「スプリットは手が付けられない」6四球7Kで未勝利の大谷翔平に敵将は脱帽!「あれだけ歩かせて抑えるとは…」

「スプリットは手が付けられない」6四球7Kで未勝利の大谷翔平に敵将は脱帽!「あれだけ歩かせて抑えるとは…」

本人は不満げだった今季2登板目。だが、大谷のピッチングに敵将は賛辞を贈った。(C) Getty Images

本人が「(制球力は)100満点中0点です」と語ったように、決して褒められたピッチング内容ではなかった。

 現地時間4月20日、ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は、本拠地で行なわれたテキサス・レンジャーズ戦に先発登板。2018年5月20日のタンパベイ・レイズ戦以来1066日ぶりの勝利を目指したが、4回を投げきって降板した。

 この日の大谷は荒れた。先頭打者を打ち取ってから3者連続四球で自ら満塁のピンチを招いた初回、それ以降も毎回四球を出して走者を出す苦しい展開が続き、四死球は7つも出した。

 それでも要所で伝家の宝刀”スプリットを多投し、レンジャーズ打線から7つの奪三振を稼いだ。終わってみれば、無失点でマウンドを降りている。

 75球前後という球数制限下での制球難は、やはり反省材料だと言えるが、安定して150キロ後半のストレートと切れ味鋭いスプリットを放った大谷に、敵将は脱帽した様子だ。試合後、レンジャーズの指揮官クリス・ウッドワードは、「やっぱり彼はエリートだったよ」と賛辞を贈った。

「優れた速球とスプリッターを持っていて、我々に対してはタフなピッチングだったね。外角低めの速球の後に、手が着けられないスプリッターを投げてきたからお手上げさ」

【動画】敵将が脱帽した146キロの高速スプリット! 大谷翔平の奪三振シーンはこちら さらに「間違いなくさらなるエリートになれる男だ」と絶賛したウッドワード監督は、自らの分析も口にしている。

「我々のバッターたちもかなり良かったとは思う。ただ、あれだけ打者を歩かせて抑えるとはね……。かなりのチャンスはあったと思うが、オオタニは大事なところで質の高い投球をしていた。要所を締めたあたりは流石だし、効果的だったと思う」

 敵将が褒めざるをえないポテンシャルの高さを見せつけた大谷。それだけに白星という目に見える結果を、いち早く掴みたいところだ。

構成●THE DIGEST編集部

関連記事(外部サイト)

×