「彼には気の毒だった」マッケンジーが大谷翔平との対戦を回顧「他の選手にあんな嫌な球は投げていない」

「彼には気の毒だった」マッケンジーが大谷翔平との対戦を回顧「他の選手にあんな嫌な球は投げていない」

キレのある速球、カーブでエンジェルス打線を1点に抑えたマッケンジー(左)。大谷(右)との対戦を振り返っている。(C)Getty Images

24歳の新人右腕が日本の偉才との対戦を振り返っている。

【動画】大谷が右腕マッケンジーに苦戦。空振り三振となった第3打席をチェック

 現地時間8月21日、ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は、敵地で行なわれたクリーブランド・インディアンス戦に「1番・DH」で先発出場。4打数無安打、3三振に終わり、エンジェルスも1対5で敗退。これで通算成績は62勝63敗となり、再び勝率5割を切った。

 また、この試合で大きな存在感を示したのは、8月15日のタイガース戦で8回2死まで完全試合を演じていた先発右腕のトリストン・マッケンジー。7回0/3を投げて1失点、被安打2、奪三振8、四球1という快投を披露し、大谷を3打席連続三振に打ち取っている。
  MLB公式サイトによると、今季3勝目(5敗)を挙げたマッケンジーは「チームが勝利するために、自分が安定して勝利を得るために必要なのは、ゾーン内に投げることだとわかった」と好調の要因を自己分析。今シーズン初めは四球の多さが目立っていたが、解決策を見つけたようだ。

 さらに大谷との対戦について「彼には気の毒だった」と回顧すると、「他の選手にはあんなに嫌な球は投げていないと思うからね」とコメント。会場のファンから送られた大歓声に関しては「いいスタートを切れたこと、それを(会場の)人たちが認めてくれたことに幸せを感じている」と心境を明かした。

 一方、5試合ぶりのノーヒットとなった大谷は、期待されていた41号も次戦へお預け。本塁打レース2位のブラディミール・ゲレーロJr.(トロント・ブルージェイズ)とは4本差をつけているが、はたしてこの数字をどこまで伸ばすのか。今後の戦いに注目だ。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】世界が驚嘆する偉才・大谷翔平のキャリアを厳選ショットで一挙公開!花巻東、日ハム、エンジェルスでの活躍を振り返る

関連記事(外部サイト)