【2021ドラフト展望:中日】ブライトらクリーンナップ候補獲得が急務。即戦力左腕の獲得も<SLUGGER>

【2021ドラフト展望:中日】ブライトらクリーンナップ候補獲得が急務。即戦力左腕の獲得も<SLUGGER>

全日本大学選手権での活躍が鮮烈だったブライトは身体能力の高さも魅力だ。写真:田中研治

10月11日に行なわれるプロ野球ドラフト会議。各チームの育成状況や弱点を踏まえた上で、「誰を指名するか」ではなく「誰を指名するべきか」という観点からドラフトを展望する。リーグ随一の投手力を誇る一方、得点力不足が深刻な中日はどのような戦略で臨むべきだろうか。

【2021年ドラフトのテーマ】
・近未来のクリーンナップ候補を複数獲得
・大豊作の大社左腕の獲得で若手投手陣に刺激を


 昨年は高橋宏斗を筆頭に、育成を含め9人中6人の高校生を指名するなど、将来性に大きく振り切った指名を敢行した中日ドラゴンズ。指名方針とバランスを取るような精力的な補強がなかったことも響き、今年はBクラスに沈んでいるが、その最大の要因はリーグワーストの得点力にある。ルーキーが打線の救世主になることは稀で、牧秀悟(DeNA)、佐藤輝明(阪神)が例外であるとは言え、やはり打力に優れた選手の獲得が今年は何より重要となる。
  1位指名の最有力候補は、ブライト健太(上武大)だ。レギュラーとなったのは4年春のリーグ戦からだが、いきなり3本塁打を記録してMVPに輝く大活躍。続く全日本選手権でも2本塁打を放ち、一躍ドラフト上位候補に躍り出た。

 実績が少ない点がネックながら、同じく1位候補の正木智也(慶応大)より身体能力に優れる点を考慮すると、広いバンテリンドームを本拠地とする中日にとっては優先順位が高くなる。外野両翼の攻撃力が12球団ワーストレベルの中日なら、即レギュラーとはいかなくとも1年目から多くの出場機会を得ることも可能。将来的には攻守に高い貢献を期待できそうだ。

 2位以降の指名では、左の強打者も補強ポイントになる。根尾昂や高松渡の外野転向も考慮するなら、二遊間をこなせる山城響(富士大)や野口智哉(関西大)が有力候補。ポジションにこだわらず地元の逸材を確保するなら、阪口楽(岐阜第一高)、田村俊介(愛工大名電高)、前川右京(智弁学園高)らの指名を検討すべきだろう。
  打者の指名が最優先とはいえ、今年は大学・社会人左腕の当たり年であることも考慮したい。チーム防御率はリーグ1位を記録している一方、25歳以下の日本人投手でシーズンを通して活躍したのは小笠原慎之介と藤嶋健人だけ。やや足踏み気味の若手投手に刺激を与える意味でも、上位で即戦力左腕を指名するのは有効な戦略だろう。ブライトに続く2位枠を使うなら山下輝(法政大)、森翔平(三菱重工WEST)らの指名を検討したい。
  中日は2008年以降の13年間で、3位までに野手を2人以上指名したのは2度(08年と16年)のみ。野手不作が叫ばれる今年だからこそ、最優先で野手を確保する戦略を採ってほしい。

【表】中日 ポジション別年齢分布

文●ロバートさん (@robertsan_CD)

【著者プロフィール】
1988年生まれ。Twitterにて中日ドラゴンズの戦力分析・考察を行う中日ファン。中日新聞プラスにて「データで考える中日ドラゴンズ」を連載中。

関連記事(外部サイト)