「どこからあのパワーが生まれるのか…」大谷翔平と本塁打王を争う、アスレティックス主砲も怪力に驚愕!

「どこからあのパワーが生まれるのか…」大谷翔平と本塁打王を争う、アスレティックス主砲も怪力に驚愕!

今季の本塁打王で熾烈なバトルをしている大谷(左)とオルソン(右)。球界屈指のスラッガーも、そのパワーには驚きが隠せないようだ。(C)Getty Images

現地時間6月15日、ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は、敵地で行なわれたオークランド・アスレティックス戦に「2番・DH」で先発出場。チームは4対6で敗れたものの、8回の第4打席に6試合ぶりとのソロアーチを叩き込んだ。

 ここ数日はインターリーグ(日本でいう交流戦)の試合も多く、またその間に本塁打王争いを演じていたブラディミール・ゲレーロJr.が4戦連発を記録するなど22号まで数字を伸ばしており、やや差を付けられてしまった。しかし、今季18号はメジャー全体3位タイ、ア・リーグ2位タイであり、シーズンもこれからを考えると、十分に追い越すことも可能だろう。

 そして、大谷と並ぶ18号を記録しているのが、この日対戦したアスレティックスの左の大砲、マット・オルソンだ。豪快なアッパースウィングから圧巻のパワーを誇るオルソンは、実質1年目の2017年にわずか59試合で24本塁打をマーク。翌18年は29発、19年にはリーグ7位の36本を放っただけでなく、2年連続でゴールドグラブ受賞と一塁守備も抜群である。

 そんなオルソンに以前、大谷の印象について訊ねると、こんな話をしてくれた。まずはピッチングについてだ。
 「投手としてのオオタニは、自分が今まで対戦した中でも、かなり素晴らしいレベルだ。99マイルの4シームに、僕がこれまで見た中で、おそらく最高のスプリッターを投げる」

 実際、オルソンは投手・大谷と過去10回対戦しているが、押し出し四球と先日の対戦で犠飛を記録してはいるものの、いまだノーヒット。その間に5つの三振を奪われるなど苦手にしている。では、“同じ”左打者として、バッティングはどう映っているのだろうか。

「打者としては、どこからあのパワーが生まれてくるのか分からない。特に左中間からセンター方向への打球が伸びるね。間違いなく、特別な選手だよ」

 球界きっての長距離砲をしても、大谷の持つパワーは相当に強烈なようだ。15日の18号は完璧に引っ張っての弾丸ライナーだったが、アスレティックス戦での通算9本塁打のうち7本はセンターから左方向に飛んでおり、確かにオルソンの言う“逆方向”にホームランを叩き込んでいるのである。

 同じア・リーグ西地区で鎬を削る大谷とオルソン。彼らがその持てるパワーをフルに発揮していけば、本塁打王争いもより熾烈なものになるはずだ。果たして最後に、どちらが多くのホームランを打っているだろうか。今から目が離せない。

構成●THE DIGEST編集部

【動画】大谷翔平、超弾丸ライナーで18号! “ライバル”のオルソンに追いついた

関連記事(外部サイト)