「昨夜投げたよね」“二刀流”大谷翔平の活躍ぶりに米メディアが騒然!「ベース一周の疾走スピードも凄い」【Playback“ショウタイム”/本塁打第5号】

「昨夜投げたよね」“二刀流”大谷翔平の活躍ぶりに米メディアが騒然!「ベース一周の疾走スピードも凄い」【Playback“ショウタイム”/本塁打第5号】

日米通算100号のホームランを放った大谷には、現地メディアも熱い視線を注いでいる。(C)Getty Images

2021年のMLBにおいて二刀流で快進撃を続け、文字通り歴史を作った大谷翔平。そんな偉才が放った46本塁打を『THE DIGEST』のヒット記事で振り返る。

 今回取り上げるのは、第5号、日米通算通算100本目の記念すべき一発だ。登板翌日となった現地時間4月21日、テキサス・レンジャーズ戦、完璧なアーチを放った大谷。彼がベースを駆け抜けるスピードもまた周囲を驚かせたのだった。

記事初掲載:2021年4月22日

【動画】46号一挙振り返り!歴史を築いた大谷の本塁打をチェック

――◆――◆――

 ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平が現地時間4月21日(日本時間22日)、本拠地で開催されたテキサス・レンジャーズ戦に「2番・DH」でスタメン出場。この試合で今季5号となるホームランを放ち、メジャー通算52本目、日本ハム時代の48本と合わせて日米通算100号となる節目の一発を記録した。

 第1打席は内角低めいっぱいの速球に見逃し三振を喫した大谷。3回、二死無走者の場面で回ってきた第2打席、カウント2−2から甘く入ったスライダーを捉え、右中間スタンドに叩き込んだ。スタットキャスト(弾道解析機器)によれば、飛距離402フィート(約122.5m)、打球速度107.2マイル(約172.5キロ)をマーク。さらにベース一周のタイムが17.3秒で、今季本塁打を放った選手の中で“メジャー最速”のタイムで駆け抜けたという。

“二刀流”大谷の活躍ぶりには、現地メディアも驚きを隠せないようだ。『Bally Sports West』では、「昨夜投げたよね…」と前日20日に先発投手として今季2度目のマウンドに上がった選手と同一人物である異次元さを綴った。
  さらにエンゼルスOBの名物解説者マーク・グビザ氏は、「ベース一周の疾走スピードが凄い!これは価値が高いね」と大谷の“俊足ぶり”に着眼。また『The Athletic L.A.』の元記者で、現在はポットキャスト『Locked On Angels』の司会者ブレント・マグワイアー氏は、「今年、彼は打ち続けているよ」と打者大谷を称賛している。

 ここまで開幕から15試合で、打率.310、本塁打5本、打点13、OPS(出塁率と長打率とを足し合わせた値)1.044というハイアベレージを維持し、打者だけでも並みいるメジャーリーガーを圧倒する数字を残している。今後も“二刀流”として臨む26歳の一挙手一投足から目が離せない。

構成●THE DIGEST編集部 

【PHOTO】世界が驚嘆する偉才・大谷翔平のキャリアを厳選ショットで一挙公開!花巻東、日ハム、エンジェルスでの活躍を振り返る
 

関連記事(外部サイト)