【2021ドラフト展望:ヤクルト】継続して勝てるチームを目指すドラフトに。高校ナンバーワン投手・小園に“ハマのギータ”も狙い目<SLUGGER>

【2021ドラフト展望:ヤクルト】継続して勝てるチームを目指すドラフトに。高校ナンバーワン投手・小園に“ハマのギータ”も狙い目<SLUGGER>

投手の人材が豊富な今年のドラフトの中でも、特に注目されている小園。奥川に並ぶエースとしての活躍に期待したい。写真:塚本凛平(THE DIGEST写真部)

10月11日に行なわれるプロ野球ドラフト会議。各チームの育成状況や弱点を踏まえた上で、「誰を指名するか」ではなく「誰を指名するべきか」という観点からドラフトを展望する。昨季までの2年連続最下位から一転して優勝争いに加わるヤクルトが、今後も勝ち続けるために狙うべき選手とは?

【2021年ドラフトのテーマ】
・ポテンシャルに秀でた高校生投手指名
・やや層が薄い外野陣の底上げ


 山田哲人や小川泰弘らFA組の残留、それに田口麗斗のトレード獲得など、積極的に動いたフロントの努力が実を結び、今季のヤクルトは大きく躍進した。投手陣では高卒2年目の奥川恭伸が早くもエース格の活躍を見せ、リリーフの今野龍太など強いストレートを持ち味とした選手も次々と出てきた。先発・リリーフともに充実しているだけに、投手の指名はある程度の自由度をもって臨むことができる。
  ファーストチョイスにしたいのは、小さく動くボールを操りコマンドに優れた小園健太(市立和歌山高)だ。ストレートの質など伸びしろも十分で、次世代エース候補として、近い将来に奥川と二枚看板を形成できるだろう。競合は避けられないが、獲得できた際のアドバンテージは奥川を見れば自明だろう。

 幸い、今年のドラフトは「投高打低」と言われ、投手の選択肢は豊富。小園を外した場合には、思い切って大学や社会人の投手に狙いを切り替えるのもひとつの手だ。特に、ヤクルトファンを公言する即戦力右腕の廣畑敦也(三菱自動車倉敷オーシャンズ)、左腕なら1年目から先発ローテ争いに食い込めそうな森翔平(三菱重工WEST)などが狙い目になるだろう。
  1位で首尾良く将来のエース候補を指名できたなら、その次に着手するべきは外野の層の薄さの改善だ。塩見泰隆がセンターに定着したとはいえ、現状はまだまだベテランの青木宣親と坂口智隆がチームに欠かせない。守備固めや代走要員も手薄で、今季序盤戦はルーキーの並木秀尊を代走要員にせざるを得ない事態に陥った。

 野手の筆頭候補は梶原昂希(神奈川大)になる。“ハマのギータ”と呼ばれ、大学通算11本塁打を放ったパワーに加え、同16盗塁を決めるなど足も武器。まさに今年ブレイクした塩見に近いタイプの、身体能力に秀でた外野手だ。芯を食った時の飛距離は抜群で、巧打者タイプの多いチームの左打ち外野手との差別化もできる。守備・走塁のスペシャリストでは、六大学リーグで下級生の頃からプレーしてきた渡部遼人(慶応大)や丸山和郁(明治大)も候補に挙がる。
  内野陣は、ルーキーの元山飛優がレギュラー争いに食い込み、二軍では高卒2年目の長岡秀樹、武岡龍聖も成長を見せていることもあり優先度は高くない。だが、欲を言えばさらなる競争を促していきたい。高校通算33本塁打の大型遊撃手・粟飯原龍之介(東京学館高)は足も使えるため、将来的にはリードオフを任せることができるかもしれない。

 近年のスワローズは継続してAクラス争いに食い込むことができていない。今後数年にわたって優勝争いに加わるためにチーム全体の層を厚くする、そんなビジョンの見えるドラフトになることを期待したい。

【表】ヤクルト ポジション別年齢分布

文●シュバルベ

【著者プロフィール】
オリックス・バファローズと東京ヤクルトスワローズのファン。卒業してから足を運んだ東京六大学野球で東大の勝ちを見届け、アマチュア野球"沼"にも片足突っ込んでしまった野球好き。Twitter IDは「@love_uni31」。
 

関連記事(外部サイト)