【復活を期す男たち・パ】昨季不振の山川はオープン戦で驚異弾連発。西川はMLB挑戦の挫折を糧に

【復活を期す男たち・パ】昨季不振の山川はオープン戦で驚異弾連発。西川はMLB挑戦の挫折を糧に

「どんなに状態が悪くても40発100打点」と目標を語った山川(左)。抑えに戻る松井(右)も先発5本柱の存在から活躍の機会は多そうだ。写真:山手琢也(山川)、田中研治(松井)

いよいよ3月26日からプロ野球ペナントレースが始まる。昨季は不振に終わった男たちも、今季は名誉挽回に燃えているはずだ。今回はパ・リーグで復活を目指す6人を取り上げよう。

■武田翔太(ソフトバンク)
 2017年にはWBC日本代表にも選ばれたが、右ヒジを手術して迎えた昨季はほぼ戦力になれず。今年のオープン戦では3先発で自責点1、15イニングで14三振と出色の投球を続けた。好調の要因はカーブへの原点回帰だ。近年はスライダーやフォークを増やしていたが、3月10日の巨人戦では77球のうちカーブを31球投じるなど手応えを深めている。千賀滉大や東浜巨が開幕から出遅れる状況で、打者を翻弄するピッチングは蘇るか。
 ■荻野貴司(ロッテ)
 快足のリードオフマンが元気だと、チームも活気づいて見える。3月6日の西武戦で初回に先制弾を叩き込むなど、オープン戦では打率.303で2ホーマー。慣れたセンターではなくレフトでの出場だったがしっかりと結果を残した。19年に初の規定打席到達で打率3割超え。昨季も1番を任されたが、右足の負傷と復帰後の新型コロナウイルス感染により出場が激減。離脱期間中、チームは1番を固定しきれなかった。藤原恭大や和田康士朗ら若手の台頭は「競争が激しいのはチームにとっていい悩み」と歓迎しながらも、まだまだ負けるつもりはない。

■山川穂高(西武)
 18年からの2年間で計90本塁打を積み上げ、2年連続でキングに輝いた和製大砲が昨季は24本。月ごとに打率は落ち込み、右足首の負傷もあって規定打席到達者ワーストの打率.205に沈んだ。確実性も追い求めて左足をすり足気味にするフォームに取り組んでいたが、今年は左足を高く上げるフォームに回帰。するとオープン戦では3月4日の対日本ハム戦で広い札幌ドームをものともせずにバックスクリーン弾、19日のDeNA戦では顔の高さに浮いたボールもセンターの頭上を越える一発に変えてしまうなど大暴れ。当初は封印すると公言していた“どすこい”パフォーマンスも解禁した。リーグ連覇時にチームの中心にいた主砲に、屈託のない明るい表情が取り戻りつつある。
 ■松井裕樹(楽天)
 豪華絢爛な先発陣が作った試合を、最後は松井が締める。今年はそんな場面が多く見られそうだ。19年に防御率1.94でリーグ最多の38セーブを挙げたが、昨季は先発に転向。ゲームメイクを意識したためか、持ち前の打者を威圧する躍動感は鳴りを潜め、終盤はブルペンに戻った。それでも、先発挑戦を無駄にはしない。長いイニングを投げて学んだ配球を生かし、現役時代は同じ左腕だった石井一久監督もアドバイスを受けながら、今季は複数イニングもいとわない覚悟。13年に続く球団2度目のリーグ優勝や日本一の瞬間に、胴上げ投手として立ち会うことができるだろうか。

■西川遥輝(日本ハム)
 昨季は自身2度目の打率3割超えに加え、OPS.825はキャリアハイ。リーグ2位の42盗塁も併せて攻撃面では自己最高ともいえる成績を残し、本来なら復活を目指す立場ではない。だが、オフにはポスティングによるメジャー移籍を目指したが満足なオファーは届かず、「人生で味わったことがない挫折」を感じさせられた。気持ちの切り替えができていないと本音を語ったオープン戦では、打率.154と低調。ただ、順調なら今季中に海外FA権を取得する。より良い成績を残せれば、MLB再挑戦に踏み切ることもできる。一軍での実働10年目に集大成と言える成績を残し、雪辱を果たしたい。
 ■山岡泰輔(オリックス)
 昨季は開幕2登板目で脇腹を痛めて降板。2ヵ月近くも戦線離脱を余儀なくされ、プロ入り初の規定投球回割れとなった。リハビリ中は胃腸炎により体重が8キロも落ちたため、オフは地元広島名物のもみじ饅頭を食べまくって増量。モイネロ(ソフトバンク)を参考にナックルカーブを磨き、19年のプレミア12でチームメイトだった大野雄大(中日)からも2シームを学ぶなど、レパートリーも増やした。過去2年連続で務めた開幕投手は山本由伸に譲るが、オープン戦は3先発で1失点と仕上がりは順調。ほとんどのチームが格落ちする先発3番手のポジションで、19年の最高勝率投手が勝ち星を稼げば、チームの浮上も見えてくる。

文●藤原彬

著者プロフィール
ふじわら・あきら/1984年生まれ。『SLUGGER』編集部に2014年から3年在籍し、現在はユーティリティとして編集・執筆・校正に携わる。ツイッターIDは@Struggler_AKIRA。
 

関連記事(外部サイト)