大谷翔平、メジャートップタイの26号は自己最速の“189キロ弾”!チームは先発投手が熱中症で緊急降板も2連勝

大谷翔平、メジャートップタイの26号は自己最速の“189キロ弾”!チームは先発投手が熱中症で緊急降板も2連勝

打った直後に打球を見上げ、確信したようにゆっくりと歩き出した大谷。5月に放った自身の球団自己最速記録を更新する弾丸ライナーの一発だった。(C)Getty Images

ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は現地時間6月28日、敵地ヤンキー・スタジアムで行われたニューヨーク・ヤンキース戦に「2番・DH」で先発出場。第1打席でメジャートップタイに並ぶ26号を放った。チームも5対3で勝利した。

 初回、フルカウントからの5球目、インローのカーブを捉えた大谷は、打った瞬間に“確信歩き”。自己最速となる117.2マイル(約188.6キロ)打球をライトスタンド中段に運び、メジャートップタイに並んだ。また、これはヤンキー・スタジアムでの初安打&初アーチでもあった。
  大谷は続く3回の第2打席でもフルスウィング。カウント3−0から真ん中に入ったシンカーをすくい上げたものの、これは上がりすぎてセンターフライとなった。第3、第4打席は連続三振に倒れ、9回の第5打席もファーストゴロに終わり、メジャー単独トップの27号はお預けとなった。

 エンジェルスは先発のディラン・バンディが2失点。しかも2回途中で熱中症により嘔吐し、緊急降板するというトラブルがあったものの、続いてマウンドに上がったホゼ・スアレスが5.1回を2安打1失点と好投。打線も大谷の先制本塁打を皮切りに5点を挙げて勝利し、前日のレイズ戦に続き2連勝となった。

構成●SLUGGER編集部

【PHOTO】ついに覚醒! 世界に衝撃を与える大谷翔平。日本代表や高校時代の秘蔵ショットも大公開!
 

関連記事(外部サイト)