侍J、強化試合でカナダに黒星 ネット「山口ピリッとしてくれ!」

侍J、強化試合でカナダに黒星 ネット「山口ピリッとしてくれ!」

カナダ代表・トソニに押し出しの四球を与えた巨人・山口俊 

 野球の国際大会「プレミア12」に出場する日本が10月31日、沖縄県那覇市の沖縄セルラースタジアム那覇でカナダとの強化試合第1戦を行い、5−6で敗れた。先発の山口(巨人)が二回に4安打4四球と乱れ、まさかの6失点。その後、四回に吉田正(オリックス)の適時二塁打などで2点を返し、五回に坂本勇(巨人)の犠飛で1点、九回に近藤(日本ハム)の適時打などで追い上げたがあと一歩及ばなかった。ネットでもこの敗戦に厳しい声が上がっている。

 やはり山口への注文が目立った。SNSには「山口ピリッとしてくれ!」「山口はなんか抜け気味だったね。調整試合とはいえ、ですよ。もうちょっと引き締まった試合をみたいね」などの書き込みが。その一方で、今季のセ・リーグで最多勝利、最多奪三振、勝率1位と、3部門でトップだった山口だけに「山口は本番までに修正してくるはず。なんてったって三冠なんだから」とかばうファンも見られた。

 また「カナダのような強豪相手に隙を見せれば駄目なのに。中盤以降追い上げたので攻撃力は一応あるのがポジ要素」「リリーフ陣が無失点ピッチングしたのは大きな収穫」といったツイートがあるように、1点差まで追い上げた打線と、3回以降を無失点に抑えた投手陣を評価するユーザーもいた。

 ツイッターには「てか、カナダ意外とレベル高いな」「カナダのピッチャー、意外といいぞ」「カナダって意外とつよいな」と実力を評価する投稿も多かった。

関連記事(外部サイト)