大谷翔平に付きまとう疑問「二刀流はいつまで続けられるか」を米紙が検証! 専門家やNPB投手の見解は?

大谷翔平に付きまとう疑問「二刀流はいつまで続けられるか」を米紙が検証! 専門家やNPB投手の見解は?

あのベーブ・ルースとも比べられるようになった大谷だが、ここ2年にわたって怪我に苦しんでいた影響からコンディションへの懸念は常に付きまとう。(C)Getty Images

大谷翔平の勢いが止まらない。

 打者としてはいずれも印象深い14本の本塁打を放ってランキングトップを独走し、長打率、打点数でもここまで際立った数字を記録。走力でも抜きんでた力を示す26歳は、さらに投手としてMLBの歴史に新たな1ページを加える「リアル二刀流」において、最高速162キロを計測し、先発5試合で防御率2.10、奪三振数40、奪三振率14.03は、規定未満ながらも、いずれもトップクラスの数値だ。
【動画】驚異的なセンター後方への特大アーチ! 大谷翔平の最新ホームランはこちら

 これに加え、先発降板後に右翼手として守備につくという驚きのユーティリティーぶりを披露した大谷だが、常にフィールドに立ち続ける彼には、当然ながらコンディションやフィジカル面での不安が付きまとい、「二刀流はいつまで続けられるのか?」という議論に繋がっている。

 アメリカの日刊紙『USA TODAY』は、「オオタニが今後も傷つくことなく、前例のない仕事を維持するにはどうすれば良いのか?」を検証。元投手でMLBのコーチも務めたバイオメカニクスの専門家トム・ハウス氏の見解とともに分析している。

 この記事で、ハウス氏は、大谷の投打を両立させるうえで「エンジェルスが素晴らしい仕事をした」と称賛しながら、「打撃での身体にかかる負荷を理解することで、日々、投球の準備をしながら打者として競争に臨み、5日ごとに先発投手としてマウンドに立ち続けることができる」と指摘している。
  また、米国スポーツ医学研究所のリサーチディレクター、グレン・フライジグ氏は、マウンドに立たない大谷が指名打者として打撃に専念していることは、「ランニング量の減少と、腕の負傷に繋がる可能性がある倦怠感を軽減させる」ためにも正しい判断と語っている。

 さらに変化球を多用する投手に比べ、速球を主武器とする投手の場合は、より腕へのストレスが増加するが、フライジグ氏によると「エンジェルスが積極的に生体力学の専門知識を取り入れている」として、この不安を解消しているという。

 元メジャーリーガーで、自身もリリーフ投手と打者を兼ねていたブルックス・キーシュニックは大谷について「右腕に多くの負担がかかるだろうが、彼は自分の身体のことを良く知っており、丸1日何もしない日を設けるなどして、長い期間、二刀流を続けられる」と、経験に基づいて意見を述べている。 同紙は、さらに日本の野球が投手を酷使する“文化”があるとも指摘し、大谷が渡米前にその被害を受けている可能性を危惧した。

 しかし、NPB歴の長いデニス・サファテ(現・福岡ソフトバンクホークス)の「北海道日本ハムファイターズは、彼をしっかり休ませ、保護するために良い仕事をした」というコメントが、これを否定。ただ、NPB通算234セーブを成し遂げた40歳の名投手は「ある時点で、オオタニは(投手か打者の)どちらかを選ばなければならないと思う」とも語っている。
  サファテの持論に、前述のハウス氏は、大谷の「投打のメカニズムの効率が良い」との理由で「二者択一は必要ない」と分析しつつ、唯一「右肘への負担」を指摘。それは投球ではなく、打撃の際に生じるもので、スイングをしっかりと両手でフィニッシュするのが望ましいという。

 これらのケアがなされれば「(二刀流継続が)不可能な理由がない」とのハウス氏の言葉で記事は締められている。実現するための困難を乗り越えた大谷とエンジェルスは、これを持続するうえでも世界に驚きを提供できるか。

構成●THE DIGEST編集部
【PHOTO】イチロー、松井秀喜、大谷翔平…MLBで活躍した歴代日本人選手を厳選ショットで一挙紹介!

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?