TJ手術を経てつかんだ重剛一体の新スウィング――岩村明憲が見た大谷翔平ホームラン量産の理由<SLUGGER>

TJ手術を経てつかんだ重剛一体の新スウィング――岩村明憲が見た大谷翔平ホームラン量産の理由<SLUGGER>

両リーグトップの本塁打数を放っている大谷。メジャー経験者である岩村氏の目に、そのパワーの源泉はどこから生まれたのか訊いてみた。(C)Getty Images

大谷翔平(エンジェルス)が、日本人選手としてはかつてない勢いで本塁打を量産している。このままいけば、アジア人史上初のホームラン王獲得も決して夢ではない。なぜ、大谷はメジャーの大舞台でこれだけ打てるのか。日本では大谷と同じ左のスラッガーとして活躍した元メジャーリーガー、岩村明憲氏に大谷の凄さについて話を聞いた。

――まず、昨年までの大谷選手についてお伺いします。岩村さんは昨年までの打者・大谷をどのように見ていましたか?

 メジャー1年目(2018年)から見ていて、特にメジャーはタイミングの取り方が難しいと本人は感じたんじゃないかなと思っていました。昨年まではそれに対して試行錯誤している部分がありました。

 ただ、一昨年にピッチングの方でヒジを怪我をしてしまったことで、打撃についてもヒジの状態と相談になっていたと思うんですよね。むしろバッティングは、ピッチングができない悔しさであったり、何かしら「チームに貢献にしたい」という思いを発散する場所、気分転換をする場所になっていたと感じていました。

【動画】月まで行った超特大アーチ! マリナーズ戦で放った大谷の最新HRはこちら
 ――試行錯誤というのは、具体的にどのようなことでしょうか?

 1年目から、大谷選手はいろんなタイミングの取り方で対応しようとしていました。足を上げたり、ノーステップになったり、その後はまた足を上げて打つようになったり……。いろいろ本人の中でタイミングの取り方を工夫している姿が垣間見られましたよね。今年はそれに加えて、下半身主導、つまり足でしっかりタイミングを取って、フィニッシュの瞬間までしっかりパワーを下から伝える連動ができていると特に感じます。

――下半身と言えば、大谷選手は今年、ウェイト・トレーニングで下半身を鍛えたと言われています。前年はヒザの故障などでトレーニングができなかったようですが、やはりバッティングにおいては、下半身やヒザの果たす役割は重要ということでしょうか?

 そうですね。ヒザも含めた「ジョイント」と言われる関節部分の痛みは、バッティングだけでなく、スポーツ動作を行なう上ですごく大きな役割を果たします。そういうところに痛みがあると、やはりプレーに集中できない面はあると思います。

 なので、19年に左ヒザの手術をしたことだけでなく、18年にトミー・ジョン手術を受けたことによって、全身をリハビリで鍛え直すことができたというのは、手術の副産物と言えるんじゃないでしょうか。通常、トミー・ジョン手術は投球にのみ寄与するものと思われがちですが、実は大谷選手の場合、バッティングにも寄与しているということですね。
 ――データを見ると、大谷選手は今年、打球に明らかに角度がついている一方、三振率も上がっています。三振を恐れずフルスウィング、かつスウィングがアッパーになっているというようなことが、ホームラン増加に寄与しているのでしょうか?

 僕は、特にスウィングがアッパーになっているとは感じてはいないんですよ。もともと大谷選手は、構えからトップに入るところも、グリップエンドも比較的高い位置にあるんですけど、逆にそこからボールに対して、すごく鋭角に入っているんです。だからこそ、ボールにバックスピンがかけられて、センターにも強い打球がますます飛ぶようになったということだと思います。

 もともとセンターから左中間方向にもしっかり飛ばすことができますし、どの球場でもスタンドに入れられるだけの飛距離を持っています。運ぶ打ち方というよりも、飛ばす打ち方ですね。

 特に今年はボールの打球音も、まるで今までの鬱憤を晴らすかのような、聞いてて気持ちの良い音ばかりです。そこから考えると、今季はボールに伝わる力がより強くなった。そのため、これまで以上にボールにバックスピンをかけられるようになったからこそ、飛距離がこれまでよりも出るようになったということだと思います。
 ――そういった視点から見ると、岩村さんが特に印象に残っている本塁打はどれですか?

 14号ですね(5月18日の対インディアンス戦)。エンジェル・スタジアムのセンターの木の上に放り込んだ、あの一打です。「あれはすごいな」と。打った後のドヤ顔も含めて、見てて気持ちの良い打球というのは、こういうものなんだなと感じましたね。

――他にも、球団史上最速の打球速度で打った本塁打(15号。その後26号でも球団最速を再度更新)や、フェンウェイ・パークで打ったグリーンモンスター超え弾(11号)など、今季はいかにもホームランバッターらしい、魅せる一発が本当に多いですよね。

 そのバリエーションの豊富さも、一つは「対応できている」というところが大きいですよね。今は(マイク・)トラウト選手がいなくなって、今のオーダーを見ても、マークされているのは大谷選手と(ジャレッド・)ウォルシュ選手だけだと思うんです。今後もますますマークは厳しくなって、ピッチャーはいろんな球種、コース、高低を使ったりして何とか抑えてこようとする。

 でも、大谷選手はそれに対応していて、だからこそあれだけバリエーションが増えているんですね。フェンウェイ・パークの一打はバックドアのカーブ、ボール球を打ったもので、俗に言う打ち損じでもあるんですが、それでもあそこまで飛んでいくのが凄いですよね。
 ――今季、大谷選手は何本くらいホームランを打つと思いますか?

 今のペースなら、50本の大台は決して夢ではない数字になったと思います。しかしながら、連戦続きなので引き続き怪我には細心の注意を図らなければなりません。

 打つことだけなら、まさしくホームラン王争いも演じてくれると思うんですが、そこに投げることが加わると、僕たち野手では想像できないぐらい、登板翌日に疲労があると思うんです。今のところは疲れを感じさせない活躍をしてくれていますが、必ずどこかで疲労が溜まってパフォーマンスが落ちるということはあるので。

 なので僕は、自分の身体と正直にコミュニケーションをとりながら、試合に出る、出ないを選択してほしいなと思います。今の大谷選手には日本人だけでなく全世界のメジャーリーグファンも注目していますから。怪我でいなくなると、やはりみんな悲しくなるので。健康な状態で常に試合に出続けてほしいなと思いますね。

――健康な状態で試合に出続ける以外に大事なことはありますか?

 やっぱりいろんな投球を見て、それに対応していくことが大事ですね。バッティングはそうやって上手くなっていくものなので。今季、大谷選手はアウトコース低めのチェンジアップも、左中間方向にヒットが打てるようになっているんですね。

 パワーだけじゃなくて柔らかさが出てきている。こうした対応力を発揮していれば、そのうちホームランボールは勝手にやってきます。そうやって甘く入ってきた球を逃さずに打てれば、(ブラディミ−ル・)ゲレーロJr.(ブルージェイズ)のようなメジャーの強打者ともホームラン王を争えると思います。
 ――メジャーで本塁打王を争う日本人選手というのは、これまでにいませんでした。大谷選手とこれまでの日本人打者で、異なる点はどこでしょうか?

 三振を恐れるという教育を受けてきてない点ですね。日本特有のスモールベースボールには染まっていないというか。育った環境がすべてとは言わないですが、自分たちは先輩方から三振を減らせと言われることが多かったので。

 大谷選手があそこまでのスウィングができるのは、やはり一つの才能です。たとえば2ストライクまでのスウィングと、2ストライクになってからのスウィングは、普通は若干変わるんですが、大谷選手の場合はそれがあまりないですね。

 あとはやはり、恵まれた体格というのがすごく大きな要素です。今季はひとまわり大きくなったと言われてますけど、それ以前にも身長やリーチの長さが、他のメジャーリーガーにも引けを取らなかった。むしろ、大谷選手の方がより大きく見える場面も多かったです。体格の大きさはアドバンテージですよね。

――大谷選手が、これまでの日本人選手が到達できなかったところに到達していることの意義について、どうお考えですか?

 そもそも、比較対象が100年前のベーブ・ルースですからね。大谷選手の凄さは、比べられるところがそこにしかないということです。ベーブ・ルースといえば、僕らにしてみれば「歴史上の人物」ですよ。本や古い映像でしか見たことがないような存在と比較されるのは、 一言「すごい!」としか言いようがないです。

 もちろん、100マイルを投げるピッチャーがホームラン王を取るかもしれないという期待は、すごく大きなものがあると思います。僕たちは今、毎日歴史上でも稀なことを目撃できているんです。それはすごく嬉しいことですよね。

構成●SLUGGER編集部

【PHOTO】世界が驚嘆する偉才・大谷翔平のキャリアを厳選ショットで一挙公開!花巻東、日ハム、エンジェルスでの活躍を振り返る

 

関連記事(外部サイト)