「スペシャルな選手だ!」大谷翔平“ゴジラ”超え32号HRにマッドン監督がご満悦!「後半戦で何をするのか…」

「スペシャルな選手だ!」大谷翔平“ゴジラ”超え32号HRにマッドン監督がご満悦!「後半戦で何をするのか…」

直前の自打球にも同様なし。大谷は渾身の一振りで右翼スタンドに入れた。(C)Getty Images

現地時間7月7日、ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平が、本拠地で開催されたボストン・レッドソックス戦に「2番・DH」でスタメン出場。5回に勝ち越しの32号本塁打をマークし、チームの勝利に貢献した。

【PHOTO】世界が驚嘆する偉才・大谷翔平のキャリアを厳選ショットで一挙公開!花巻東、日ハム、エンジェルスでの活躍を振り返る

 相手先発のエデュアルド・ロドリゲスと勝負した第1打席は、左前打で2点を奪う先制劇を演出するも、続く第2打席は空振り三振。5回先頭打者として3度目の打順を迎えると、7球目の内角に投じられたチェンジアップを完璧なタイミングで捉え、打球を右翼スタンドへ運んだ。ここまで81試合で早くも32本目の本塁打を記録した大谷は、松井秀喜が2004年にシーズンを通して記録した日本人最多記録を塗り替えた。

 今季“二刀流”として絶好調の27歳の活躍を、エンジェルスを指揮するジョー・マッドン監督も楽しんでいる様子だ。試合後の会見では、「我々はスペシャルな野球選手について話している。彼が後半戦で何をするのか非常に気になる」と胸を膨らませている。
  負傷者リスト(IL)で現在戦列から離れているチームの主砲マイク・トラウトが、オールスター明けの復帰を予定している。マッドン監督は、この2人の相乗効果に期待しているようだ。

「マイク(・トラウト)も戻ってくるからね。十分に説明できないけど、オオタニが多くのホームランを打てているのは、ストライクゾーンの見極める新しい能力を手にしたからだと思う。そしてトラウトが復帰すれば、プロテクションがより強化されるはずだ」

 現在60本ペースでホームランを量産する大谷は、両リーグのホームラン数で2位のブラディミール・ゲレーロJr.(トロント・ブルージェイズ)と4本差をつけトップを独走している。トラウトの復帰後も、この勢いを継続することを望まずにはいられない。

構成●THE DIGEST編集部 

【動画】「スペシャルな選手」と指揮官も称す!“ゴジラ”超えの32号を放つ大谷の姿
 

関連記事(外部サイト)