「ヤンキースファンも歓声を上げた」大谷翔平の特大“131メートル弾”に現地大熱狂!「ヒーニーからムーンショットだ」

「ヤンキースファンも歓声を上げた」大谷翔平の特大“131メートル弾”に現地大熱狂!「ヒーニーからムーンショットだ」

今シーズン、米球界に熱狂を巻き起こしている大谷。3試合ぶりの一発を放った。(C)Getty Images

日本が誇る二刀流スターはまだまだ止まらない。

【動画】まさに完璧! 大谷翔平の“パーフェクト”42号アーチがこれだ!

 現地時間8月30日、ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平が、本拠地で行なわれたニューヨーク・ヤンキース戦に「2番・DH」で先発出場。ブラディミール・ゲレーロJr.(ブルージェイズ)、サルバドール・ペレス(ロイヤルズ)に4本差をつける42号ソロを放ち、本塁打争いトップの存在感を再アピールした。

 この日、第1、2打席と続いて三振に倒れていた大谷。最大の見せ場となったのは、同点で迎えた5回の第3打席だ。今シーズンの途中まで同僚としてプレーしていたアンドリュー・ヒーニーと対峙すると、カウント1ー1からの3球目を完璧に捉える。勢いよく飛び出した打球はグングン距離を伸ばし、ライトスタンド奥へと沈んでいった。
  この豪快な一発には、“野球の本場”も大盛り上がり。MLB公式サイトでエンジェルス番を担当するレット・ボリンジャー記者は「MLBトップの今季42号を放った」と速報すると、「飛距離431フィート(約131.4メートル)、打球速度111.8マイル(約180.0キロ)、そして38度という高い打ち上げ角度だった」と詳細をツイートしている。

 さらに、米スポーツ専門メディア『Bleacher Report』などに寄稿するアビー・マストラッコ記者は「ショウヘイ・オオタニが元チームメイトのアンドリュー・ヒーニーからムーンショットを放ち、ヤンキースファンも歓声を上げていた」とツイート。相手チームの応援も、この日はフィーバーに酔いしれたようだ。

 その後、大谷の第4打席は見逃し三振で終了。チームは8対7の接戦を制し、2日前のパドレス戦に続いて2連勝を飾っている。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】世界が驚嘆する偉才・大谷翔平のキャリアを厳選ショットで一挙公開!花巻東、日ハム、エンジェルスでの活躍を振り返る

関連記事(外部サイト)