開幕戦は接戦ばかりの好ゲーム! “元巨人”の田中俊太が躍動するも、代打・亀井善行が劇的なサヨナラ弾!その裏でオリックスは開幕戦10連敗

開幕戦は接戦ばかりの好ゲーム! “元巨人”の田中俊太が躍動するも、代打・亀井善行が劇的なサヨナラ弾!その裏でオリックスは開幕戦10連敗

開幕から好試合連発! 巨人対DeNA戦では田中(左上)が大活躍しながらも、最後は亀井(右上)がもっていった。山本の好投むなしくオリックスは球団ワースト記録更新に。柳田(右下)の一発などでソフトバンクは大勝した。写真:THE DIGEST写真部

3月26日、ついに幕を開けた2021年プロ野球。全12球団ファンが待ち望んだ開幕戦は果たしてどんな結果になったのか。143試合の初陣は悲喜こもごもの内容に?

【パ・リーグ】
・楽天8−2日本ハム(楽天生命パーク)
[勝]涌井 [敗]上沢 [本]楽:辰巳(1回裏)

 16時開始の“ひと足早い”プレーボールとなった一戦は、1回裏に先頭打者の辰巳涼介が史上5度目となる「開幕戦初球先頭打者ホームラン」でゴングを鳴らした。以降も昨季両リーグ最多得点をマークした楽天打線は相手先発の上沢直之を捉え、5回に一挙4得点。田中和基を除く先発8人がヒットを記録したが、その田中は3回表にライトからのレーザービームで相手の得点を阻止しており、全員に見せ場があったと言えるだろう。日本ハム打線はミスに乗じて8回に2点を返したが、それが精いっぱいだった。
 ・西武4−3オリックス(メットライフドーム)
[勝]橋 [敗]山本 [本]オ:吉田(6回表)、頓宮(7回表)/西:森(3回裏)

 世代交代への“代償”、と言えるかもしれない。日本屈指の好投手・山本由伸を“山賊打線”がいかに攻略するのかがテーマだったが、結果は西武が山本との8度目の対戦で初の4得点以上をマーク。

 オリックスは二塁に3年目・20歳の太田椋、遊撃に2年目・19歳の紅林弘太郎という将来楽しみな二人を起用。しかし、初回に両者ともまずい守備で2点を献上してしまう。3回の森友哉の本塁打後に紅林がこの日2回目の失策。打線は吉田正尚と頓宮裕真が好調だった橋光成からソロアーチを放ち、8回に太田&紅林の安打をきっかけに1点差まで詰め寄ったが、今年も最後のホームが遠かった。未来に向けた投資とはいえ、開幕戦はこれで球団ワーストの10連敗となっている。

・ソフトバンク8−2ロッテ(PayPayドーム)
[勝]石川 [敗]二木 [本]ロ:マーティン(6回表)、吉田(9回表)/ソ:今宮(1回裏)、周東(3回裏)、柳田(6回裏)、甲斐(7回裏)

 日本一4連覇中の絶対王者が電光石火の攻撃で試合を優位にもってきた。初回、“世界の盗塁王”、周東佑京がヒットで出塁すると、2番・今宮健太が初球を左翼席へ運んで2点を先制。3回には周東、6回には柳田も一発を放ち、ソフトバンクは1〜3番の一発攻勢で効果的に得点を重ねていく。対するロッテは5回と6回に満塁のチャンスを作ったものの、昨季の投手二冠王・石川柊太の前に一本が出なかった。昨年のクライマックス・シリーズでも満塁で打てずに敗れたが、あの敗戦を彷彿とさせるような展開となってしまった。
 【セ・リーグ】
・巨人8x−7DeNA(東京ドーム)
[勝]中川[敗]三嶋[本]巨:大城(3回裏)、亀井(9回裏)

 見事な「恩返し」を見せた形だ。1回裏、DeNA先発の濱口が課題の制球難を露呈して3四球を与えるなど3失点。昨季のセ・リーグMVP、菅野智之には完全なセーフティリードかに思えたが直後の2回表、FA人的補償で巨人から移った田中俊太の犠飛や押し出し四球で2点を失う。さらに3回、田中は高校・大学の先輩だった菅野から同点タイムリーで試合を振り出しに戻した。

 しかしまたもその裏、2四球を出した濱口から大城卓三が起死回生の3ランを放って突き放しに成功。試合はそのまま終わるかと思いきや、7回2死満塁の場面でまたも田中が2点適時打を見舞って1点差。さらに9回2死からここでも2点タイムリーで、またも同点に戻す。

“主役・田中”――誰もがそう思った瞬間、巨人は代打に送った亀井善行が特大のサヨナラ本塁打を叩き込む劇的な勝利。3連覇を目指すチームの底力を感じさせた。
 ・広島6−7中日(マツダスタジアム)
[勝]藤嶋[敗]ケムナ[S]祖父江[本]中:ビシエド(8回表)/広:西川(1回裏)

 一つのプレーが大きく試合を分けた。広島は初回に西川龍馬が2ラン、2回には菊池涼介のタイムリーで幸先よく4得点。大瀬良大地は根尾昂にヒットを許したものの、7回まで無失点と素晴らしい出来だった。しかし、8回に悪夢が。1死満塁から阿部寿樹がレフト前に適時打を打って1点……かと思いきや、ここで松山竜平がまさかの後逸で2失点。広島ベンチはここで大瀬良を降ろすも、3番手に回ったケムナ誠が竜の4番・ビシエドに痛恨の2ランを被弾して一気に逆転を許す。

 中日はその裏、昨季の最優秀中継ぎ・福敬登をマウンドに送るが、ヒットと四球で無死一、二塁とまさかの乱調模様。迎えるは直前に守備でミスをした松山。名誉挽回といきたかったが、ここで併殺打と反撃ムードが途絶えてしまう。中日は9回に根尾の四球をきっかけに追加点を挙げると、迫る広島をどうにか振り切って逆転勝利を収めた。

・ヤクルト3−4阪神(神宮球場)
[勝]加治屋[敗]清水[S]スアレス[本]サンズ2(4回表、8回表)

 両軍ともに8安打、1点を争う好ゲームが展開された。先制したのは阪神だ。2回表、オープン戦新人記録の6本塁打を放った佐藤がレフト方向に犠牲フライを放ち、阪神の今季初得点をマーク。4回にはサンズが特大の一発、6回は4番・大山悠輔がタイムリーと効果的に藤浪晋太郎へ援護を送ったが、守備の乱れもあったとはいえ5四球や暴投などでピリッとせず。7回裏、ヤクルトは塩見泰隆の適時三塁打で3対3に追いついて見せた。

 沸き立つ神宮。しかしその直後の8回、“ハッピーハンズ”、サンズがこの日2本目のソロアーチで阪神は三度勝ち越しに成功する。最後は自慢のブルペン陣がゼロに抑え、4番手の加治屋蓮が移籍後初勝利を手にしたのだった。

構成●THE DIGEST編集部
 

関連記事(外部サイト)