「皆でもぎとった勝利」稲葉監督の執念と坂本の粘り腰で劇的なサヨナラ勝ちを演出【東京五輪】

「皆でもぎとった勝利」稲葉監督の執念と坂本の粘り腰で劇的なサヨナラ勝ちを演出【東京五輪】

サヨナラを決めた坂本を手荒に祝福する侍ナイン。大会は上々の滑り出しとなった。(C)Getty Images

東京五輪の野球日本代表“侍ジャパン”が、劇的なサヨナラ勝ち(4対3)で大会白星スタートを切った。2点を追う9回に、打線がスクイズを挟む5安打で3得点を挙げて一気に逆転。稲葉篤紀監督が「皆の後ろにつなごう、最後まで諦めないという気持ちが、サヨナラにつながったと思います」と振り返る劇的な幕切れだった。

 開幕ゲーム白星へ執念を見せた。7回に2点を先制された直後に1点を返し、8回には同点のホームを狙った二塁走者が外野からの送球でタッチアウト。際どいタイミングでリプレー検証を要求したが判定は覆らず、コリジョンプレーもアピールしたが認められなかった。

 意気消沈してもおかしくない状況だったが、最終回の攻撃で打線がつながった。村上宗隆(ヤクルト)のライト前タイムリーでまずは1点差とすると、なおも指揮官は「どうしても同点に追いつきたかった」場面で、三塁走者を近藤健介(日本ハム)から俊足の源田壮亮(西武)に交代。甲斐拓也(ソフトバンク)が偽装スクイズのサインを出した初球こそ空振るも、2球目に一塁線へのバントをきっちり決めて、試合を3対3の振り出しに戻した。
  そして、1死満塁で坂本勇人(巨人)に打席が巡る。打線は先発のメルセデス(巨人)を打ちあぐねて「序盤は重い雰囲気で進んでいる」と感じていたが、「最高の形で皆がつないでくれたので。サードランナーを返したいという気持ちだけ」でセンターの頭上を越えるサヨナラ打を放った。

 殊勲者・坂本の「皆でもぎとった勝利だと思います」という気持ちは、チームの誰もが共有する思いだろう。土俵際で粘り腰を発揮した侍ジャパンが、一丸となってまずは1勝を掴んだ。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】いざ、金メダル獲得へ!侍ジャパン24名を激選ショットで一挙紹介!
 

関連記事(外部サイト)