有識者ARAのドラフト通信簿:日本ハムとロッテは高評価! 課題を残した巨人と中日には不安が<SLUGGER>

有識者ARAのドラフト通信簿:日本ハムとロッテは高評価! 課題を残した巨人と中日には不安が<SLUGGER>

今年のドラフトは「投手が豊作」と言われただけに、投手と野手の指名のバランスも重要となったなかで、各球団への評価は――。写真:塚本凛平(THE DIGEST写真部、田中研治)

今年のドラフトは投手の人材が豊富と言われ、逆に希少性の高まった野手が2巡目までに10人も指名された。そのため、今回は「野手を早々に確保したうえで、チームの補強ポイントを満たす投手を確保できたか」をポイントとして評価した。順に見ていこう。

●日本ハム
評価:A


 投手は見事一本釣りに成功した達孝太(天理高)に加え、畔柳亨丞(中京大中京高)、松浦慶斗(大阪桐蔭高)と、高いポテンシャルを持つ将来のエース候補を複数確保。長谷川威展(金沢学院大)や北山亘基(京都産業大)といった特徴のあるリリーフタイプもきちんと押さえるなど、抜け目ない選択を評価したい。

 野手は、喫緊の課題であった二遊間に攻撃型の水野達稀(JR四国)、守備型の上川畑大悟(NTT東日本)と対をなす二人で厚みを持たせたうえで、将来の主軸候補として右の有薗直輝(千葉学芸高)、左の阪口樂(岐阜第一高)と上位クラスの選手を指名。昨年に続いてバランスの良い指名に成功した。

●ロッテ
評価:A


 右打者の有望株が少ないと指摘されて久しい球団だが、攻守ともにトップクラスの捕手である松川虎生(市立和歌山高)の一本釣りに成功。長打力に加えて身体能力にも優れる池田来翔(国士館大)も魅力的だ。

 さらに投手では、即戦力度No.1との呼び声高い廣畑敦也(三菱自動車倉敷オーシャンズ)、速球派の八木彬(三菱重工West)を指名。どちらも三振奪取能力に優れた投手で、1年目からリリーフとして計算できるだろう。また、将来のエース候補として秋山正雲(二松学舎大付高)を確保するなど、バランスの良い指名ができた。
 ●西武
評価:A−


 4球団競合の末、当たりクジを引き当てた隅田知一郎(西日本工業大)と、2位で指名した佐藤隼輔(筑波大)は、左腕としては破格の球速とコントロールを備えている。先発としてははもちろん、リリーフでも活躍が見込めるだろう。

 また、スケールの大きい羽田慎之介(八王子学園八王子高)や黒田将矢(八戸工業大第一高)も指名して、きちんと将来にも布石を打った。野手は守備に定評のある古賀悠斗(中央大)を指名して森友哉のFAに備える構えだ。打撃の確実性に課題が残るのが懸念材料だが、野手育成に定評のある球団の手腕に注目したい。

●楽天
評価:B+


 昨年の投手重視と対をなす、野手重視のドラフトとなった。層の薄い野手の有望株に吉野創士(昌平高)、安田悠馬(愛知大)、前田銀治(三島南高)と長打力と強肩を兼ね備えた選手たちを指名。打撃だけでなく守備でも貢献可能な起用に幅のある選手選択を評価したい。

 投手は将来性豊かな泰勝利(神村学園高)に、多彩な変化球を武器にする実戦的な西垣雅矢(早稲田大)、素材型の松井友飛(金沢学院大)と吉川雄大(JFE西日本)を指名。ただ、昨年指名した投手たちは、1位の早川隆久を除いて一軍に定着していないだけに、早川と同じ早稲田大出身の西垣の活躍には、とくに期待したい。

●阪神
評価:B+


 欠点の少ないバランスの良い指名に成功したと言えるだろう。抽選で小園を外したものの、同じ高校生ビッグ3の森木大智(高知高)を確保。鈴木勇斗(創価大)、桐敷拓馬(新潟医療福祉大)、岡留英貴(亜細亜大)はいずれも、先発でもリリーフでも起用が可能な汎用性の高さを有する。将来のエース候補に加え、来年以降も優勝争いするための盤石な陣容を築き上げた。

 また、将来のレギュラー候補として強打者の前川右京(智弁学園高)、守備に定評のある捕手の中川勇斗(京都国際高)と特長ある選手も確保。長打を売りとする豊田寛(日立製作所)とともに、若手の競争に刺激を与えたい。
 ●オリックス
評価:B+


 現在の弱点を補うことに注力したドラフトとなった。椋木蓮(東北福祉大)、小木田敦也(TDK)はいずれも奪三振能力に優れ、先発、リリーフどちらでも結果を残せる。横山楓(セサミー)とともに、パワータイプの即戦力投手を揃え、来年も優勝争いを重視する姿勢が伺える。

 野手は野口智哉(関西大)、福永奨(国学院大)、渡部遼人(慶応大)と、内野手、捕手、外野手のそれぞれで大学球界トップクラスの選手を指名。池田陵真(大阪桐蔭高)を除き大学・社会人の選手ばかりを指名した点は、素材型の指名が続いていたオリックスが来年以降も優勝争いに加わるための方針転換をしたと感じさせる。

●DeNA
評価:B


 小園健太(市立和歌山高)を抽選で引き当て、深沢鳳介(専大松戸高)とともに将来のエース候補を指名した点は評価できる。ただし、2位で指名した徳山壮磨(早稲田大)は安定感に欠け、4位の三浦銀二(法政大)は球速の面で課題を残す。防御率リーグ最下位の弱点を補うというよりは、将来を見据えた指名と言えるだろう。

 野手は粟飯原龍之介(東京学館高)に梶原昂希(神奈川大)とスケールの大きい選手を選択したが、どちらもセンターラインをこなせるだけの守備力はない。現有戦力といかに使い分けるかがカギとなるだろう。

●ソフトバンク
評価:B


 公言通りの入札で一本釣りとなった風間球打(ノースアジア大明桜高)に加え、木村大成(北海高)と左右のエース候補を確保。隠し玉的な指名だった大竹風雅(東北福祉大)と合わせて、投手育成に定評のある球団の手腕に注目だ。

 野手は、右打者トップクラスの強打打者・正木智也(慶応義塾大)を指名。外野と一塁が守れることもあり、起用法に幅をもたらすだろう。また、野村勇(NTT西日本)の4位指名には驚かされた。近年は指名がなかった大学や社会人の即戦力選手を大量に指名したのは、内野の層の薄さへの危機感の現われか。例年通りの素材型重視の方針に固執しなかった姿勢も評価したい。
 ●広島
評価:B−
 

 防御率リーグ5位に低迷する投手陣を改善すべく、隅田と山下の抽選を外した後もやはり即戦力左腕の黒原拓未(関西学院大)を指名。社会人から森翔平(三菱重工West)と松本竜也(Honda鈴鹿)も確保した。いずれも球種が豊富で、早期の一軍での活躍が見込める。

 ただし、数年来の課題である右の主軸候補として、中村健人(トヨタ自動車)と末包昇大(大阪ガス)といずれも即戦力系の選手を指名したことがどう影響するか。さらに4位の田村俊介(愛工大名電高)は争いの激しい左打者、7位の高木翔斗(県岐阜商高)も守備に課題があり、コンバートの検討も含めて時間が必要になる。既存の戦力にきちんと刺激を与えられるかにも注目したい。

●ヤクルト
評価:C+


 1位で確保した山下輝(法政大)はリリーフで即戦力として使えるだろう。小森航大郎(宇部工高)と竹山日向(享栄高)は、二軍の若手に刺激を与える存在として申し分ない。ただ、最速156キロの即戦力として期待される柴田大地(日本通運)は、大学以降は登板機会が少なく、体力面に不安が残る。

 チームの課題であった外野は、俊足と守備に定評のある丸山和郁(明治大)を指名したが、この秋は足の怪我を押して出場を続けるなど不安が残る。指名全体のバランスは良いが、即戦力性には疑問を残した。
 ●巨人
評価:C


 投手が豊作と言われていた今年は高校・大学・社会人を問わず、有望な投手を指名するのが王道だった。その意味で石田隼都(東海大相模高)、代木大和(明徳義塾高)、花田侑樹(広島新庄高)の選択は素晴らしく、将来のローテーション候補を揃えたと言える。

 ただ、翁田大勢(関西国際大)と山田龍聖(JR東日本)はまだまだ粗い、素材型であり、即戦力と言えるのはバランス型の赤星優志(日本大)のみ。全員が順調に育てば投手王国も見えてくるが、そのためには各投手の現状を正しく見極めた柔軟な育成プランが必須だ。
 ●中日
評価:C−


 課題の長打力不足を補うという明確なメッセージを打ち出したドラフト。ただ、その選手選択に偏りが見られる。ブライト健太(上武大)、鵜飼航丞(駒沢大)、福元悠真(大阪商業大)は、いずれも捉えた際の飛距離は魅力的なものの、確実性に課題を残す。また、喫緊の課題であるライトを守れる選手もいない。

 一軍で起用する場合には、外国人選手や既存戦力との使い分けが必須となる。さらに、投手が豊作と言われていたにもかかわらず、確保したのは石森大誠(火の国サラマンダーズ)のみと、将来に向けやや心許ない指名となった。

文●ARA

【著者プロフィール】 
Twitterでドラフトイベント「VD4B」「ヨソドラ」を主催。雑誌/野球太郎のモックドラフト立案者。主に打撃を得意分野とし、中学生を中心とした野球指導にも携わる。ツイッターIDは@arai_san_28。
 

関連記事(外部サイト)