「あかん阪神来年優勝してまう」“高校ビッグ3”森木大智のドラ1指名に阪神ファン歓喜!「球児2世になって欲しい」

「あかん阪神来年優勝してまう」“高校ビッグ3”森木大智のドラ1指名に阪神ファン歓喜!「球児2世になって欲しい」

中学時代から150キロを投げていた森木が阪神に指名された。写真:産経新聞社

“高校ビッグ3”の一角、森木大智(高知高)は阪神がドラフト1位で指名権を獲得した。

 今ドラフトの最注目は、森木、小園健太(市和歌山高)、風間球打(ノースアジア大明桜高)の3人の高校生だった。まず阪神は、小園健太(市和歌山高)を指名するも、DeNAとのくじ引きの結果外れ。その後、矢野燿大監督は森木を指名した。外れ1位ながら、実力は高校生トップクラスで、中学時代から150キロを叩き出すなど、剛球右腕だ。
  そんな逸材投手の加入にファンはSNSで大喜びを見せている。「あかん阪神来年優勝してまう」「アツいねえ」「とりあえず矢野ガッツや!」「実質一本釣りよこれは!」「未知の可能性の投手」「大投手になる予感しかしない」「高知県だけに球児2世になって欲しい」「未来が明るい」「一応“外れ1位”となるわけだかいい結果」と、期待する声が殺到している。

 元阪神OB藤川球児氏の同郷の18歳。今夏は高知大会決勝で明徳義塾に敗退と高校3年間で甲子園の夢は叶わなかったが、憧れの存在が所属した球団で、さらなる飛躍に期待だ。

構成●THE DIGEST編集部

【毎日更新!夏の甲子園PHOTO】2年ぶりに開催された夏の甲子園のベストショットを一挙公開!

関連記事(外部サイト)