【2021ドラフト展望:ソフトバンク】“常勝軍団”の威容を取り戻すため即戦力投手と未来の正遊撃手を狙うべし<SLUGGER>

【2021ドラフト展望:ソフトバンク】“常勝軍団”の威容を取り戻すため即戦力投手と未来の正遊撃手を狙うべし<SLUGGER>

大学ナンバーワン左腕の呼び声高い隅田。ソフトバンクのスカウト陣からも「若い頃の和田毅に似ている」との評価。写真:金子拓弥(THE DIGEST写真部)

10月11日に行なわれるプロ野球ドラフト会議。各チームの育成状況や弱点を踏まえたうえで、「誰を指名するか」ではなく「誰を指名するべきか」という観点からドラフトを展望する。今季はらしくない戦いが続いているソフトバンク。かねてから新旧交代の必要が叫ばれているだけに、今年のドラフトはかなり重要だ。

【2021年ドラフトのテーマ】
・イニングを稼げる即戦力投手
・攻守に高い将来性を備えた遊撃手


 4年連続日本一と球界を牽引してきた常勝軍団だが、今年は投打に怪我人が続出。8年ぶりのBクラス転落の危機に立たされている。これまでの強さを取り戻すためにも、このドラフトの重要度は高い。

 優先的に指名すべきは何といっても投手だ。確かに層が厚く、先発防御率と救援防御率いずれもリーグ2位と成績も優秀だが、そのクオリティーを維持するために投手を“酷使”する傾向があり、特にリリーフへかかる負担が大きい。このため、コントロールに優れ、イニングが計算できる素材を獲得して投手陣全体の健全化を図りたい。

 その条件に合致するのが、隅田知一郎(西日本工大)と赤星優志(日本大)だ。前者は140キロ台中盤のストレートに加え、カットボール、チェンジアップ、スプリットと速い変化球を複数操り、奪三振率が高い。一方の後者は150キロに迫るストレートとツーシームを軸に打者の打ち損じを誘うのがメインのスタイルだが、カットボールやスプリットで空振りも狙える実践的な投手だ。
  2人とも器用で、たとえリリーフに回ったとしても実力を発揮してくれそうな点も魅力。他の球団からも指名がありそうな隅田にまずは1位入札し、その後に赤星を狙うというのが現実的なプランか。

 野手陣に目を向けると、遊撃手の今宮健太の後継者が不在という問題がある。「ポスト今宮」に最も近いとされる川瀬晃は、守備はともかく打撃に課題があるため、長打が期待できる選手を指名したい。 

 ここでは、水野達稀(JR四国)と中川智裕(セガサミー)を推薦する。コンタクト能力に優れる水野は、今夏の全日本選手権では大会19人目のサヨナラ弾も放つなど、ここぞという時の長打力も証明済み。俊足で、守備の安定感が年々増している点も魅力だ。中川は確実性にこそ欠けるが、捉えた時の飛距離は社会人野球界でも屈指。守備では強肩が持ち味で、深い位置からアウトにする技術に長けている。

 昨年まで日本シリーズ4連覇を果たし、球界最強軍団の名を欲しいままにしていたソフトバンクだけに、今季の低迷は衝撃的だった。この停滞を一時的なものとするためにも、今回のドラフトで埋めるべき点をしっかりと埋め、再び“強いソフトバンク”の姿を取り戻したい。

【表】ソフトバンク ポジション別年齢分布

文●ARA

【著者プロフィール】 
Twitterでドラフトイベント「VD4B」「ヨソドラ」を主催。雑誌/野球太郎のモックドラフト立案者。主に打撃を得意分野とし、中学生を中心とした野球指導にも携わる。ツイッターIDは@arai_san_28。
 

関連記事(外部サイト)