【ドラフト候補タイプ別診断:「長距離砲」】正木、ブライト、阪口らに加えて栗林から一発を放った安田の評価が上昇<SLUGGER>

【ドラフト候補タイプ別診断:「長距離砲」】正木、ブライト、阪口らに加えて栗林から一発を放った安田の評価が上昇<SLUGGER>

ここに来て注目度が高まっている愛知大・安田。多くのスカウトが視察に訪れているという。写真:西尾典文

いよいよ11日に迫ったプロ野球のドラフト会議。今年も多くの選手に注目が集まるなか、テーマ別に有力候補を紹介していく。今回のテーマは「長距離砲」だ。

 まず高校生では阪口楽(岐阜第一高)、有薗直輝(千葉学芸高)、吉野創士(昌平高)の3人が有力候補となる。とりわけスケールの大きさという意味では阪口が一歩リードしている印象だ。

 2年秋以降の公式戦で目立った結果を残せなかったが、それでも打席での雰囲気、ヘッドスピードなどは高校生とは思えないだけのものがある。投手の負担から解放されて、野手に専念することで驚きの成長曲線を描くのも期待できるだろう。

 一方の有薗はパワー、吉野は柔らかさが持ち味。前者はタイミングのとり方、後者はバットを引く動きの大きさが気になるものの、どちらもプロで中軸を打てる可能性を秘めた素材だ。

 大学生では正木智也(慶応大)とブライト健太(上武大)が双璧。正木はヘッドが外回りする傾向があり、内角の速いボールにバットを折られることも多いが、それでもとらえた時の飛距離は圧倒的なものがある。 今年の大学選手権では準決勝、決勝と2試合連続ホームランを放ち、大舞台での強さも見せつけた。ブライトは昨年までリーグ戦ノーヒットもこの春の大活躍で一躍、上位候補に浮上した。少しステップは淡白だが、全身を使った伸びやかなスイングで、打球の速さと伸びは目を見張るものがある。運動能力の高さも魅力だ。

 大学生でもう1人取り上げたいのが安田悠馬(愛知大)だ。1年秋には当時名城大のエースだった栗林良吏(広島)からも一発を放っている左のスラッガー。2年春からは愛知大学リーグの二部でプレーしているが、その後も順調に力をつけて、全12球団から調査書が届くまでの存在となった。

 この秋も、10月3日の至学館大戦では2打席連続でバックスクリーンに叩き込むなど7試合で4本塁打を放ち、厳しいマークのなかでもしっかり結果を残している。貧打に悩む地元中日はもちろん、他にも狙っている球団は多いはずだ。

 その他では田村俊介(愛工大名電高)、前川右京(智弁学園高)、鵜飼航丞(駒沢大)、中川智裕(セガサミー)、中村健人(トヨタ自動車)なども遠くへ飛ばす力には定評のある選手だ。以前と比べてプロ側も中途半端な走攻守三拍子タイプよりも打撃に特化した選手を高く評価するようになっているだけに、彼らも比較的高い順位で指名される可能性はありそうだ。

文●西尾典文

【著者プロフィール】
にしお・のりふみ。1979年、愛知県生まれ。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。アマチュア野球を中心に年間約300試合を取材。2017年からはスカイAのドラフト中継で解説も務め、noteでの「プロアマ野球研究所(PABBlab)」でも多くの選手やデータを発信している。

 

関連記事(外部サイト)