【2021ドラフト展望:日本ハム】「その年のベストの選手を指名」の方針は崩す必要なし。“地元中の地元”出身の木村大成も狙い目<SLUGGER>

【2021ドラフト展望:日本ハム】「その年のベストの選手を指名」の方針は崩す必要なし。“地元中の地元”出身の木村大成も狙い目<SLUGGER>

北海高を春夏連続甲子園に導いた木村。地元出身のスター候補という立ち位置を考えても獲得したいところだ。写真:塚本凛平(THE DIGEST写真部)

10月11日に行なわれるプロ野球ドラフト会議。各チームの育成状況や弱点を踏まえた上で、「誰を指名するか」ではなく「誰を指名するべきか」という観点からドラフトを展望する。パ・リーグの最下位に沈む日本ハムは、どのような戦略でドラフトに臨むべきだろうか。

【2021年ドラフトのテーマ】
・今のニーズではなく素質優先のドラフトを
・即戦力に近い遊撃手の獲得


 戦前から苦戦が予想されていた通り、今季も下位に低迷。懸案の長打力不足は、中田翔を巨人に放出したことでますます弱点と化しているが、これは外国人選手で賄うのが手っ取り早い。それよりも捕手と遊撃手の強化がファンの間では叫ばれているようだ。

 贔屓球団に毎年優勝争いしてほしいと思うのは、ファン心理として当然だろう。だが、チーム作りには長期的な視野も必要になる。現状は今開いている穴を埋めればすぐ優勝できる、という状況ではない。それならば、あと数年低迷してもその後長く勝ち続けられるチーム作りを志向すべきだ。
  昨年も1位の伊藤大海に続く2位で捕手か遊撃手を望む声が大きかった中、大学生外野手の五十幡亮汰を指名した。同様に、今年も1、2位は守備位置的なニーズではなく素質優先。「その年のベスト」に入札してきたこれまでの方針を変える必要はない。

 となると、高校生投手が豊作な状況も踏まえ、1位入札は小園健太(市和歌山高)、森木大智(高知高)、風間球打(明桜高)のいずれかと思われる。そしてこの3人を外した際の1位、もしくは当たった場合の2位で指名したいのが木村大成(北海高)だ。制球が良い150キロ左腕というだけで十分上位候補である上に、新球場建設中の北広島出身という地元中の地元。取り逃して名前通り大成しようものなら、絶対に後悔する。

 外れ1位〜2位は社会人ナンバーワン遊撃手の水野達稀(JR四国)をとの声もあるだろうが、希少価値は木村の方が上のはず。1位は“高校ビッグ3”で2位は木村、もしくは外れ1位で木村、2位に水野が、理想のシナリオになる。
  仮に水野が取れなくても、平沼翔太(現西武)を手放して頭数が減った遊撃手は、即戦力となり得る選手を確保したい。3位以降でそんなに都合良く取れるか? と思うかもしれないが、源田壮亮(西武)や今季活躍中の中野拓夢(阪神)の例もある。野口智哉(関西大)が残っていなければ、源田二世との呼び声もある和田佳大(トヨタ自動車)も候補になるだろう。
  大学・社会人投手も一人は加えたいところで、出身校/企業との縁だと吉村貢司郎(東芝)、徳山壮磨(早稲田大)、横山楓(セガサミー)あたりか。もし横山が指名されれば、熱烈なファイターズ党の牧野真莉愛(モーニング娘。'21)はその名前に間違いなく反応するだろう。

【表】日本ハム ポジション別年齢分布

文●出野哲也

【著者プロフィール】
いでの・てつや。1970年生まれ。『スラッガー』で「ダークサイドMLB――“裏歴史の主人公たち”」を連載中。NBA専門誌『ダンクシュート』にも寄稿。著書に『プロ野球 埋もれたMVPを発掘する本』『メジャー・リーグ球団史』(いずれも言視舎)。

関連記事(外部サイト)