発表まで残り1日! ア・リーグMVP“最有力”の大谷翔平を米専門局はどう見てる?「唯一の問題となるのは満場一致かどうか」

発表まで残り1日! ア・リーグMVP“最有力”の大谷翔平を米専門局はどう見てる?「唯一の問題となるのは満場一致かどうか」

投打二刀流で球界にフィーバーを巻き起こした大谷。ア・リーグMVPの圧倒的優位は揺るがない。(C)Getty Images

待ちに待った審判まで残り1日を切った。

【動画】全46本塁打を一挙振り返り!MVP当確と言われる大谷の活躍をプレーバック

 現地時間11月18日、全米野球記者協会の投票による両リーグのMVPがいよいよ発表される。日米のファンから、とりわけ注目を集めるのが、アメリカン・リーグの最有力と目されている大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)だ。

 今季に投打で異彩を放った大谷は、打率.257、出塁率.372、OPS.965、46本塁打、投げても130回1/3で9勝(2敗)、防御率3.18、156奪三振というハイアベレージを記録。2001年のイチロー(当時シアトル・マリナーズ)以来、日本選手として20年ぶりの悲願に期待がかかっている。

 刻一刻とその時が迫るなか、米スポーツ専門局『ESPN』は、同タイトルの結果を専門家13名で大予想。大谷はア・リーグMVPに満票で選出され、「唯一の問題となるのは、マイク・トラウトが2014年に受賞して以来、初の満場一致でア・リーグMVPとなるかどうかだ」と言及された。
  文字通りの歴史的な二刀流シーズンについて『ESPN』は「100年以上前のベーブ・ルース以来、長い間見られなかった」と絶賛。前述の今季スタッツなどを振り返りながら、その存在を「リーグ最高の打者、最高の投手でもあり、それは決して誇張ではない」と主張した。

 最終候補に残っているのは、大谷のほか、ブラディミール・ゲレーロJr.、マーカス・セミエン(ともにトロント・ブルージェイズ)の2人。だが、同メディアは「通常のシーズンだったら、三冠王を目指したゲレーロJr.が有力となっていただろう」と指摘している。

 満票選出となれば、日本人初の快挙だが、はたしてどうなるか――。ジャッジの時が迫っている。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】世界が驚嘆する偉才・大谷翔平のキャリアを厳選ショットで一挙公開!花巻東、日ハム、エンジェルスでの活躍を振り返る

【PHOTO】“歴史的なシーズン”をホームランで締め括る!二刀流で大躍進を遂げた大谷翔平の2021年を厳選!

関連記事(外部サイト)