「人間の限界の可能性を再定義した」大谷翔平の偉業づくめの1年を米メディアが絶賛!「MVP、さらにはサイヤング賞も」

「人間の限界の可能性を再定義した」大谷翔平の偉業づくめの1年を米メディアが絶賛!「MVP、さらにはサイヤング賞も」

大谷が過ごした1年は、全野球史のなかでも特別なものだ。(C)Getty Images

ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平の今シーズンの活躍は、いまだに多くの人々の記憶に鮮明に残っている。ポストシーズンが始まってもなお、多くのベースボールファンは、アメリカン・リーグ最優秀選手の行方を占いながら「ショウヘイ・オオタニ」のプレーを振り返っていることだろう。

【動画】全46本塁打を一挙振り返り!歴史を築いた大谷翔平の本塁打をチェック

 もちろん、渡米して4シーズン目の今季、メジャーで初めて「Two-way player」としてフルシーズンを戦い抜いた大谷の、来季以降のプレーを想像している気の早いファンもいるはずだ。驚異的な活躍をみせた今季のような成績は、果たして今後も可能なのか、大谷への興味は尽きない。

 国際ニュースサイト『The Christian Science Monitor 』のデイビット・クラーク・スコット記者は「可能性の限界へ挑戦」というタイトルで、大谷の今シーズンの偉業を振り返り、この27歳の可能性についてのコラムを寄稿している。

「日本のショウヘイ・オオタニはべーブ・ルース以来となる、真の二刀流のプレイヤー。ルース同様、オオタニはスポーツの専門性という概念に挑戦し、人間の限界の可能性を再定義した」と綴り、米野球界の英雄の名前と共に、今季のパフォーマンスをそう表現している。
  その上で実際のプレーについてデータにも触れており、「オオタニが打った本塁打は46本、そのうち8月までに430フィート(約131m)以上の本塁打を15本も記録した」と打者としての長打力を讃えている。

 投手としても「マウンドでは5種類の球種を投げ分け、試合後半になる程、球速が早くなるのが特徴だ」とコメントした上で、米国野球解析サイト『Baseball Savant』からの内容を用い「オオタニの投げるスプリットは、打者に対する効果という点において最も高い質の球種」と投手としての能力の高さについても触れ、「ア・リーグMVP、さらにはサイヤング賞(最優秀投手)の候補にも挙がっている」と、さらなる栄誉への見通しも述べた。

 記事の最後にはロサンゼルス・ドジャースのマックス・シャーザーの「オオタニはまだ投手として発展途上である」とのコメントを引用し、続けて大谷自身の「僕はまだポテンシャルを発揮していない」という言葉が紹介され、締め括られている。

 大谷の今季の活躍を振り返る程、まだ見ぬ大谷の進化した姿を、期待とともに思い浮かべてしまう。幸運にもそのプレーを目の当たりにできる我々は、やはり幸運だったと言えるかもしれない。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】世界が驚嘆する偉才・大谷翔平のキャリアを厳選ショットで一挙公開!花巻東、日ハム、エンジェルスでの活躍を振り返る

関連記事(外部サイト)