ジャニーズも顔負け…キャンプ地を熱狂させた“超人気ルーキー列伝”

ジャニーズも顔負け…キャンプ地を熱狂させた“超人気ルーキー列伝”

“国民的アイドル”として社会現象にまでなった近鉄の太田幸司

 阪神・佐藤輝明、楽天・早川隆久ら期待のルーキーたちが注目を集めている春季キャンプだが、コロナの影響で、無観客や見学人数制限などの対策がとられ、例年に比べて静かな日々が続いている。だが、過去のキャンプ地や遠征先などでは、大勢のファンを熱狂させ、大フィーバーを巻き起こした超人気ルーキーが数多く存在した。

 1958年、巨人に入団した六大学のスター・長嶋茂雄は、明石キャンプの宿舎が明石駅から歩いて10分ほどの距離だったにもかかわらず、大勢のファンに行く手を阻まれ、小一時間もかかったといわれる。センバツ優勝投手として人気者になった王貞治も、巨人ルーキー時代の59年6月4日、函館遠征の広島戦の試合後、ベンチにヘルメットを忘れてきたことに気づき、取りに戻ったところ、地元ファンに囲まれて動けなくなり、危うく移動のバスに乗り遅れそうになった。


■過熱する“殿下フィーバー”


 そして、野球選手という枠組を超え、“国民的アイドル”として社会現象にまでなったのは、70年に近鉄入りした太田幸司が元祖である。

 青森・三沢高のエースとして前年夏の甲子園で準優勝投手になった太田は、端正で甘いマスクから“殿下”の異名で女学生たちのハートを虜にし、「東北地方(一説では青森県) 太田幸司様」の宛名だけでファンレターが届いたという話も伝わっている。甲子園から2ヵ月後に行われた長崎国体では、球場に入りきれなかった数百人のファンが列をなし、疲労から倒れて病院に搬送される者まで出た。

 70年1月19日、近鉄の合宿所入りした太田は、翌日から藤井寺球場での合同自主トレに参加したが、“殿下フィーバー”は過熱する一方。練習終了後には、球場に隣接する宿舎をファンが取り囲み、外出で電車に乗るときも、手で顔を隠しながら、窓のほうを向いたまま周囲の目をやり過ごすという窮屈な毎日。「(キャンプ地の)延岡へ行ったら、気軽にみんなと同じように動けるだろう」という思惑も、初日の2月10日から立見席は黒山の人、人、人……。気の休まる暇もない毎日に、「一人っきりになったときでも、時々ハッと誰かに見られているのではと思う」と複雑な心情を吐露している。

 特筆すべきは、太田目当ての女性ファン急増を受けて、本拠地・日生球場で、一塁側スタンド上段や三塁側場外に女性用トイレが増設されたこと。人気者の入団は、球場の施設充実化にもひと役買った。


■「使った食器を洗いたい」


 ジャニーズのイケメンアイドルも顔負けの超人気者になったのが、75年に巨人入りした定岡正二である。前年夏、鹿児島実のエースとして甲子園で4強入りすると、甘いマスクから女性ファンの人気を集め、鹿児島市内観光のバスが定岡家の前に停まったという仰天エピソードまである。

 巨人入団後も、キャンプ地・宮崎の宿舎には「定岡さんの使った食器を洗いたい。給料は要らないから雇ってほしい」と志願する女子学生も現れ、初練習の日には1万5千人が来場。就任1年目の長嶋監督ですらも、報道陣が定岡の追っかけに回った結果、朝の散歩時に同行する記者がいなくなり、完全に主役の座を奪われてしまうほどだった。

 イケメン系とはやや趣が異なるが、99年に西武に入団した“平成の怪物”松坂大輔も高知・春野キャンプ初日に1万人を超えるファンが殺到し、“松坂現象”を巻き起こした。

 どこに行っても約100人近い報道陣やファンたちがゾロゾロついて回る過熱状態から松坂を守ろうと、首脳陣のアイデアで、“影武者”谷中真二に背番号18のユニホームを着せ、報道陣やファンと集団で追っかけっこを繰り広げている隙に、谷中になりすました松坂が脱出するという前代未聞の“陽動作戦”も行われた。

 バレンタインデーには所沢の球団事務所と併せて1200個のチョコレートが届けられたため、「無駄にはできません」という理由から、500個を高知市内の児童養護施設にプレゼントしている。


■“荒木トンネル”を新設


 しかし、松坂の脱出作戦より遥かにスケールが大きい話題を提供したのが、83年にヤクルトに入団した荒木大輔である。

 早稲田実時代は、5季連続出場の甲子園で“大ちゃんフィーバー”を起こしたのは、ご存じのとおりだ。キャンプ地はアメリカのユマとあって、さほど大きな混乱はなかったが、さすがに帰国後は、そうはいかない。

 そこで、球団側はファン対策として、本拠地・神宮球場とクラブハウスをつなぐ約15メートルの地下通路“荒木トンネル”を新設した。選手の安全確保のために球団がわざわざトンネルをつくったのは、もちろん初の珍事である。

 歩いて1分足らずの短い時間ながら、登板直前の荒木は静かなトンネルの中で集中力を高め、「よし、やるぞ!」と充実した気持ちでマウンドに上がったという。それから37年後、この荒木トンネルは再び脚光を浴びることになる。コロナ禍が拡大するなか、3ヵ月遅れで開幕したペナントレースで、選手の移動の際にファンとの密状態を避けるため、トンネルが活用されることになったのだ。

 荒木の背番号11を受け継いだ奥川恭伸をはじめ、ほとんどの選手が、トンネルができたあとに生まれた世代。地下通路を歩きながら、チームの大先輩の超人気ぶりをまざまざと実感したことだろう。

久保田龍雄(くぼた・たつお)
1960年生まれ。東京都出身。中央大学文学部卒業後、地方紙の記者を経て独立。プロアマ問わず野球を中心に執筆活動を展開している。きめの細かいデータと史実に基づいた考察には定評がある。最新刊は電子書籍「プロ野球B級ニュース事件簿2020」上・下巻(野球文明叢書)

デイリー新潮取材班編集

2021年2月18日 掲載

関連記事(外部サイト)

×