でプロ入りは100%ないものとして、多くの球団が指名を諦めていた。いざ本番では清原に6球団もが競合した。だが、そこに読売の指名はなかった。読売が1位で指名したのはなんと“桑田真澄”で、単独指名に成功したのだ。

 ドラフト終了後には桑田も「早大進学を表明したワケではない」と、突如態度を翻し、読売入団を匂わす発言で開き直った。清原を指名しなかったことで、世間の批判を浴びた読売だった。実は西武も桑田が巨人から1位指名されなければ、外れ1位もしくは2位で指名する予定だったという。もっとも西武は清原を1位指名、抽選の結果、交渉権を獲得したのであった。

 最後は94年のドラフトで福岡ダイエー(現・福岡ソフトバンク)から1位指名された城島健司である。大分県の別府大付(現・明豊)で強肩強打の捕手として活躍した城島は当初、駒澤大への推薦入学が決まっており、プロ入り拒否を表明していた。このため、多くの球団が指名を回避したのだが、このとき西武から福岡ダイエーの専務となっていた根本陸夫はドラフトの前日に行われた12球団スカウト会議のなかで1位指名すると宣言した。このときアマ球界との軋轢を恐れたコミッショナー事務局から警告され、他球団からも猛反発を受けたにも関わらず、ドラフト会議当日も予定通りに1位指名し、会場は騒然となった。

 そこから「進学決定というから指名しなかった。福岡ダイエーのやり方は疑問」という恨み節が続出することとなる。駒大にも内密でことを進めたため、進学先となるハズだった当時の駒大・太田誠監督は「今後、福岡ダイエーには選手を入団させない」と激怒し、アマ球界関係者も「いいことではないが、ルール違反ではないからどうしようもできない」と苦渋の表情を浮かべた。ただし、この“出来レース”とも取れる裏技を阻止するため、これ以降はプロ入り拒否の選手はドラフト会議で指名を受けることができないというルールが定められたのであった。

上杉純也

週刊新潮WEB取材班編集

2020年10月25日 掲載

関連記事(外部サイト)