【セ6球団・開幕ローテ予想】最注目は完全復活を目指す藤浪。菅野は球団タイ7度目の大役へ<SLUGGER>

【セ6球団・開幕ローテ予想】最注目は完全復活を目指す藤浪。菅野は球団タイ7度目の大役へ<SLUGGER>

先発投手に抜擢された藤浪(中央)の投球に注目が集まる。菅野(左)は7度目、大瀬良(右)は3度目の大役を担う。写真:THE DIGEST写真部

いよいよ3月26日の開幕を迎える2021年のプロ野球。各球団の開幕ローテーションはどのような陣容になるのか。セ・リーグ6球団の最新事情を確認しておこう。

●巨人
1 菅野智之
2 戸郷翔征
3 今村信貴
4 サンチェス
5 井納翔一
6 畠世周?

 メジャー行きを封印した昨年のMVP・菅野は、オープン戦でも貫禄の投球。上原浩治と並んで球団タイ記録となる7度目の開幕投手へ向け、盤石の調整を続けている。昨季、高卒2年目で大躍進を遂げた戸郷は“2年目のジンクス”に挑む。新加入の井納翔一は頭部裂傷で一時離脱したが、開幕には間に合いそうか。6番手は高橋優貴、ドラフト1位ルーキーの平内龍太、桜井俊貴らも候補に挙がっていて、最終的に確定するのは開幕直前になりそうだ。
 ●阪神
1 藤浪晋太郎
2 青柳晃洋
3 ガンケル
4 西勇輝
5 伊藤将司
6 秋山拓巳

 何と言っても注目は矢野燿大監督から開幕投手に抜擢された藤浪。昨季終盤に完全復活の兆しを見せた豪腕は、19日のオリックス戦で右手親指を裂傷したが幸い軽症で、開幕マウンドへの注目も俄然高まってきた。開幕投手を藤浪に譲ったエースの西勇も、ぜんそくによる調整遅れを取り戻してきており、開幕2カード目の広島戦の初戦に先発する公算が高い。一方、ロッテから加入したチェン・ウェインは二軍教育リーグでの登板内容が悪く、開幕ローテーションから外れる見込み。代わってドラフト2位ルーキーの伊藤が抜擢されることになりそうだ。

●中日
1 福谷浩司
2 柳裕也
3 小笠原慎之介
4 大野雄大
5 勝野昌慶?
6 松葉貴大?

 沢村賞を獲得した大野雄はスロー調整の影響もあって2カード目の巨人戦の頭に回ることになり、福谷が初の開幕投手に抜擢。19日の日本ハム戦では、岩隈久志を思わせる新投球フォームを取り入れて好投した。2戦目は柳、小笠原と元ドラフト1位投手が続くが、悩ましいのは5番手以降。松葉や勝野、清水達也らローテーション候補がオープン戦では軒並み結果を残せておらず、不安が募る。昨年も開幕ローテに入った岡野、梅津晃大が二軍戦で好投しており、逆転で枠を勝ち取る可能性も出てきた。
 ●DeNA
1 M口遥大
2 京山将弥
3 平良拳太郎
4 大貫晋一
5 上茶谷大河
6 入江大生?

 エースの今永昇太が昨年10月に受けた左肩クリーニング手術からの回復が思わしくなく、出遅れが決定。さらに井納翔一がFAで巨人に去ったこともあり、台所事情は楽ではない。開幕投手はM口が初の大役を務めることが確定。オープン戦で好投を続ける京山は2戦目に先発する公算が高い。最後の枠はドラフト1位ルーキーの入江か、あるいは4年目の阪口皓亮か。M口はもちろん、昨季ブレイクを果たした平良、大貫の働きがシーズンの浮沈を左右することになりそうだ。

●広島
1 大瀬良大地
2 九里亜蓮
3 遠藤淳志
4 森下暢仁
5 床田寛樹
6 野村祐輔

 3年連続の開幕投手を務める大瀬良は、オープン戦15イニング無失点。昨年9月に受けた右ヒジ手術の影響を感じさせない投球を続けている。昨季の新人王・森下は2カード目の阪神戦の頭に回る。ベテランの野村は21日ソフトバンク戦で5回無失点の好投を見せ、「一発試験」でローテ入りが確定。先発陣の顔ぶれは他チームにまったく引けを取らない。一方、ブルペンはフランスアの出遅れもあって手薄となっており、新人王候補に挙げられているドラフト1位ルーキーの栗林良吏はクローザーに回る。
 ●ヤクルト
1 小川泰弘
2 田口麗斗
3 奥川恭伸
4 スアレス
5 高梨裕稔
6 山野太一

 たたでさえ層が厚いとは言えない状況で、オープン戦では先発投手陣が総じて不調で、開幕へ向けて不安が募る。昨年、史上5人目の40代開幕投手を務めた石川雅規はオープン戦で2試合続けて大炎上し、ローテーション争いから脱落。代わって浮上したのがドラフト2位ルーキーの山野で、2月の練習試合に続いてオープン戦や二軍教育リーグでも好投を続け、有力候補として浮上してきた。他にも、3月1日に廣岡大志との交換トレードで巨人から加入したばかりの田口、19年ドラフト1位の奥川と注目投手自体は多い。

構成●SLUGGER編集部

【沖縄キャンプPHOTO】巨人|坂本&菅野が率いる巨人“S班”の沖縄キャンプがスタート!!

関連記事(外部サイト)