「選出されるかは問題ではない!」大谷翔平のMVPは当確!? 偉才ぶりを目にした米ベテラン記者が太鼓判「満票で選ばれるかどうか」

「選出されるかは問題ではない!」大谷翔平のMVPは当確!? 偉才ぶりを目にした米ベテラン記者が太鼓判「満票で選ばれるかどうか」

投打で異彩を放った大谷。その出色のパフォーマンスはMVPですら当確させるものだった(!?)。(C)Getty Images

「特別な才能の持ち主だ。私たちはそれを目撃することとなった。残念ながら我々が犠牲になったがね」

 試合後に敵将のAJ・ヒンチがそう語ったように、現地時間8月18日のデトロイト・タイガース戦で大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)は、異彩を放った。
【動画】米記者を感嘆させた大谷翔平の豪快40号アーチをチェック!

 今季15度目のリアル二刀流として「1番・投手」として先発した背番号17は、5回にウィリー・カストロにソロ本塁打を浴びたものの、その後は危なげない投球を披露。そして2対1で迎えた8回には、打者として今季40発目のソロ本塁打を放ち、自らを援護した。

 結局、8イニングを投げ切った大谷は、シーズン100投球回に到達。これで100奪三振以上、打者として100安打以上を含めた「トリプル100」も達成した。往年の大打者レジー・ジャクソンの持っていたエンジェルス左打者の球団記録を更新する40号アーチを含め、まさに投打での大活躍を披露したのである。

 敵地のファンからも割れんばかりの大歓声が送られた。そして地元ラジオ局『KFH』のボブ・ルッツ氏が、「私たちの脳は、オオタニの素晴らしさを完全に理解するようにはできていない。もはや称賛だけでは不十分だ。言葉を失っている」と絶賛したように、現地メディアからも惜しみない称賛が寄せられた。
  そんな大谷だけに、期待値がより高まるのが、アメリカン・リーグのMVP獲得だ。

 今季は本塁打王を争ってきたブラディミール・ゲレーロJr.(トロント・ブルージェイズ)とのデッドヒートが繰り広げられてきたが、ここにきて勢いをふたたび加速させている大谷が頭ひとつ抜きに出た感もある。

 現地記者でも大谷の受賞に太鼓判を押している。米紙『USA Today』のボブ・ナイチンゲール氏は、「ア・リーグのMVPにオオタニが選出されるかどうかは、もはや問題ではない」と断言。そのうえで、こう続けている。

「いまや、彼が満票で選ばれるかどうかに注目すべきだ。オオタニはレジー・ジャクソンの持つ左打者の球団最多本塁打記録を破ったんだ」

 日本人としてMLBのシーズンMVPは2001年のイチローしかいない。はたして、この球史に名を残すレジェンドと肩を並べる快挙を大谷は果たせるのか。受賞の行方には全世界が熱視線を送っている。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】世界が驚嘆する偉才・大谷翔平のキャリアを厳選ショットで一挙公開!花巻東、日ハム、エンジェルスでの活躍を振り返る

関連記事(外部サイト)