「絶対的なエースらしい投球だ!」大谷翔平が見せた7回1失点の好投にマッドン監督が賛辞!「今とでは、まるで雲泥の差だ」

「絶対的なエースらしい投球だ!」大谷翔平が見せた7回1失点の好投にマッドン監督が賛辞!「今とでは、まるで雲泥の差だ」

今季4度目の10奪三振をマークしながら、打線の援護に見放される形となった大谷。(C)Getty Images

二刀流スターの奮闘に指揮官が賛辞を送っている。

【動画】これは打てない……98マイルの剛速球がコーナーへドンピシャ!

 現地時間9月26日、ロサンゼルス・エンジェルス大谷翔平は、シアトル・マリナーズとの本拠地最終戦に「2番・投手」で先発出場。1918年のベーブ・ルース以来となる「二桁勝利・二桁本塁打」は持ち越しとなったものの、7回1失点の好投で会場を大いに沸かせた。

 この日は、初回に24球を要する不安定な立ち上がりとなった。しかし、2回以降は安定したピッチングで無失点を続け、3回にはシーズン150奪三振をクリア。7回にジャレッド・ケレニックからソロ本塁打を浴びるも、今季4度目の10奪三振を記録するなど、上々の投球内容だった。
  試合後の会見では、エンジェルスのジョー・マッドン監督も大谷のパフォーマンスを「今までもそうだったが、本当に素晴らしかった。安定しているし、絶対的なエースらしい投球だった。彼はいいものを持っているんだ」と評した。MLB公式サイト、地元紙『Orange County Register』などが伝えている。

 さらに「終わり方も力強かった。彼はますます良くなっているよ」と続けるた名将は、「最初に彼を見たときと今とでは、まるで雲泥の差だ。今回もまた目を見張るパフォーマンスだった」と絶賛。外野起用をしなかった理由については、「112球も投げていたからね。プレーオフ進出がかかっていればしていたかもしれない」と説明した。

 なお、試合は、大谷が退いた8回にマリナーズが勝ち越し、5対1で勝利。エンジェルスは前日に続く連勝を飾れなかった。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】世界が驚嘆する偉才・大谷翔平のキャリアを厳選ショットで一挙公開!花巻東、日ハム、エンジェルスでの活躍を振り返る

関連記事(外部サイト)