【氏原英明の本音で勝負!】出場激減で成長の機会を奪われた根尾昂。一貫性に欠ける中日首脳陣の方針<SLUGGER>

【氏原英明の本音で勝負!】出場激減で成長の機会を奪われた根尾昂。一貫性に欠ける中日首脳陣の方針<SLUGGER>

初の開幕一軍入りを果たした根尾だが、最近は出場機会が激減してしまっている。写真:滝川敏之

これが、中日の将来を担うと言われたスーパースター候補に与える役回りなのか。
 
 2018年、今から3年前のドラフトで、中日はヤクルト、日本ハム、巨人との競合を制して大阪桐蔭の根尾昂の交渉権を引き当てた。当時、監督に就任したばかりだった与田剛は直後の会見で「ドラゴンズの関係者すべてと言っていいほど、獲得したい意識がありました。その思いをうまくつなげられたのが一番良かったかなと思います」と語った。

 今、その根尾はどうしているか。一軍のレギュラーでもなければ、ファームで英才教育を受けているわけでもない。最近はスタメンを外れ、代打や守備固めでの出場が多くなっている。それも、甲子園の舞台で華麗に躍動した当時と別のポジションで。

 根尾の将来が不安で仕方がない。

 打率が2割に遠く満たない状態であることもさることながら、それ以上に心配されるのが、出場機会がほとんどないことだ。可能な限り多くの経験を積むべき年齢の時に、その時間をもらえていない。

 他球団を見渡すと、根尾の本来のポジションであるショートに若手が台頭しつつある。紅林弘太郎(オリックス)、小園海斗(広島)などだ。彼らと根尾の出場機会を比較すると、大きな差が浮かび上がってくる。
  開幕スタメンを勝ち取った紅林は、6月30日時点で71試合に出場して、打率.230、5本塁打をマークしている。以前のコラムでも書いたが、西武との開幕戦では初回にいきなり失策から始まったが、それでも中嶋聡監督がしぶとく起用を続けてきた。一時は打率も1割台と低迷していたが、下位打線からチャンスメークするなど最近は着実に戦力になりつつある。

 一方、開幕二軍スタートだった小園も着実に成長を遂げている。4月22日に一軍へ昇格した時は結果を残せなかったが、チームがコロナ禍に見舞われた6月上旬に再昇格すると、3割以上の打率をキープ。今では3番を任されている。

 オリックス、広島に共通するのは「将来の期待度」を「出場機会」に置き換えているところだ。

 3年目で初の開幕一軍入りを手にした根尾も、最初の2か月間は出場機会を多く得ていた。しかし、6月は加藤翔平がトレードで加入したこともあり、出場15試合でわずか19回しか打席に立っていない。結果を残せていないから打席数が少ない。理屈はそれで通るが、ではなぜ一軍に置いておくのか。結果を残せないのは技術が不足しているからで、それならばファームで研鑽を積むべきだろう。
  中日首脳陣の育成方針には、オリックスの中嶋監督のような粘り強い起用もなければ、広島のように結果が出なければ二軍、出れば一軍という明快さもない。

 今、根尾が失っているのは、一軍・二軍を問わず打席での経験だ。各チームの他のプロスペクト(若手有望株)と比較しても、その差は顕著になりつつある。

 たとえば、楽天の黒川史陽は一軍で66打席、二軍では132打席を経験していて、二軍では打率は.353をマークしている。彼も小園と同じように開幕は二軍スタート。4月中旬に一軍に昇格したが、結果を残せず5月19日に降格、30日にまた昇格して、その後は一軍にとどまっている。

 2019年夏、履正社高が全国制覇を果たした時の主砲・小深田大地(DeNA)はファームで191打席を経験している。同じくDeNAで19年のドラフト1位指名で入団したショートストップの森敬斗は257打席に立っている。

 そもそも、今年のキャンプがスタートした時点での根尾のチャレンジは「京田陽太との正遊撃手争いに勝つ」ことだった。しかし、守備の安定感で上回る京田に敗れた。それなら、ファームで守備を鍛え直しても良かったはずだが、首脳陣は一軍での外野起用を選択。打席での非凡なセンスに価値を見出したからだろう。5月4日のDeNA戦では、プロ初本塁打を満塁アーチで飾った。
  だが、調子を落とすとベンチを温めるようになった。

 与田采配の辻褄が合わないのは、京田と競わせながら敗北したにもかかわらず、一軍に起き続けている上、期待しているはずの打席数を経験させていないところだ。

 野球選手を成長させるのは、記憶力と2つの“そうぞう力”だ。“そうぞう”とは「想像」と「創造」のことである。

 選手が成長していく上で重要になるのは、「打てた」「打てなかった」という記憶だ。その記憶をもとに課題を自らに課し、どのように打てるようになっていくかを「想像」して、打者としてのイメージを「創造」するのだ。

 記憶があって反省が生まれ、そこから人は成長していく。

 しかし、今の根尾は最初の部分が圧倒的に欠けている。打席に立つこと自体が少ないので、反省も、そこから自分をどう作り上げていくかのイメージもできない。成長過程を踏んでいくべき時に、この経験数の少なさは将来への不安を増すことにしかならない。

「彼がこれまで培ってきたことと、プロに入ってまったく違うことをさせてしまうのは良くないと思います。(彼がどのポジションをやるか)本人の意思を尊重したいと思っています。根尾くんが一番、プロ野球で活躍できる"適所"というのをわれわれは探していかなければいけない」

 ドラフト直後に語っていたこの言葉を、与田監督はもう一度振り返ってみるべきではないだろうか。

取材・文●氏原英明(ベースボールジャーナリスト)

【著者プロフィール】
うじはら・ひであき/1977年生まれ。日本のプロ・アマを取材するベースボールジャーナリスト。『スラッガー』をはじめ、数々のウェブ媒体などでも活躍を続ける。近著に『甲子園という病』(新潮社)、『メジャーをかなえた雄星ノート』(文藝春秋社)では監修を務めた。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?