「特別な才能の持ち主だ」7勝目を挙げた大谷翔平を“女房役”カート・スズキはどう見た?「試合の中でアジャストできる」

「特別な才能の持ち主だ」7勝目を挙げた大谷翔平を“女房役”カート・スズキはどう見た?「試合の中でアジャストできる」

投打の活躍で7勝目を挙げた大谷(右)。好投を引き出したスズキ(左)は、ピッチャーとしての稀有な能力に着目した。(C)Getty Images

球界注目の対決を制し、存在感を見せつけた格好だ。

 現地時間8月12日、ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は、本拠地で行なわれたトロント・ブルージェイズ戦に「1番・投手」で先発出場。投げては6回を3安打2失点6奪三振で今季7勝目、打っても3打数1安打1四球で3試合連続ヒットをマークした。

 シリーズ開始前から、「MVP有力候補同士のマッチアップ」と注目されたこの試合。目下、ア・リーグMVPレースの先頭に立っている大谷と、三冠王を狙う神童ブラディミール・ゲレーロJr.の初対戦が実現した。結果は、初回にシングルヒット、2打席目は三振、3打席目は四球と“引き分け”に近いかたちに。もっとも、シリーズ4戦では大谷が本塁打を1本追加して38号まで増やした一方、ゲレーロJr.はゼロ本で35本とその差は広がっている。

 決して本調子とは言えない大谷だったが、それを支えたのが女房役のカート・スズキだ。メジャー15年目を迎えるベテランの日系3世の目に、この日のエースのピッチングはどう映ったのだろうか。先制となる犠牲フライ、タイムリー二塁打も放ったスズキは試合後にインタビューに呼ばれ、捕手らしい目線で言及している。

【動画】大谷翔平、7勝目ハイライト!投打で躍動 大谷とゲレーロJr.の“世紀の一戦”について訊かれると、開口一番、「いやぁ本当にすごいことだよね」と感嘆。「球界最高の選手が対峙して、ファンも最高に楽しみな対戦だったんじゃないかな。僕たちはゲレーロJr.の打席でのバランスを崩そうと思って、ショウヘイもうまくピッチングできた」と、相棒の投球にさすがという表情を浮かべた。

 そして、この日の“投手・大谷”については「本当に偉大な選手だよ」とスズキ。「彼はとても賢い。ゲームプランをいかに遂行したらよいのか、十分に理解しているんだ。また、試合の中でアジャストすることもできる。若い投手でできる選手はほとんどいない。改めて、ショウヘイは特別な才能の持ち主だよ」と絶賛したのだった。

“特別な才能”を持つ大谷は、メジャー本塁打王をひた走り、2ケタ勝利まであと3つのところまで来ている。しかも、まだ天井が見えないのも恐ろしい。すべての力を発揮してシーズンを完走すれば、特別な選手しか手にできないMVPは確実なものとなるはずだ。

構成●THE DIGEST編集部
【PHOTO】世界が驚嘆する偉才・大谷翔平のキャリアを厳選ショットで一挙公開!花巻東、日ハム、エンジェルスでの活躍を振り返る

関連記事(外部サイト)