ゲレーロJr.からの三振にも「まだまだいける」と自己分析。大谷翔平の圧巻投球に敵将も脱帽!「見ていて本当に楽しい」

ゲレーロJr.からの三振にも「まだまだいける」と自己分析。大谷翔平の圧巻投球に敵将も脱帽!「見ていて本当に楽しい」

MVPの有力候補とされる大谷(左)とゲレーロJr.(右)。この両雄が直接対決した。(C)Getty Images

「まだ上がってきている状況なのかなという印象なので。もっともっと思い切りよく、身体全体を使って、まだまだいけるんじゃないかなと思っています」

 現地時間8月12日、本拠地で行なわれたトロント・ブルージェイズ戦後に、大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)は、こう語った。プレー内容が決して悪かったわけではない。むしろ投げては6回を3安打2失点6奪三振で今季7勝目、打っても3打数1安打1四球で3試合連続ヒットをマークした。にもかかわらず、「まだまだいける」と語ったところに、球界を騒然とさせてきた天才スラッガーの凄みがあるのかもしれない。
【動画】ゲレーロJr.から絶妙スライダーで空振り三振! 大谷翔平の圧巻ピッチングはこちら

 繰り返しになるが、この試合に限って言えば、大谷は十分に力を発揮していた。シリーズ開始前から、「MVP有力候補同士のマッチアップ」と注目されたブラディミール・ゲレーロJr.との対戦は、初回にシングルヒット、2打席目は三振、3打席目は四球と“引き分け”に近いかたちに終わったが、本塁打を含めて決定的な仕事は一切させなかったのだ。

 大谷は、アメリカン・リーグのMVPを争う“神童”との対戦を、「おそらく一番いい打者なので」と振り返っている。

「そういう意味でケアもします。ただ、どんどんゾーンで勝負していくのが自分のスタイルなので。今日も最終的に1個、四球を出してしまったんですけど、いい球は多かったのかなと個人的には思っています」
  もっとも、周囲は傑出したパフォーマンスに驚くばかりだ。敵将のチャーリー・モントーヨは、試合後にカナダのスポーツ専門局『Sports Net』で、ゲレーロJr.との対戦をふまえて持論を展開した。

「正直言って、ブラッディー(ゲレーロJr.の愛称)は、いま少しだけ苦しんでいる。そのことも分かっていたから結果は問題ないよ。でも、とにかくオオタニとの対決は見ていて楽しいものだね。MVPを争っている二人の対戦が、いつか『本当に良いものを見た』と思えることになるだろう」

 敵将を感嘆させた大谷のパフォーマンス。それに対して「まだまだいける」と語るのだから、ずば抜けたポテンシャルはやはり驚くほかにない。

構成●THE DIGEST編集部

関連記事(外部サイト)