【2021ドラフト展望:オリックス】黄金期構築の成否はこのドラフトにあり!中でも次代のスラッガー候補獲得が急務<SLUGGER>

【2021ドラフト展望:オリックス】黄金期構築の成否はこのドラフトにあり!中でも次代のスラッガー候補獲得が急務<SLUGGER>

甲子園出場はないが、パワーでは高校生ドラフト候補随一の阪口。ちなみに投手経験もある“二刀流”でもある。写真:西尾典文

10月11日に行なわれるプロ野球ドラフト会議。各チームの育成状況や弱点を踏まえた上で、「誰を指名するか」ではなく「誰を指名するべきか」という観点からドラフトを展望する。まさかの大躍進で優勝争いに加わったオリックス。この勢いを来季以降も持続するためには、どのようなドラフト戦略を取るべきだろうか。

【2021年ドラフトのテーマ】
・将来の中軸を任せられる強打者の獲得
・先発もリリーフもできる左腕の獲得


 今季のオリックスは投打に若い力が台頭し、大きく生まれ変わった。投手陣では高卒2年目左腕の宮城大弥が頭角を現し、絶対的エースの山本由伸とともに強力二枚看板を形成。野手では杉本裕太郎がスラッガーとして覚醒し、吉田正尚ともに中軸を担った。
  だが、投打ともにまだまだ層の薄さが拭えないのは事実。特に野手陣の将来には大いに不安が残る。一軍の打線が打率、本塁打でリーグトップを記録しているのに対し、二軍はいずれも最下位とかなりの得点力不足に苦しんでいる。高卒2年目の紅林弘太郎や太田椋らが抜擢された後はこれといった有望株も見当たらないため、今回のドラフトでは将来の中軸打者の指名が急務となる。

 編成的にもパワーツールに長けた左打者が不足しているため、まずは阪口樂(岐阜第一高)を狙うべきではないか。まだかなり粗削りとはいえ、投手としても高い才能を発揮するアスリート型で、芯に当たれば左右関係なくフェンスを越えるパワーを持つ。

 阪口を逃した場合には、右打者だがスウィングの強さと飛距離が魅力的な鵜飼航丞(駒沢大)を指名する手もある。指名打者での出場が多く、セ・リーグ球団は手を出しにくいので、中位で獲得を狙えるはずだ。他にも、阪口と同じ二刀流の田村俊介(愛工大名電高)をやはり2位以降で狙う手もある。
  投手陣についても、先発陣のクオリティは確かに高いが、次世代のエース候補とまで呼べるのは昨年のドラフト1位で入団した山下舜平大くらい。野手陣と同じように、全体としては手薄な印象は否めない。このため、高校生投手でも早期に一軍先発登板を期待できる小園健太(市和歌山高)も狙いたいところだが、他球団の状況を見ても阪口との両取りはほぼ不可能だろう。ここは野手陣の状況を優先し、投手に関してはさらにポイントを絞るべきだ。

 そこで年齢別分布を見ると、22歳以下の左腕がほとんどいない(支配下選手は宮城のみ)ことに気付かされる。しかも、今年は大学生や社会人に魅力的な左腕が多い。特に先発・リリーフ両にらみで起用できそうな投手を狙うべきだろう。
  1位で阪口を外した場合は、山田龍聖(JR東日本)や黒原拓未(関西学院大)に狙いを切り替えるのも手だ。中位で桐敷拓馬(新潟医療福祉大)を指名するのもアリ。いずれも落ちるボールを得意とし、三振奪取能力が高い投手。リリーフ起用なら1年目から一軍の枠に入ってくる力が十分ある。

 若い力が躍動しているオリックスにとって、今年のドラフトの成否が2〜3年後に黄金期を迎えられるかどうかの分岐点になってくる。他球団に劣る層の薄さを改善し、レベルの高いパ・リーグにおいて長く優勝争いできるチームを作りたい。

【表】オリックス ポジション別年齢分布

文●シュバルベ

【著者プロフィール】
オリックス・バファローズと東京ヤクルトスワローズのファン。卒業してから足を運んだ東京六大学野球で東大の勝ちを見届け、アマチュア野球"沼"にも片足突っ込んでしまった野球好き。Twitter IDは「@love_uni31」。
 

関連記事(外部サイト)