「毎日のように珍プレー好プレーが生まれるところが好き」モーニング娘。牧野真莉愛が語る“MLBの愛し方”<SLUGGER>

「毎日のように珍プレー好プレーが生まれるところが好き」モーニング娘。牧野真莉愛が語る“MLBの愛し方”<SLUGGER>

芸能界No.1と言っても過言ではない“MLB好き芸能人”の牧野さん。日本でも注目集まるメジャーの楽しみ方とオールスターの見どころを教えてくれた。写真:徳原隆元

芸能界にも野球好きは数多くいるが、モーニング娘。'21の牧野真莉愛さんはその中でも一線を画する存在だ。北海道日本ハムの大ファンでありながら、メジャーリーグもこよなく愛している。

 しかも、その愛し方も"独特"。自身のブログでは、2017年の本塁打王アーロン・ジャッジ(ヤンキース)を中心にMLBネタだけで一本書き、またファンイベントではメジャーリーガーの物真似も披露することもある。大谷翔平(エンジェルス)の大活躍でMLBへの注目度が高まる中、『SLUGGER』で連載も持っている牧野さんならではの視点でMLBの魅力を語ってもらった。

――◆―――◆――

 メジャーリーグに興味を持ったきっかけは、私はファイターズファンなので、ダルビッシュ有投手(現パドレス)がメジャーに行ってから興味を持ちました。2017年にダルビッシュ・ミュージアムに行ったんですけど、ちょうどその年にダルビッシュ投手がドジャースに移籍して、ワールドシリーズにも進出したので、全試合をテレビで観戦してハマりました!

 そのシリーズでアストロズの選手もいっぱい知って、ホゼ・アルトゥーベとカルロス・コレアもかっこいいなって思いました。アルトゥーベは目がキラキラしている感じが好きで、コレアは優勝が決まった後にプロポーズして、「私もされてみたい!」って(笑)。
  ジャッジを好きになった理由は、18年のレッドソックス戦で大乱闘が起きた時に、味方を止めにいった姿を見てからです。タイラー・オースティンが相手投手に殴りかかった時に、ジャッジはライバル球団の相手投手をすぐに守りに行って、オースティンに『こっちに来るな!』って言ったんです! 紳士なところがいいなって思って、好きになりました。オースティンは今、DeNAでプレーしていますけど、私の恋のキューピッドなので、挨拶に行きたいんですよ(笑)。

 あと、1年前くらいからなんですけど、フェルナンド・タティースJr.(パドレス)がカッコいいです! ハッキリ言ってタイプです(笑)。ダルビッシュ投手が今年からパドレスに移籍して試合を見ることも増えて。顔もタイプなんですけど、チャラチャラしているように見えるんだけど多分そうじゃない感じがまた好きなんです! 派手だけど嫌な派手さじゃないんです。スタイルもめちゃくちゃいいですよね。ちなみにお母さんの名前がマリアで私と同じなんです(笑)。

 この間のファインプレーも本当にすごいです(7月5日のナショナルズ戦)! 誰にもできないようなことをやってのける感じがスターだなって。相手のタッチをかわす走塁もすごいですし、どうやったらこんな動きができるんだろうなぁ。

【動画】空中で2回ジャンプ! 牧野真莉愛も“惚れ惚れ”するタティースJr.のスーパープレーがこちら 他に気になる選手は……最近だったら、ブレット・フィリップス(レイズ)です。去年のプレーオフでフリップを使って選手に変な指示を送るのも面白かったですし、この間はダグアウトで変な投球練習したり、マウンドまですごい勢いで走って行ったり。なんかコメディアンみたいだなって(笑)。

 オールスターには“私の”ジャッジにタティースJr.、それに大谷翔平(エンジェルス)選手も出るんですけど、やっぱりクアーズ・フィールドに注目したいです! ホームランがバンバン出ると思うので(編集部注:標高1600mの高さにある影響で気圧が低く、"打者天国"と言われている)、そのスケール感を見てほしいです。
  改めて私にとってのメジャーリーグの魅力を言うと、30チームもあるからかもしれませんが、本当に毎日のように珍プレー好プレーがたくさん生まれるところですね。今年のヤンキースだったら、まだ前半戦なのに3回もトリプルプレーが出てるんです! なかなか日本だとないですよね。球場に猫とかが"乱入"してくるのも面白いなぁって。

 あと、プレーも派手ですが、髪型がすごい選手もいっぱいいます。タティースJr.は金のドレッドみたいな感じですし、ライメル・タピア(ロッキーズ)やフランシスコ・リンドーア(メッツ)もすごいです(笑)。いろんな楽しみ方ができるのは、メジャーリーグの魅力だと思います!

【Profile】
牧野真莉愛/まきの・まりあ。2001年2月2日、愛知県生まれ。2014年に「モーニング娘。」12期メンバーとして加入。北海道日本ハムファイターズの大ファンとしても知られ、計5回の始球式に参加。2017年と19年には交流戦の広報大使を務めたこともある。今年4月22日のロッテ対日本ハム戦では、大田泰示が放ったホームランボールをキャッチして話題となった。
 

関連記事(外部サイト)