「残念だが想像できない」大谷翔平の本塁打王の可能性にMLBが言及「不可能と言うのは賢明ではないが」【Playback“ショウタイム”/本塁打第8号】

「残念だが想像できない」大谷翔平の本塁打王の可能性にMLBが言及「不可能と言うのは賢明ではないが」【Playback“ショウタイム”/本塁打第8号】

怒涛の快進撃を披露していた大谷。この時期の彼はまさに敵なしのパフォーマンスを披露していた。(C)Getty Images

2021年のMLBにおいて二刀流で快進撃を続け、文字通り歴史を作った大谷翔平。そんな偉才が放った46本塁打を『THE DIGEST』のヒット記事で振り返る。

 今回は、今季第8号を放っていたシーズン序盤戦の周囲の反応をピックアップ。本塁打を連発していたこの時期、大谷が本塁打王争いに参戦し続ける可能性に懐疑的な目線を向ける現地メディアも少なくなかった。

記事初掲載:2021年5月3日

【動画】大谷翔平、特大第8号アーチ! マリナーズ戦で打った瞬間の一発をチェック

―――◆―――◆―――

 メジャーリーグは開幕から1か月が経過した5月1日(現地時間)、MLBの公式サイトは、ここまで好成績を残す選手やチームが、シーズン終了までそれを維持できるかという「気になる7つの疑問」をテーマに特集記事を掲載。そのなかで、大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)の本塁打王の可能性に言及している。

 まず、「リーグ最多タイの本塁打を放っている」と、ここまでの大谷の活躍を振り返った同サイトは、1打席あたりのバレルがメジャー1位であること、自己最長の451フィート(約137メートル)の本塁打を打ったことを紹介し、「この活躍は”まぐれ”ではない」と、驚異的な長打力を絶賛した。
 そのうえで、「このまま本塁打王になりうるか」という議論にも言及。「彼は100マイルを超える速球を投げることができる」と投手時に見せる圧倒的なポテンシャルに触れ、本塁打王も「不可能だと言うことは賢明ではない」と能力的には達成可能だとした。

 一方で、「残念なことに、彼がそれを成し遂げることは想像できない」と、起用法の観点から、実現可能性の低さを指摘。その理由として「マウンドでフレッシュな状態でいるためには、あまりに多くの打席を失うことになる」と、二刀流による打撃機会の減少を挙げた。

 現地時間4月30日のマリナーズ戦で第8号を放ち、好調を維持している。昨年の本数を早くも超え、本塁打の量産態勢を維持している「打者・大谷」から、ますます目が離せない。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】世界が驚嘆する偉才・大谷翔平のキャリアを厳選ショットで一挙公開!花巻東、日ハム、エンジェルスでの活躍を振り返る

関連記事(外部サイト)