【2021ドラフト展望:広島】本当に必要なのは高校生投手ではなく、「鈴木誠也の後継者」となるべき右の強打者<SLUGGER>

【2021ドラフト展望:広島】本当に必要なのは高校生投手ではなく、「鈴木誠也の後継者」となるべき右の強打者<SLUGGER>

今年の全日本大学選手権では2本塁打を放ってMVPに輝いた正木。広島OBの山本浩二になぞらえる声も。写真:田中研治

10月11日に行なわれるプロ野球ドラフト会議。各チームの育成状況や弱点を踏まえた上で、「誰を指名するか」ではなく「誰を指名するべきか」という観点からドラフトを展望する。2016年からのリーグ3連覇の後は下位低迷が続く一方、若い力が台頭しつつあるカープはどのような戦略で今年のドラフトに臨むべきか。

【2021年ドラフトのテーマ】
・鈴木誠也の後釜となる右の長距離砲獲得
・即戦力投手獲得による投手陣の拡充


 3年連続Bクラスが濃厚と、3連覇後は苦戦が続く。昨年リーグ2位を記録した得点力が5位まで低下し、再び打線強化が課題として浮かび上がってきた。坂倉将吾、小園海斗、林晃汰といった若手野手の台頭が見られる一方、本塁打数リーグ5位が示すように長打力不足が大きく響いた格好だ。

 そのうえ、大黒柱の鈴木誠也が今オフにもメジャーに流出する可能性がある。報道では森木大智(高知高)ら高校生投手の1位指名に傾いているようだが、チームの現状を考えると、長距離砲候補の獲得が急務な状況にある。
  また、チーム構成を見ると、全体的に左打者が多く、鈴木に次ぐ右の強打者を確立できていない。となると、大学屈指の長距離砲と名高い正木智也(慶応大)が1位候補の筆頭格に挙げられる。その他では、長年チームの弱点となっている三塁手をこなせる有薗直輝(千葉学芸高)や、圧倒的な飛距離を誇る鵜飼航丞(駒沢大)も魅力的な存在だ。

 一方、チームの伝統でもあるパワーにスピードを絡めた攻撃野球にフィットする選手を考えると、ブライト健太(上武大)や吉野創士(昌平高)のような、走力も併せ持ったアスリート系の選手も候補に上る。打撃だけでなく、守備や走塁面での貢献も大きい鈴木の後釜を求めるなら、こちらに狙いを定めたいところだ。
  投手陣については、昨年のドラフト上位で獲得した栗林良吏、森浦大輔、大道温貴が即戦力として機能しながらも、防御率はリーグ5位と再建は道半ば。野村祐輔、中崎翔太、今村猛ら3連覇に貢献した投手が今年も機能せず、層の薄さは解消されないままだ。そのため、近年はアドゥワ誠、遠藤淳志、今年で言うと玉村昇悟のように、高卒下位指名投手が早期の一軍稼働を余儀なくされている。

 この現状を踏まえると、昨年同様に今年も即戦力投手の確保は必要事項と言えよう。2位以降で指名できそうな投手で狙い目は、チーム内に絶対数が少なく、先発とリリーフを両睨みできる黒原拓未(関西学院大)、桐敷拓馬(新潟医療福祉大)、森翔平(三菱重工West)といった左腕か。主力の大瀬良大地と九里亜蓮がFA権を取得しており、先発候補は確実に確保したいところだ。
  一方、栗林につなぐまでのリリーフが固まらなかったため、リリーフ適性の高い椋木蓮(東北福祉大)を狙うのも面白い。また、二軍に若手有望株が枯渇していることを鑑みると、竹山日向(享栄高)、黒田将矢(八戸工大一高)のような素材型高校生投手も確保する必要があるだろう。

【表】広島 ポジション別年齢分布

文●yuma

【著者プロフィール】
1994年生まれ。シーツ・ラロッカの外国人二遊間に魅せられて以降、15年来の広島ファン。Twitterやnoteにて、主に広島の各選手や戦力についての分析を行っている。好きな選手は同い年の鈴木誠也。Twitter IDは@yumambcp。

関連記事(外部サイト)