【ドラフト1巡目まとめ】“高校BIG3”の小園健太はDeNA、風間球打はソフトバンク、森木大智は阪神へ!

【ドラフト1巡目まとめ】“高校BIG3”の小園健太はDeNA、風間球打はソフトバンク、森木大智は阪神へ!

小園(左)や風間(中央)、森木(右)など将来有望な逸材がひしめく今回のドラフト。その1巡目指名を振り返る。写真:塚本凛平(THE DIGEST写真部)、産経新聞社

10月11日、プロ野球ドラフト会議が東京都内のホテルにて開催され、その1巡目指名が終了した。はたして12球団はどの選手を獲得したのか。1位で指名された選手たちを振り返る。

【動画】伸びのある速球! 風間球打、“自慢のストレート”がこれだ

 まず、DeNA、阪神の2球団が1位入札した高校球界ナンバーワン右腕として注目を集める小園健太(市和歌山高)は、クジ引きの結果、DeNAが交渉権を獲得。安定したコントロールと変化球で、今ドラフトにおいても総合力で一歩リードした存在であり、早ければ2年目からでも一軍ローテ入りも期待できる。

 小園と並んで“高校ビッグ3”の一角に入る風間球打(ノースアジア大明桜高)はソフトバンクが一本釣り。森木大智(高知高)は阪神が外れ1位で指名した。前者は3年夏に157キロを計時するなど、今ドラフトで“最高”のストレートを投げる本格派右腕、後者も中学時代から150キロを叩き出すなど、剛球右腕として話題を集めた逸材だ。
  そのほか、4球団競合となった隅田知一郎(西日本工業大)は西武が獲得。最速150キロのストレートに加え、多彩な変化球すべてを決め球にする大学最強左腕。まだ伸びしろも十分あり、特に四球の多さが改善されればさらなる向上も望めそうだ。

 12球団の1位指名は以下のとおり。

巨人:翁田大勢(関西国際大)
ソフトバンク:風間球打(ノースアジア大明桜高)
中日:ブライト健太(上武大)
ロッテ:松川虎生(市和歌山高)
阪神:森木大智(高知高)
西武:隅田知一郎(西日本工業大)
DeNA:小園健太(市和歌山高)
楽天:吉野創士(昌平高)
広島:黒原拓未(関西学院大)
日本ハム:達孝太(天理高)
ヤクルト:山下輝(法政大)
オリックス:椋木蓮(東北福祉大)

構成●THE DIGEST編集部

関連記事(外部サイト)