「マイク・トラウトに並んだ!」大谷、10試合ぶりの45号は球団史上2位の一発!「史上最高のシーズンはまだまだ続く」

「マイク・トラウトに並んだ!」大谷、10試合ぶりの45号は球団史上2位の一発!「史上最高のシーズンはまだまだ続く」

打った瞬間にそれと分かる当たりが右中間スタンドへ。大谷も思わず“確信歩き”の一発だった。(C)Getty Images

待望の一発がついに出た!

 ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は現地9月21日、本拠地で行われたアストロズ戦に「2番・DH」で先発出場した。第4打席で45号本塁打を放った。

 1打席目はセンターライナー、第2打席はピッチャーゴロに倒れた大谷だが、第3打席ではライトへ109マイル(約175キロ)の強烈なシングルヒットを放って3試合ぶりの安打。だが、これも復活劇の序章に過ぎなかった。
  8回裏、先頭打者として打席に立った大谷は、カウント2−1からの4球目、インコースに入ってきた4シームを振り抜く。久々に打った瞬間の確信歩き。打球は右中間スタンドに深々と突き刺さる、飛距離135メートルの一発だった。実に10試合ぶり、9月10日以来の45号本塁打となった。

 45号はエンジェルスの球団史上2位タイ。2019年にマイク・トラウトが記録した本数に並んだことには、『MLBネットワーク』のエンジェルス担当ブロードキャスターであるトレント・ラッシュも「トラウトに並んだ!」と興奮気味だった。

 全米きっての大谷マニアとして知られる『FOXスポーツ』のアナリスト、ベン・バーランダーも、待望の一発には喜びが隠せず。いつもの大文字だらけのツイートで、「オオタニが45号を放ち、史上最高のシーズンはまだまだ続いていくんだ!」と祝福した。

 エンジェルスは10対5で敗れたが、これで本塁打数トップのブラディミール・ゲレーロJr.(ブルージェイズ)、サルバドール・ペレス(ロイヤルズ)とは1本差。ホームラン王のタイトルが再び現実味を帯びてきた。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】世界が驚嘆する偉才・大谷翔平のキャリアを厳選ショットで一挙公開!花巻東、日ハム、エンジェルスでの活躍を振り返る 
 

関連記事(外部サイト)