田中将大に米球界から再び熱視線!復帰するならどの球団?大谷のエンジェルスも候補に

田中将大に米球界から再び熱視線!復帰するならどの球団?大谷のエンジェルスも候補に

勝ち星には恵まれなかった田中だが、ピッチングの内容は安定していた。写真:金子拓弥(THE DIGEST写真部)

メジャーリーグ復帰の話題がちらほらと出始めている楽天イーグルスの田中将大。今春、ニューヨーク・ヤンキースから8年ぶりに古巣の楽天に電撃復帰を果たし、レギュラーシーズンは4勝9敗、155.2イニング、126奪三振、防御率3.01の成績を残した。

 3月に故障した右ヒラメ筋の故障の回復が思うようにいかなかった影響もあり、8年前に24勝を挙げ、楽天の日本一に貢献し、優勝請負人として呼ばれていたシーズンと比べると本領を発揮したとは言い難い。

 しかしながら、メジャーリーグの各球団は今季の田中の成績を高く評価している。防御率に加え、1イニングに打者を何人出塁させたかを表す指標『WHIP』は1.03。これは12年ぶりの投手4冠を達成したオリックス・バッファローズの山本由伸に次ぐリーグ2位の好成績だった。

 この成績を受けて、海外メディアでは彼の復帰の可能性について言及した特集も組まれている。ベネズエラメディア『EL Fildio』ではタナカはメジャーリーグに復帰する可能性が高いと言及している。同メディアのレンソ・ゴメス記者は「彼はまだ32歳で、リーグのことをよく知っているし、ヤンキースよりもプレッシャーの少ないチームでプレーすれば、良いパフォーマンスを発揮して再度オールスター選手になれるかもしれない。ロサンゼルス・エンジェルス、テキサス・レンジャーズ、フィラデルフィア・フィリーズ、サンフランシスコ・ジャイアンツなどのチームが、彼に興味を持つことは間違いないだろう」と述べている。
  一方、ヤンキース番のブライアン・ホッホ記者はMLB公式サイト『MLB.com』でファンからの「ヤンキースはタナカを呼び戻すことを考えていますか?」という質問に対し、可能性はあると述べた。そして「もし、タナカがメジャーに復帰するのであれば、最初に話をするのはヤンキースであるべきだろう」と語った。

 田中は2014年に7年1億5500万ドルの大型契約で移籍し、ヤンキースでの7シーズンで、通算174登板、78勝46敗、防御率3.74、991奪三振の成績を残した。さらに、オールスターに2回出場し、ポストシーズンでの目を見張る活躍にヤンキースファンが心を奪われたことも記憶に新しい。

 米球界から熱い視線を注がれている田中。来年は再びメジャーリーグが戦場となるのか。今後の動向に注目していきたい。

構成●THE DIGEST編集部

関連記事(外部サイト)