入札額の高騰に嘆き! ロイヤルズ専門メディアが鈴木誠也獲得からの離脱を予測「日本で実績を残した名手。才能はメジャー級だけに」

入札額の高騰に嘆き! ロイヤルズ専門メディアが鈴木誠也獲得からの離脱を予測「日本で実績を残した名手。才能はメジャー級だけに」

走攻守で違いを生み出している鈴木。その動向は連日のように現地メディアでも伝えられ、関心を示す球団も数多にある。(C)Getty Images

日本球界で異彩を放ってきたサムライの獲得レースが熾烈を極めている。広島カープの鈴木誠也だ。
【動画】MLBスカウトをも唸らせる一撃! 鈴木誠也が放った特大アーチをチェック

 多士済々の今オフのフリーエージェント(FA)市場にあっても、引く手数多の存在だ。今月21日にMLB全30球団とのポスティング交渉が解禁されてからは、現地メディアでも連日のように「セイヤ・スズキ」の名が伝えられ、期待は膨らむ一方である。

 野球の本場でも垂涎の的となっているサムライは、入札額の高騰が予想されてもいる。一部メディアは「最低でも4年6000万円(約69億円)がいる」(米放送局『NBC』)と報道しており、MLB挑戦1年目としては決して安くはない値がついているのだ。

 となれば、獲得できる球団も限られてくる。そのなかで「我々は人気銘柄となっているスズキの獲得から降りるべき」と訴えたのは、カンザスシティ・ロイヤルズの専門メディア『Kings of Kauffman』だ。

 ロイヤルズのチーム事情に精通する同メディアは、今オフの補強ポイントが外野手にあるとしたうえで、「スズキは我々の狙いと合致する外野手だが、“長い付き合いの敵”に阻まれそうだ。カネだ」と嘆いた。
 「スズキはメジャーでのプレー経験がない。しかし、彼は能力の高い選手たちがひしめく熟練した日本で確かな実績を残してきた名手であり、その才能はメジャー級だ。それだけにサインをするには、我々が手にできないような多額の費用が必要になる」

 さらに「広島や本人に対するボーナスを含めれば、チームを苦しめるほどに高価になる」と予想した同メディアは、「いまのロイヤルズが球団最高額のメガディールを締結することを期待すべきではない。それだけの余裕はなく、別のプランを計画する方が理にかなっている」と説いた。

 これまでも、マイナーのプロスペクト選手の育成を重視し、身の丈に合った補強を続けてきたロイヤルズ。日本のメディアでも予想されている鈴木獲得に動き出す可能性は小さそうだ。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】大谷翔平、イチロー、松井秀喜、ダルビッシュ…MLBで活躍した歴代日本人選手を一挙振り返り!

【PHOTO】いざ、メジャー挑戦へ! 「広島の至宝」鈴木誠也のベストショットを一挙公開!

関連記事(外部サイト)