ノーラン・ライアン級の無双ぶり! 大谷翔平の今季本拠地での投球成績が史上6人目の快挙に「偉人たちに値する」

ノーラン・ライアン級の無双ぶり! 大谷翔平の今季本拠地での投球成績が史上6人目の快挙に「偉人たちに値する」

ライアン(左)やハーシュハイザー(右)と同じだけの成績を残した大谷(中央)。往年の名投手たちに肩を並べたと言っても過言ではないのかもしれない。(C)Getty Images

大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)が“今季ラスト登板”で見せたパフォーマンスは、圧巻の一語だった。

 現地時間9月26日に行なわれたシアトル・マリナーズとの本拠地最終戦で、今季23試合目の先発登板を果たした大谷は、7回1失点と好投。しかし、打線の援護に見放され、またも勝ちはつかなかった。

 目指していた1918年のベーブ・ルース以来となる103年ぶりの「二桁勝利・二桁本塁打」の達成はならなかったが、本拠地最終戦で見せたピッチングは周囲を十分に納得させた。それは7回終了時に球場全体から割れんばかりの「MVPコール」が送られたシーンからも明白だった。

 そんなMVP最右翼に挙げられる27歳のサムライは、今季は開幕から二刀流戦士として投打で大フィーバーを起こしてきた。そのなかで投手としては、とりわけ本拠地で異彩を放ってきた。試合後、「オオタニは偉人たちに値する」と伝えた地元放送局『Bally Sports West』は、大谷の今季の本拠地での先発試合の成績が、13試合で6勝0敗、防御率1.95という驚異的な成績であったと報じた。

 文字通り球団史に残る安定感だ。1970年以降のホームゲームでシーズン防御率が2.00以下だったのは、ノーラン・ライアン(1972年/1.07)、チャック・フィンリー(1990年/1.63)、フランク・タナナ(1976年=1.72、1975年=1.88)、ジャレッド・ウィーバー(2011年=1.84、2010年=1.86)だけ。いずれもエース級の投手たちばかりである。
  球界史全体で見ても凄まじい数字だ。これまで本拠地で13試合以上に先発し、防御率が2.00以下だったのは、以下の5人だけだったのだ。

テックス・ヒューソン(1944年/ボストン・レッドソックス)
オーレル・ハーシュハイザー(1985年/ロサンゼルス・ドジャース)
ケニー・ロジャース(1998年/オークランド・アスレティックス)
ホセ・フェルナンデス(2013年/マイアミ・マーリンズ)
ダラス・カイケル(2015年/ヒューストン・アストロズ)

 惜しくもベーブ・ルースの偉業の達成は逃した。だが、今季における「投手・大谷」が球史に残るパフォーマンスを見せていたのは間違いない。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】世界が驚嘆する偉才・大谷翔平のキャリアを厳選ショットで一挙公開!花巻東、日ハム、エンジェルスでの活躍を振り返る

関連記事(外部サイト)